サングラス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
【スチル】中野美奈子.jpg
閑静な住宅街.jpg

サングラスとは、ペンキで塗ったメガネである。スカウターとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的なサングラス(スカウター)。

一部の人には「グラ酸」とも呼ばれる。もともと、太陽がまぶしいのでメガネを黒く塗れば防げるのではないか、という思想から生まれたものである。太陽の光は防げたが、黒く塗りすぎてしまったので何も見えなかった。そこで、ある学者が戦闘力を測れる機能を加えれば、と思い現在の形になった。ペンキで塗っただけなので何も見えないが、敵の戦闘力が分かるので大変便利だ。色は黒や緑色、赤っぽい物もある。何も見えないので、片目だけにつけることが多い。また、戦闘力判断機能がついていないものもあり、それは「かっこいい」という理由で使われている。これを伊達スカウターと呼ぶ。野球選手などのスポーツ選手にも使われている。ただし野球選手は(特に投手だと)疲れて汗をかいたりするとすぐにベンチに置くことが多い。海外のエージェントスパイなどもサングラスを付けているが、あれだけいると費用も掛かるため戦闘力を測る機能はついておらず、ただ黒く塗ってあるだけである。着用を義務付けるのはおかしいが、「なんか強そう」という理由により異論を唱える者はいない。

サングラスを常日頃から着用していると、若干暗い世界が自分にとって当たり前になってしまい、普通の世界、つまり明るい世界では生きていけなくなる。これをサングラス依存症という。室内でもサングラスを着用している人はサングラス依存症である事が多い。そうでなければただ格好つけてモテたいだけ。このような参事にならないためにも格好つけるのは程々にしてサングラスを取るという勇気を持つことが大切である。

敵の戦闘力が高すぎると壊れてしまう。サングラスを着用するとかっこよくなる場合もあるが、面白くなる場合もある。偶然にも後者になってしまった場合、選択肢は二つである。

  1. 格好良くないのなら…と思い、外す、または普通の眼鏡(伊達スカウター)に付け替える。
  2. そのままウケを狙い続け、次の日にはより面白い物をつけてくる。特典として「イタイ奴」という称号も付いてくる。

どちらを選んでも大した違いはない。あなたの人生なので自分の好きな方に進んでください。つまりどちらを選ぶかは…自由だー!

使われ方[編集]

さあ、の様に格好良く決めよう。
  • 町でぶつかったときに、相手の戦闘力を確かめ、自分のほうが高かった場合ケンカを売る。低かった場合はすぐあやまる。
  • まぶしいときに両目に付けて何も見えなくする。
  • ただ家や車にかざっておく。
  • ドラゴンボールがある場所を見つける。
  • サングラスをはずしながら「まぶしいぜ!」とか言ってみる。
  • ノーメイクを隠す。
  • 正体を隠す(マスク、ニット帽と共に使う)。
  • モテるためのアクセサリー。本当にモテるかどうかはその人次第。
  • 自分の立場を変える場合に。

[編集]

戦闘力の低さに笑みを浮かべられる

サングラス界の王として崇められ、ひよこ陛下の次に偉い。タモ23世であられる。 常にサングラスを装着をしておられるため、何も見えておられない。ミュージックステーションや笑っていいともで色々な人の戦闘力をご覧になられてはは記録に残しておられる。ちなみに室内でもサングラスをお外しにならない(外せない事は内緒である)。適切な発言ではないが、典型的なサングラス依存症であられる。これはサングラスを愛してやまないと言う事であり、決して悪い病気のように言っているのでは無い。もはや視聴者にもサングラスを外したお姿が想像する事ができない。ここまできたらただ賞賛するしかないだろう。生半可な覚悟で「王」をやっていらっしゃらない。半端なサングラス依存症者にはぜひ見習って欲しいお方である。

朕はサングラスなり。
サングラス について、
サングラスこそが力。サングラスこそが全て!
サングラス について、

サングラスの種類[編集]

これも「サングラス」・・・ではない!

同じサングラスにも多くの種類がある。それぞれに効果があり、生々しいバトル(リアルファイト)が繰り広げられる。はもちろん時と場合によって使い分けられる。

ミラーグラス(鏡)
これを装着した場合、一般人では約200~300戦闘力があがる。(敵の光線を反射させる程度。)オフェンス型。
偏光サングラス
これは、あなたも知っているディエルトールスパーキングダイナマイツ効果がついているスペシャル型。
調光サングラス
パープルアウトラインによりレンズに練りこんであり、状況に合わせてオフェンス型、ディフェンス型に変わる。暗くなると、自動的にレンズの部分が光り、照らしてくれる。しかし、自分は見えないため、あまり意味がない。万能型。
スポーツサングラス
これはスポーツ選手がよく使うんだな。疾風型。
花粉症用サングラス
花粉症の人が使う。敵のフラワーパウダービームから身を守る。ディフェンス型。
オーバーグラス
メガネを着用した上から着用することができる。メガネ+オーバーグラスになるため、守備力は非常に高い。ディフェンス型。
アジアンフィッティング
鼻のつぶれかけた大ピンチでもしっかりフィット。しかし他の効果はないため攻撃も防御もできない。つまり最弱。一般型。流石のもこれは救いようがないとおっしゃられた。


色々な種類がありますが、全て見えません。

関連項目[編集]


この項目「サングラス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)