サモンナイトX 〜Tears Crown〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サモンナイトX 〜Tears Crown〜」の項目を執筆しています。

サモンナイトX 〜Tears Crown〜』(サモンナイトX ティアーズ クラウン)は、バンダイナムコゲームスが発売した声優選定以外正統派のRPGである。声優選定はギャルゲー乙女ゲー

概要[編集]

シミュレーションRPGとして開発されてきたサモンナイトシリーズ初のRPG作品と言われているが、かつて発売されたクラフトソード物語3部作のジャンルもRPGを名乗っていた。しかし戦闘はテイルズシリーズみたいな戦闘方法であるクラフト3部作とは異なりドラゴンクエストでおなじみのコマンド選択式を採用。したがって、厳密には「サモンナイトシリーズ初のコマンド選択式RPG」である。まぁ、本編もある意味「コマンド選択式RPG」だが、そこは誰も気にしない

レベルさえ上げればそこそこゲームが進む、ダンジョン探索をすれば宝箱がある、などなど一昔前のRPGのお約束がそのまま使われている作品であるが、何故かキャラクターだけはツンデレヒロインの声優が釘宮理恵とか、現代のオタクが好むキャラクター作りが成されており、キャラゲーに呼ぶに相応しい出来ばえとなっている。

また、この作品はDSながらも「主要イベントフルボイス」を売りにしており、キャラクターがとにかくよく喋る。うるさいくらい喋る。おまけにディラン編とファラ編を両方クリアすると「ボイスエディタモード」現れるからいっぱい喋る。これにゴンゾ製作のOPアニメまで付いているのだから、ゲームそのものの出来も疑いたくなるのはゲームファンとしての性だが、心配するほど酷くはない。

システム[編集]

本作のシステムは語る必要も無いほど平凡極まりないシステムである。でも説明書はブックオフとかで売るとき、あった方が当然高く買い取ってくれるから一応とって置いた方がよい。

コマンド選択式戦闘[編集]

先ほど書いたように、ドラゴンクエストやポケットモンスターでおなじみの「たたかうまほう・アイテム・にげる」からキャラクターの行動を選ぶもの。実際には「隊列変更」とか、もう少し要素があるが、別にどうでもいいや。

あと、「にげる」コマンドはレベルの差が著しく激しくても(つまり、相当のザコ敵でも)逃げられる事はほとんどなく、要らない子に等しい。これは開発スタッフが「嫌な事から逃げるな!」というメッセージをゲームに入れたかったからであり、決してバクではない。断じて無い。

協力技[編集]

ハッキリ言って必殺技。レベル1とレベル2があり、ディランを主人公にするかファラを主人公にするかでも技の内容が異なる。ここだけ書き下ろしの別な絵柄が出てくるのでキャラ萌えお兄さん・お姉さん大喜び。

つり[編集]

Nice Bord。

ハッキリ言ってポケモンの釣りと一緒。ポケモンよりは簡単だが、DS版の1ないしは2の方が簡単だった気がする。というか、絶対簡単。

議会[編集]

多数決で議決をとる、民主主義の議会。子ども達に民主主義のよさを教えさせるため魔界戦記ディスガイアのそれとは異なり、買収も出来なければ、戦闘による強引な可決をさせる事もできない。

これはイベントに入っていないようで、ボイスの類は一切入っていない。理由は簡単。ボイスを入れると声優に支払うギャラが増えるDSでは容量が足りないから。PSPならいけそうだったかもしれない。

議会には「王家の地下道にモンスターが大量発生。今すぐ対応に向かおう。」みたいな最もなモノから、「ムームームー(おいしいお魚が食べたい)」といった下らないモノまで、様々な議題で開ける。

宝箱[編集]

そのまんま。これを打つ時に「高良箱」と変換されたから焦ってしまったが、中にはらき☆すたグッズではなく、これまたRPGでは定番の装備品や消耗品が入っている。たまにモンスター(ただし相当のザコ)も入っているので、ボロボロの状態で箱を空けるのは危険。ゲームオーバーになってしまう。

どこぞのエロゲーみたいに、エッチなCGは入っていない。えっちなのはいけないと思います。

宿[編集]

普通は町一番の女の子が店番をするはずだろうが、このゲームは何故かメイド喫茶とツンテレ喫茶。執事喫茶な所もある。つまり、このゲームの世界にはろくな宿が一つもない。大丈夫かよこの世界…、と思った君は正しい。

ストーリー[編集]

戦争により、英雄と皇帝を失った2大国・セレスティア王国とデルティアナ帝国は、休戦協定としてお互いの国の皇子を人質交換、という人でなしな行動を行い、何とか戦争を終わらせる事に成功した。

それから10年後、人質交換終了の日。祖国に戻ってきたデルティアナ帝国皇子・ディランは、帝国がセレスティア王国に攻め込むことを聞いたが、自らがその王国陥落作戦隊の隊長に任命されることと、親不孝者であることから即行で拒否。

ノインが実の父親を殺害する新たな悲劇を生むのであった。

その後、Key作品並みのお涙頂戴ストーリーが展開する。

登場人物[編集]

ディラン・ウィル・デルティアナ
声 - 福山潤
男主人公。穏やかさと力強さを併せ持つデルティアナ帝国の兵士、かと思ったら皇子。国王に真っ向から歯向かうなど、中身も皇子らしくは無い。
皇子交換でセレスティア王国で暮らしている時に平和ボケし、自国の考えであった亜人差別を反対するようになる。
ファラ・ミール・セレスティア
声 - 茅原実里
女主人公。やたら泣き虫で、出だしから「らめぇぇぇぇぇぇ!」と叫ぶ、ツインテールの黄色髪の電波な娘。中の人を見て無口な娘と思うだろうが、活発。
どう見てもその辺の商店の娘にしか見えないが、セレスティア王国王女。ムームーの泣き声を人の言葉に訳することができる唯一の存在で、ムームー語翻訳機の異名を持つ。でも、その名で呼んだら国家反逆罪で殺される。
ムームー
声 - 金田朋子
ムムムームムム。「ムームー」ムムムム、ムームームムムムムムム。ムムムームムムムムムム。ムムムームムムム、ムムムムムムムムムームームムッムムムム、ムムムムムムムム。
ムムム「ムームー」ムムムム、「ムー?」、「ムムムー!」、、ムムムム「ムムムムムム…」ムムムムム。ムム、ムームー。ムムムー!ムムムー?ムムムム。ムームームムムムムームムムムムムムムムム。
ムームー語・要訳
本作のマスコット。「ムームー」と鳴くからムームーとファラが名づけた。ファラネーミングセンス無さ過ぎ。戦闘で使うと、身体を丸めて空中アタックするなど、意外に使える。
実は「ムームー」の他にも「ムー?」、「ムムムー!」、さらには「ペロペロペロ…」とも鳴ける。でも、ムームー。ムムムー!でもムー?でもない。ムームーはそれ以上でもそれ以下でもない。
変身する事ができ、変身すると獣属性のショタになる。これもキャラクターデザインの大塚真一郎の一存。
こいつに言う事はただ一つ。日本語でおk
ガーリット
声 - 保志総一朗
ツンデレのセレスティア王国近衛兵。コックのような帽子は近衛兵のデフォルトで、こいつの趣味ではない。守るべき人であるファラに片思いをしているらしく、ファラと仲がいいディランにヤキモチを焼いている。
行動パターンが死亡フラグを想像してしまうが、死にはしない。でも死に掛ける。
アメリア・キルストル
声 - 平野綾
デルティアナ帝国で女性として初めて将軍となった剣士で、露出の高い服を着ているのは仕様です。中の人が同じ涼宮ハルヒをもっと残忍にするとこんな感じである。
ファングの村を襲ったのは帝国の指示なのだが、実は実行する直前までファングの兄貴と結婚するつもりだったこともあり、記憶喪失とか言ってど忘れしていた。

最後にファングに敵を討たれる際、このことを暴露、パーティーたちのお涙を頂戴している。

エルナディータ・クレバーティンク
声 - 釘宮理恵
ディランの許婚。中の人の通例どおり、ツンデレ。タカビー。釘宮病特A感染源。
お嬢様であるにも関わらず、食事の際に用いるナイフを人や化け物に向かって投げつける等、素行はよくない。
実は3のアリーゼと中の人が同じだが、誰も気にしない
ソティナ・ローンズ
声 - 滝田樹里
ディランとファラのおねーちゃん的存在。ファーライト神殿の神官でもあるが、神聖なる神殿に勝手に地図を書いて忘れるなど、仕事ぶりは余りよろしくない
セレスティア王国一の方向音痴で、ちょっとした街で道に丸1日迷い、パーティーに遅れた逸話を残す。
戦闘ではムチ使いと言うことから分かるとおり、S嬢。このムチは通常攻撃なら地上の敵全員にダメージを与える事ができるが、そんな事する人はMP値をケチりたい人だけだと思う。
ファング
声 - 諏訪部順一
腐女子好みのキャラその2。大雑把な性格で、羽根が片方切れているが、戦闘ではちゃんと空を飛んでいるので羽根が二つなくてもいいようである。飛行機のエンジンと原理は同じなのだろう。
家族を殺され、片方の羽を失わされたことから、アメリアの名前を聞くと我を失うほどアメリアに深い恨みを持っている。
そのはずなのだが、アメリアが事実を暴露すると「アメリアを殺さなければよかった」と後悔。現金なやつである。
HPはいっぱいあるが、防御力は低いのでHPはガンガン減っていく。あまり嬉しくない。
ルーガ・ナーガ
声 - 皆川純子
ファングに姐御と呼ばれる女。本編では役に立つはずの弓使い。本作でもまぁまぁ使える。
正直面白いところがないキャラ。書くことがないのだけど、どうしよう。
ザイツ・エンドージ
声 - 立木文彦
ライバル作品の中の人が同じキャラクターと立ち位置が似すぎている帝国将軍。「帝国将軍として、自分の考えを捨ててまで帝国に尽くす」みたいなことを言ったのに一回ディランと戦った後、帝国を裏切ってディランの仲間になるマダオ。戦闘では絶大な攻撃力で強い戦力になるだけではなく、プロレスや警察24時のナレーションもこなす。でもマダオ。
ノービス・ウォン・セレスティア
声 - 石塚運昇
別名・サービス。「ノインに再会したら・・・」とか夢を見ていたら、ノインに殺された。実の息子に殺された悲しき存在。中盤以降は空気である。
ノイン・ウォン・セレスティア
声 - 岸尾だいすけ
10年前に帝国にディランとトレードされたファラの兄貴。ディラン同様トレード先である帝国に洗脳され、実の父親を殺害。妹も殺しかけたが、今時そんなこと珍しくも何ともないからそんな国になった日本を憂いたくなる。
戦闘では2回連続切りを行ったり攻撃時に薄気味悪い笑い方をしたりして、地味にウザい。
中の人は本編で主人公をやっている。勿論、青の派閥には属していない。
グラナード
声 - 広瀬正志
仲間を使って神々を復活させたりするなど、絵に描いたような悪役のラスボス。催眠術を使ってノインにセレスティア王の暗殺を実行させたのもコイツ。
グロッケン・ウィル・デルティアナ
声 - 大塚明夫
デルティアナ帝国の国王。実はボスになっていたりして、案外強かったりする。
あくり〜ん
声 - 斎藤千和
本作の味方側のロリ担当。魔法少女でもあり、痛い呪文を唱えていろんなことが出来る。サモンナイトだが、決して召喚術ではない。断じて無い。ディランを「おにーたま」、ファラを「おねーたま」と呼び、妹好きの心を鷲掴みにしようとする。
武器はピコピコハンマー。武器の名前も「よいこのハンマー」など、実に弱そうな名前なのだが攻撃力は「ダメージ285」とか出たりするので、案外使えたりする。
アークランド町長
声 - 茶風林
アークランドの国王。釣り好きのメタボで、ファラの言う事は何でも聞いてくれる。
フーレイ
声 - ゆかな
声 - 麦人
声 - 田中敦子
炎をまとい、近くにいると体感温度が44.2℃上がる松岡修造の嫁。見た目のとおり、弱点は水である。だから水をかけると服が透ける代わりに断末魔の叫びを上げる。
アシュリー
声 - 豊崎愛生
その気になればパパを5人も作れる、本作の敵側のロリ担当。可愛い顔して「折角作ったハパを壊すなんて」と、とんでもない事言う娘。でも声がもろ結だから全然緊張感が沸かない。キャスティングミスは誰もが思う当然の思考。
ハインライン
声 - 丸山詠二
老いぼれ翼竜。ファラたちを天界へ誘う飛行機的な役割も持つ。
というか、存在意義はそれだけである。実はボスだったりして、地味に強かったりする。
アーティー
声 - 小林沙苗
旅語りを名乗るウンチク野郎。キャラクターデザインの大塚真一郎の一存で出てきたショタキャラである。設定にある歴史を取扱説明書や攻略本の代わりに読んでくれる存在。でも読んでくれるのはみんな強制イベントだから、さっさとゲームを進めたいプレイヤーにとっては有り難迷惑である。
ウィード
声 - 浜田賢二
プロペラ機とバイクに変形できるトランスフォーマー。東北地方で製造されたらしく、「オラ、こいつら、倒す」みたいに片言の方言を喋る。
爆弾をばら撒く機能や自爆機能、米の収穫機能も付いているが、最後の米の機能だけは作中では描かれていない。
最後はグラナードが自爆機能を用いたため、ご臨終。そしてプレイヤーの記憶に残らないかわいそうな存在その2。他作品では「不死身のコーラサワーです」って言っていたのに。
セレスティア王国兵
ガーリットそっくりの本作のエキストラ。実際ガーリットの顔をしばらく見ていないと「何でガーリット喋らないんだろう」と素で間違える。みんなランカスタの民で、羽根が付いている。コックのような長い帽子を被っているが、深い意味はない。
デルティアナ帝国兵
本作のエキストラ。帝国に尽くすものもいるが、大半は帝国から脱走するなど、腰抜けが多い。

三女神[編集]

ファーライト: 声 - 茅原実里

ぶっちゃけ、ファラ。召喚戦争やってた当時にはそれなりの活躍をしていたが、今ではファラの心の奥でひっそりと隠居している。
アクリーン
声 - 斎藤千和
ファーライトの妹。現在でもあくりーんが頑張ればこの姿になれるが、ちょっと力を使うとすぐに幼女の姿に戻る。ロリコン歓喜。
クラヴィス
声 - 田中敦子
ぶっちゃけラスボス。女神クラヴィスとか言っているが、ランカスタの民を見殺しにしようぜ、なんて言ったおかげでみんなにフルボッコされた過去を持っている。それで人間を恨むのもやむなし、と思うのは執筆者の心が荒んだ証拠なのだろうか。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「サモンナイトX 〜Tears Crown〜」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)