サライ (漫画)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

サライ』は、柴田昌弘による漫画少年画報社の漫画雑誌『ヤングキング』にて1998年から2008年2月まで連載された。単行本は全19巻刊行されている。

この『サライ』によって、柴田昌弘は、人間は本当にやりたいことがあればある程度の困難に打ち勝てることを示した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サライ (漫画)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この漫画はメイドセックス&バイオレンスな表現とが大好きな柴田昌弘が自分の趣味嗜好の欲望を満たすため10年にわたって長期連載された。しかしその期間中に作者は脳出血で入院してしまう。場合によってはそのまま天国に飛び立ってもおかしくない病気に突然襲われ倒れてしまったのにも関わらず、無事にこの世に帰還する。

「本当にあなた病人なんですか?」
脳出血で入院した柴田昌弘 について、当時の看護師

それからしばらくして連載を続けていたが、疲労困憊の上アルコールの抜けきっていない体で自動車を運転した結果、当然のことながら自動車事故を引き起こす。この事故によって重傷を負ったものの、再びヤングキングに帰還する。このように連載中止になりかかるどころかこの世にいることも疑わしい目に2回もあっておきながら、生き伸び連載をも完結させた。

これはひとえに奇跡などでは決してなく、むしろ「自分の趣味嗜好を中断させたくない」という執念じみた欲望の果てにもたらされたある種の必然であると取った方が自然である。 このような特異な事例は「柴田事例」と呼ばれる。この事例は漫画家の労務管理・モチベーションに関するレポートとして出版業界で使われている。具体的な事例でいうと冨樫義博藤沢とおるのように定期的に情熱が落ちてしまうが読者の支持を集めやすい作家に対して、漫画の方向性を漫画家にまかせ編集部がなるべく口を出さないのはこのためである。その結果として、ストーリーに辻褄が合いにくくなったり、ストーリーの世界観が大きくなりすぎたり、登場人物の行動が突飛になったり、どキツイ表現が含まれるのは弊害ともいえる。しかしながら、漫画を読んで育った子供たちが大人になり、漫画の需要がかつて以上に拡大した現代では、鴨川つばめのように漫画家を使いつぶすわけにはいかなくなったのだ。逆に木多康昭のようなほっといても暴走し何度も復活がきく雑草根性の持ち主にはこのレポートは一切適用されない。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、八神はやての闇の書はヴォルケンリッターを蒐集して完成することや、グリッドマンと新世紀中学生、アレクシス・ケイブ以外の全ては『新条アカネ』の創作物に過ぎないことや、エースの父親はゴール・D・ロジャーであることや、“ともだち”の正体はカツマタでありフクベエは小学校時代に死んでいたことや、トキワジムのジムリーダーはロケット団の首領・サカキであることや、最初のアギトは沢木雪菜であることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

ストーリー[編集]

近未来、生物兵器の世界的蔓延と大地殻変動により文明は崩壊した。そして新たに生まれてきた人類は生物兵器の遺伝子破壊のため、16歳を過ぎると異形の怪物になってしまうようになってしまった。 2041年には事態は沈静化したものの、国家システムは復旧せずインフラは喪失し、現在の国家の代わりに「領主」と呼ばれる人々が治める都市国家ないし小国が多数存在する、中世のような世界均衡を作り出している。

多くの人々は変身の恐怖に怯えながら過ごしている。そのため地方によっては異形の者に対する差別・偏見がまかりとおっている。このような変身への恐怖心から、子供を食べることにより変身への時間を先延ばしにできるという風習が存在するところもあり、子供がその名の通り食糧として売られる描写も存在した。

主人公の属するメイド協会はこうした現状を打開するために活躍している。ライバル組織のオルソなどが存在する。

登場人物[編集]

主に主人公が所属するメイド協会の人物を記す。なおメイドのグレード順はA(アドヴァンスド)級>S(スタンダード)級>C級である。新興高校の学科みたいだがしょうがない。

主要登場人物 [編集]

神薙サライ
主人公にしてC級メイド。それ故、登場人物によくを叩かれる。16歳になると原則変身を引き起こし人でなくなるため自然と年齢層が低くなる護衛メイド協会において、母ちゃんの役割を果たす重要な人物。護衛メイド協会の中では子供たちに味噌の作り方や漬物の作り方を教える家庭科のプロであり、一方では様々な肉体労働に汗を流すビジネスウーマンである。外勤のときは刀振り回したり羽が生えたり超能力で地球の裏側にいる敵の総大将を一瞬で葬ったりしてるがそんなことどうでもいいじゃないか。
フリッカ・フラクタル
S級メイド。スタンダードの中のスタンダードな護衛メイド。武器は短剣二刀を使うがそれだけであり、複素念動(超能力みたいなもの)も使える描写はない、ある意味純粋な「戦うメイドさん」。また、そこそこに優秀だがそこそこにヘマも犯す、模範的なスタンダードさを誇る。ヘマの内容は敵に捕まる・術をかけられビッチ化・に刺されあられもない顔になるなどバリエーション豊富であり、この点主人公を超えたエンターテイナーである。

護衛メイド協会[編集]

シェリル
特A級護衛メイド。プライドの高い使い。鞭を使うところからSである。しかしC級メイドのサライに軽くあしらわれたことで「くやしい…!でも…感じちゃう!」な道に入りかける。最終的にはSアイデンティティを維持したままサライの膝の上で息を引き取る。
チルノ・タパ
シェリル付きのエリートメイド研修生の少女。シェリル亡き後はサライ母ちゃんに引き取られる。氷の魔法能力?お前は一体何を言ってるんだ。
パチュリー・ノーレッジシール
特A級護衛メイド。能力は何でもかんでも裏っかえしにしちゃうこと、それと回復。断じて七曜の魔法とかではない。10歳のとき、幼馴染の男の子をシチューとして食べてしまい、さらに近所のおっさんお兄ちゃん輪姦され、それがきっかけでその場にいた男達を発現した能力で惨殺するという思い出をもつコメディリリーフ。12歳のとき、サライ母ちゃんによって修正される。
ソリッド
パチュリー付きのエリートメイド研修生の少女。特A級候補のためエリート意識が高い。当たり前だ、こいつはシェリルのクローンだ。後にシェリルの鞭をサライから渡され、完全に使いこなすまでに成長する。その鞭の「生きているような動き」から「ソリッド・スネーク」と呼ばれるようになる。
ナッジ
特A級護衛メイド。メガネっ子。突然主人公のサライを出し抜いて主役級の扱いを受けたと思ったら、生きているのに背景にも混じれなくなる一発花火のような登場人物。これは柴田昌弘がいかに「こんなの描きてぇ」という感情のみでつっぱしっていたかがわかる事例ともとれるが、実際のところはナッジの能力が霊能力だったので紙面で「死亡説」を暗喩するという深い表現技法である。真の読者はここまで読みとらねばならない。
レミリア・フランニュート
特A級護衛メイド。


キャプテン翼の例のアレ.jpg サライ (漫画) は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、サライ (漫画)加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)