サモンナイト3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サモンナイト3」の項目を執筆しています。

サモンナイト3は2003年8月7日にバンプレストより発売された、プレイステーション2エロゲS-RPGサモンナイトシリーズの本編では3作目、シリーズ全体では4作目である。


概要[編集]

釘宮病の発生者数はシリーズ史上最大を記録する。ヒロインは若くて巨乳でミニスカで挙句のはてに絶対領域まであるなどエロゲまがいと称された一作。

あらすじ[編集]

主人公は元帝国軍の今家庭教師。ある日生徒となるガキジャリ(以下の4名)と共に定期船に乗っていると海賊を名乗るテロリストまがいに襲われる。その後海にへと転落するがものすごい剣「シャルトス」の言うとおりにし、何とか生きながらえる。主人公達は忘れられた島(別名DASH島)に何の因縁か漂流、色々あった後に漂流者生活をエンジョイする。

システム[編集]

タイトルだけではわかりにくいがシリーズ初のプレイステーション2用ソフトであり、これまでの作品と比べてインターフェース的に様々な改良が加えられている。12でも大違いだけどね。

戦闘画面ではズームや回転ができるようになり、キャラクターの表示も大きめになっていて非常に目に優しい(2は戦闘画面で目が疲れるんだよ……)。さらに容量の増加により名物である「ゲームをするときは」の音声の数が大幅に増えており、さらに目に優しい。

また、容量の増加は戦闘中用の音声収録も可能にした(これで釘宮病患者の数がますます増えたんだろうなぁ)。しかし主人公に声がついていないことを際だたせ、戦闘の盛り上がりに水を差すという副作用も生じることになる。

本作独自のコマンド[編集]

抜剣覚醒(ばっけんかくせい)

主人公のみが使用。使うとスーパーサイヤ人状態になり雑魚敵くらいなら一掃できる。ただし、使いすぎると体に悪いので注意。

授業会話

アドベンチャーパートで行われる、主人公と生徒の授業。これによって生徒と良い関係を結ぶがエロゲではないのでみんなが楽しみにしているあの展開にはならない。

他にも役に立つ機能がたくさんついている。

登場人物とモンスター[編集]

主人公[編集]

元は軍人で今は家庭教師をやっている。とんでもない剣「シャルトス」を手にし、その力をフル活用したりしなかったり(するもしないもあなた次第)して物語を進める人。男女一人ずついる。

シリーズ屈指の年齢の高さである。

レックス
抜剣覚醒をして姿が変わったレックス
男性主人公。赤い髪のとても優しい男性。名前は言うまでも無く写真の軽自動車をパクったものである。
車だけあって直接攻撃力と物理防御力は恐ろしく高い。なお、あのマフラーは飾りであり、寒さ対策ではない。ちなみに複数のベルトで股間を隠してるのでティンコガードの称号を持つとか持たないとか。
アティ
女性主人公。ですます調で話している。上に書いたとおり、少しばかり大きなお友達サモンナイトに引き付けなくてはいけないのでシリーズの女性主人公のなかでも屈指のバストサイズにしてある。また、ミニスカにハイソックスで絶対領域を作ったのも同じ理由。
かなりの天然である。これは言うまでも無くテイルズオブシンフォニアのコレットブルーネルに対抗するためである。
サモンナイトシリーズめがねっ娘の中でも屈指の可愛さである。しかし、サモンナイトシリーズの女性主人公の中で最も体脂肪率が高いという欠点も兼ね備えているが、これは恐らく胸部の対空ミサイルによる影響であり、むしろおっきい!と褒め称えるべき存在である。失言するとすぐ覚醒してアッー!されます。

生徒[編集]

どこぞの金持ち・マルティーニ家のガキ共。第1話の選択肢によって勝手に決定される。本作品では共に戦ってくれる黄色い電気ねずみ生徒という位置づけである。

ナップ 
簡単に言うと短パン少年。やんちゃで生意気である。女性主人公でプレイしていた場合、初対面であるにも関わらず街中でいきなり押し倒されてしまうので注意が必要である。アールとかいう召喚獣と出会い、剣などによる攻撃を得意とする。装甲は大したことないので前線に立たせると危険。
ベルフラウ 
少し常識を知らない女の子。金髪はディホだが、眼の色はイラストによって青だったりする時もあったり。高飛車で怒らせると怖そうであるがツンデレの気があり、主人公にキスしたりやりたい放題である。年中クリスマスな格好をしている。オニビと出会い弓による遠距離奇襲を取得。育て方次第では(届出なしで)銃も使う。
時雨沢恵一からのオファーが来て氏のラノベにも登場。作中で別の男に乗り換える。
アリーゼ
可憐で内気な少女。心を許すとよく喋る、というレベルでないほどの毒舌が見られることもある。根はおしゃべり好きというより説教好き。某マヨネーズ会社とグルを組み回復技をメインに奇襲する。育て方によっては剣を使うようになり、テメェの顔も見飽きたぜ!と魔物を斬り殺す。でも装甲は紙。
ウィル
憎まれ口をたたくのは仕様である。何でもそれなりに出来る器用貧乏。使い得ない子ナンバーワンだが、愛があればギリギリフォローできる。小動物のような可愛い相手にはとてもデレデレする。ねこ科のモンスターであるテコと出会い、犬派撲滅を誓う。パナシェが嫌い。横切りを使った反撃されない奇襲を得意とする。

さて、実はこの中に釘宮病の感染源がいる。あなたには誰だかわかるだろうか?下の画像も参考にして予想して欲しい。

正解は………

アリーゼでした。ツインテールが決め手だろうか。

ちなみに他のキャラの中の人は、

である。 ここで「デコツンデレなのにベルフラウじゃないのかよ!」と思ったあなたは アイドルマスターのやりすぎである。

友達モンスター[編集]

「忘れられた島」で生徒に拾われ、しもべになったモンスター。選んだ生徒によって勝手気ままに決定される。生徒専用の即戦力、便利な召喚術として使える。

アール 
機界ロレイラルの召喚獣。浜で捨てられていたところをナップに拾われ、しもべになる。声優がソノラと一緒だがそれは人件費の削減が目的であるから。
名前の由来は、近くに捨ててあったスカイラインに「R」と書かれていたからである。
いずれ召喚すると巨大なロボットが飛来、合体する。その際は頭部パーツとなり、バンプレストの本領を発揮する。スーパーロボット大戦にきっと登場。
オニビ 
鬼妖界シルターンの召喚獣。浜で焦げかけていたところをベルフラウに復活させられ、便利な懐中電灯になる。成長すると何故かおたまじゃくしから子猫のようなライオンに。なんだそれは。
キユピー
某マヨネーズ会社霊界サプレスの召喚獣。あのビニール製の天使の子。マヨラーの味方。浜で腐りかけていたところをアリーゼに拾われ、コレクションになる。友達モンスターの中では唯一のメスなんだそうだ。
テコ 
幻獣界メイトルパの召喚獣。二本足で歩く。浜で死に掛けていたところをウィルが救出。奇襲などの仕方はアールと変わらない。眼鏡が本体で割れると死ぬ。

カイル海賊一味[編集]

主人公達が乗っていた定期船を襲撃した、カイル海賊団のメンバー。パーティー力を高めるために、やむなく主人公と生徒は仲間にする。

カイル 
船の運転は出来る。野性的で江戸っ子きどりだが、猛獣のような瞳のため怖い。ケンカが強くて、打たれ弱い敵をボッコボコに出来る。妹萌え。なおアティでこの人の夜会話を進めていくとアティにアマガミして貰える羨ましい漢。
ソノラ 
スナイパーでカイルの義理の妹。乗っていた船が嵐で沈没し、死に掛けてていたところを「フィ〜ッシュ!!」と豪快に釣られたという過去を持つ。
力は弱いが、西部警察などで銃の扱いを学び、今や銃だけではなく消火器の扱いに長け、大門と呼ばれるに相応しいまでに腕を上げた。ただ、そのドラマの影響で爆破を好む癖が出来てしまっている。
スカーレル 
紫のパイナップル。又の名を六道骸という。新宿二丁目にも現れるオカマもどぎ。ブラジャーなどの一部の女性用防具を装備できる。
人をからかうような言動が目立つが、実際は落ちこぼれのお笑い芸人であり、エスパー。人の心理を読み妄想する癖がある。
ヤード 
一家の召喚担当。ミスター地味。OPアニメでアズリアと向かい合ってたが、あの間合いなら間違いなく殺される。スカーレルとは同じ村で出会ったオカマもどぎのなり損ね。
無職の派閥に所属していた元テロリストであったが、ヤル気の欠如で派閥を抜け、現在はカイル真理教に身を寄せている。
無類のお茶好きで、そのこだわりようはローゼンメイデン真紅そのもの。書道も出来、ミスミに手ほどきをしていた。少々スパルタ。
派閥を脱走する際、派閥の宝である二本の剣をドロボー。召喚術を少々使って逃げた。そのせいで、被害を広めた迷惑人。

パーティーのバリエーションたち[編集]

「DASH島」にある4つの集落の代表的なバリエーションたち。妙なのが揃っている。

アルディラ 
機界集落の人。サイボーグもどぎであるベイガーの女性。得意技は眼からビーム。メガネと絶対領域。そしてクールな性格で、かなりエロい。また、未亡人である。また、メガネをキャストオフした際の威力は全召喚術中最強。
キュウマ 
鬼妖界集落の忍者の男。郷のボスでもある鬼・ミスミに仕えている鬼。元々はミスミの夫リクトの愛人であり、彼が亡くなった後はミスミ、スバルに取り入っている。
ファルゼン
霊界集落の動く。中にはファリエルという女の子の化け物が入っている。霊のくせに魔法攻撃にとても弱い。すごく弱い。
ヤッファ 
幻獣界集落「奪取村」の人。ニート。働いたら負けかなと思ってる

島のガラクタと人に似たものたち[編集]

もともとは引きこもりのように他集落には来なかった、主人公たちが島にやって来てからは、他集落を訪れるようになる。

機界集落[編集]

クノン
護人・アルディラのメイド。外見はメイドそのものだが、実はナースのお仕事が出来る。アルディラの雑用の代行やメンテナンスを目的に召喚された。またある程度の戦闘能力もあるため、槍で後ろからアーッ!したり、座薬を相手に打ち込むなど、医療的な攻撃も出来る。
ヴァルゼルド
スクラップ場に不法投棄されていた機械。誰も回収に来なかった。銃は標準装備。オプションで銃弾も付く。
その正体はTeam R-TYPEによって試験的に作られた機械兵士である。内部には培養液に浸かった脳が生体パーツとして内蔵されている。

鬼妖界集落[編集]

ミスミ
郷のボスで鬼。夫との愛の結晶であるスバルを溺愛している。来なくていい客である主人公達に対して、さまざまな振る舞いをしたりした。息子と違って使える人。場合によっては主人公で攻略して結婚できる。エロゲーですね。
スバル
ミスミの一人息子でやんちゃな性格。のちのち生徒になる。仲間に出来なくもないがミニゲームを規定の話でクリアしないといけない。斧使いだが正直雑魚。
ゲンジ
ニッポンから召喚されてきたガンコ親父。既婚者。
ニッポンでは教師をしていたらしい。お茶を淹れる腕前は、お茶好きのヤードがうなるほど。

霊界集落[編集]

ファリエル
幽霊の類だけど、サモンナイトの雛苺と呼ばれるほどロリという印象しか残らない程、霊体のロリコンホイホイである。ファルゼンの中身。召喚士の派閥に入っていたが、召喚より剣で殴り殺すほうが好き。殺す感触を楽しめるから。
色仕掛けのためにスリットが深い・多いスカートを着用している。でも見えそうだが絶対見えない。むしろはいてない
フレイズ
護人・ファルゼンの保護者である。ファルゼンになんとなく忠誠を誓っており、自分よりはファルゼンの事を第一に考える。女性には優しいフェミニスト。
戦闘ではコイツが一番使えないという声が多数。
マネマネ師匠
他人に自由に姿を変えれる迷惑な幽霊。成仏し損ねたおいぼれ。アティの身体でアーン♥♥を楽しんでいる。

幻獣界集落[編集]

マルルゥ
妖精。主人公を先生さんと呼ぶなど名前を覚えるのが苦手。そのかわりTVチャンピオンのニックネーム付け選手権で余裕の優勝を果たしている。
OPでやたら思わせぶりな演出があるが、本編で特に何かあるわけじゃない。
パナシェ
犬の擬人化少年。俗に言うケモショタ。スバルやマルルゥの友達。気弱であるがそれは見せかけ。心は狼なのよ、気をつけなさい

その他[編集]

メイメイ
売店の姉さん兼占い師。前作からこりもせず引き続き登場。呑み倒れていたところ、主人公たちによって交番に送り込まれる。後に島内で雑貨店を開く。
イスラ
主人公たちと同じく、島にやって来た青年。あとあと連続放火事件を起こし、さまざまな犯罪を犯した挙句テロリストである無職の派閥に手を貸す。実はサイヤ人の血を引いている。

ジャキーニ海賊団[編集]

バカな海賊一味。いや、吉本のお笑い芸人かも。

ジャキーニ
ボス。一言で言うとバカ。直接攻撃の強さだけがとりえのバカ。大の魚嫌いで野菜を作るのがやたら上手いという明らかに陸生活向きなのに海賊やっているバカ。愛すべきバカ。
オウキーニ
凄腕の料理人でTVチャンピオンで連覇を果たした。暴走するジャキーニを一瞬にして止める事ができる唯一の存在。関西弁を話す。ラサール石井に外見がそっくりであり、本人との噂もある。

帝国軍[編集]

何だかんだいってよくバトルする奴ら。主人公の前の職場。

アズリア
帝国軍の隊長。主人公とは士官学校の同級生で、主人公に強烈な嫉妬心を抱いている。攻撃しようとすると先制攻撃とか言って攻撃するので結構痛い。イスラの姉。男主人公の場合は実は昔から好きだったと判明する。ツンデレ。あと前からみた顔はどことなく猿っぽい。
ギャレオ
露出狂で暑苦しいおっさん。勿論、本人はカッコイイと思っている。直接攻撃は強いが召喚術はそれほど強くは無い。装備品のお香ランプで体臭を誤魔化しているが、ギャレオのセンスの無さからお香ランプの放つ匂いも殺人的。
ビジュ
ヒドイ人。ヒトラーの生まれ変わりと言われている。顔のタトゥーは、自分をかっこよく見せるためというのと捕虜の時にできた傷を隠すためのものと両方ある。向きが変わるとタトゥーが右になったり左になったりする。きっとシールだ。

無職の派閥[編集]

テロリスト。ヤードの前の職場。

オルドレイク・セルボルト
無職の派閥の大幹部でチン・ギスハンという別名がある。召喚術を得意とする。抱いている野望はムダに大きく、自分以外の人間は道具ということにしている。『1』にも出るよ子沢山で禿げて。大物ぶって部下を自由にさせているが、実際に部下に裏切られると超狼狽する小物。そんなんだからいつまでたってもかませ犬

他にも一応いる。

関連商品[編集]

この頃がサモンナイト関連商品の最盛期であり、攻略本を始め4コマ漫画やアンソロジーコミックスは複数発売されている。しかし、ノベライズやドラマCDが無いことを考えると当時すでに衰退期が始まっていたことは明らかである。

関連項目[編集]

この項目「サモンナイト3」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)