サムネイル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


サムネイル(thumb nail)とは、親指のことである。インターネットにおける画像表示の一つとしてあげられることもあるが、それは画像を表示させるのにの親指の爪を使うことがあるからである(後述)。


右の親指の爪は、wikipediauncyclopediaでもよく使われており、一般記事の九割以上がそれに当てはまる。その理由として、左利きの人より右利きの人が多いためで、画像でサムネイルを使う際「右手の親指の爪を利用する」と宣言しなくても、「親指」と記入するだけで右手のサムネイルを用いた画像表示ができる。


右と違って、左の親指の爪はあまり使われない。だからと言って、このページのように例外的に使用されることもあり、不要であるということは決してない。もし左の親指の爪を使って画像を貼り付けたい場合は、「左」であることをあらかじめ言っておかなくてはならないので、注意が必要である。


サムネイルを使用するとき、「真ん中の親指の爪」を用いようとしてはならない。何故なら一般の人間には左右しか親指を持たないからである。もし真ん中のサムネイルを使用した画像をあなたが発見したならば、きっとその画像を貼り付けた人は第三の親指があるのだろう(もっとも、それを貼ったのが人間ではないのかもしれないが)。


サムネイルで画像表示すると、自身の親指の爪が削り取られる。ただし、それはごく微小で、爪の生長スピードの方がそれよりずっと大きい。
また、左右の親指の爪を使い分けることで画像の配置を右寄りにしたり、左寄りにしたりすることができる。さらに爪の効能により、画像の補足説明をすることも可能である。ただ、その補足説明が長すぎるとかえって読みにくくなるので、ほどほどにすることが大切である。
親指の爪ではリンゴなども引っ掻くことができる。ただ窓を引っ掻きすぎるとアルミサッシに削られた爪が溜まり、リンゴの場合は家に膨大な量のnintendo DSが送りつけられることがあるので、少なくともこれらを公に陳列する際は、気持ち悪いので掃除したり処分する必要がある。
気をつけなければならないことは、左右の爪を同時に使ってはいけないことである。さもないとバグを起こし、爪に何らかの異変が生じてしまう