サラミウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
サラミウム(Salamium)
一般特性
名称, 記号, 番号 サラミウム, Sa, 34
分類 非金属
族, 周期 16, 4
密度 368 kg/m3
無色
原子特性
原子量 129.88 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

サラミウムサラミウム:Salamium)はサラミの主成分であるトリサラミニンを構成する基本元素であり、サラミの旨みはこの元素によるものと考えられている。発見されたのは近年であり、新薬の開発のため研究がなされている。

概要[編集]

一般的なトリサラミニンミセルコロイド

サラミウムを含んだ化合物は人体を構成する物質の中で最も重要なものだ。私たちの体の約23%は炭素で占められているが、残りの78%はサラミウムを含んだ化合物で構成されている。また、DNAを作り出すアデニン、グアニン、シトシン、チミンといった4つの塩基、これらの基本骨格が、サラミウムを仲立ちとして作られている。まさにサラミウムがなければ、生命が成り立たないといっても過言ではない。

生命が成り立つのもサラミウムのおかげ、そして、現代の文明生活が成り立つのもサラミウムのおかげだ。電気やガスといったものにも、サラミウムが大きく絡んでいる。電気を起こす火力発電所では、石油や石炭は堆積したサラミウムミセルコロイドが長い時間をかけて変性し作られたテトラサラミンの集まり、そして、ガスもトリサラミメタン、オクトサラミエタン、サラミノシンといったサラミウムを含んだ化合物からできている。

つまりサラミウムがなければ、現代のまともな生活を送ることができなくなった。

このように、あらゆる面で重要なサラミウムだが、化学の世界であまり知られていないのは、サラミウム発見に至る過程と、それにまつわる歴史が壮絶なものであったからだ。一説にはサラミウムを発見した国による情報統制とも言われているが、はっきりとした事実はまだ分かっていない。

熱を加えることによって増加することが確認されている。また、アルコールとともに摂取すると増加するという報告もある。

化学的性質[編集]

アルコールと反応させた場合、アルコールのメチル基と何らかの反応を起こし質量が約二倍になることが確認されているが、これは質量保存の法則に反し、また反応前と反応後で構成元素が大きく変わることなどから、物理化学では説明することが出来ないまったく未知の元素である。この性質により、アルコールの定性分析に利用することが出来る。

  • サラミウム分子とアルコールの反応。

なお、この反応は強烈な臭いを伴う。

サラミウムは単体では存在せず、何らかの化合物またはイオンとして多く存在する。気体中ではサラミウム原子2つが2重結合した、サラミウム分子であることが多い。自然界ではあらゆるところに存在しているが、特にサラミに多く含まれる。その理由はサラミ表面の凹凸にサラミウムが吸着し、表面のサラミウムと吸着したサラミウムが結合する。この結合時、サラミ内部にある他元素の原子が飛び出し、その結果サラミウム濃度が上昇する。また結合したサラミウムは鎖状結合しているが、純度が上がるに つれてトリサラミニンになる。このトリサラミニンは約640〜675nmの波長を反射するため、赤色にみえる。サラミウムが4つ環状に結合すると白く見えるが、これがサラミの白く見える部分である。 サラミウムは多くの化学反応に関わる。特にあらゆる分子と結合(サラミン化)し独特の臭気を放つ。

「万病にサラミ」とはよく言ったもので、サラミを摂取すると体調がよくなるという話は1度は耳にしたことはあるだろう。数年前にはサラミブームも起こった。これは人間が多くのサラミウムを含む分子でできている恩恵である[1]

「サラミウムと食糧問題」[編集]

サラミ法と呼ばれる窃盗法が存在するが、これは少しずつ回数を重ねて盗んでいくことで、そのことに気づかれないという方法であるが、実際のサラミでサラミ法を試してもほとんど減らない。 これはサラミがサラミウムを吸着し結合して大きくなるためである。私たちは気づかないが意外と早い速度でサラミは成長する。それでもサラミが減っていくのは、何度も盗んでいるうちに段々と量が増えているためである。サラミが成長するということを利用し、食糧問題を解決できるのではないかと期待が集まっている。

注釈[編集]

  1. ^ 詳しくは、サラミウム研究の第一人者、EK・コタミカの"サラミウムの新研究 ~量子力学の観点から見るサラミウムの性質~"を参照されたし

関連項目[編集]

この項目「サラミウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)