山椒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
サンショウから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山椒」の項目を執筆しています。

山椒(さんしょう)とは、木の香りがする草であり、麻薬である。一部地域では調味料または香辛料として利用されている。ピリッとくる。

山椒の育て方[編集]

山椒とは商業科の植物で商いをするとその近くに集まってくる植物である。土に種をまき、日光の当たるところに置いてそのときから肥料を溶かした水[1]を500ml毎日与えれば約1年5ヶ月ぐらいでピリッとする実をつけるほどに成長する。

ここで注意すべきは、山椒のピリッを求めてアゲハチョウが寄ってくることである。最悪の場合、アゲハチョウが産みつけた卵から孵化した幼虫にピリッを吸い取られて枯死する可能性があるので、万全のアゲハチョウ対策を要する[2]

用途[編集]

最も多く用いられ、且つ最も知られている用途は、実を粉末にしたものを食べ物に降りかけて、ピリッとした食べ物にすることである。ピリッとした粉末は他にもコショウ唐辛子・ナツメグ・白い粉等があるが、前述の通り木の香りがするので独特のピリッが味わえる。そのため、根強いファンが多い。しかしながらその木の香りは、その料理の香りを全てぶち壊してしまうので、使いすぎには注意がいる[3]上、香りを嫌う人もいるので、初めて会食するときには前もって相手のピリッの好みを調べておいたほうがいい。

しかしながら、そうした心配をしなくて良い料理もある。それはの蒲焼である。


中華人民共和国でも料理、特に四川料理のピリッには欠かせない調味料である。 また、ピリッとくることから漢方薬としても広く用いられており、疲れた胃腸をピリッで刺激して活動を活発にする。だからといっては活性化しないので、試験直前に山椒を買って食べる時間があるなら勉強したほうがいい。

韓国では唐辛子が普及するまでキムチピリッに山椒が使われていた(これ自体は本当)。そのため、例によって韓国人は「山椒の起源は韓国」と吹聴しているが、誰も文句を言わないので最近は「ピリッ自体の起源が韓国」と吹聴している。

麻薬指定について[編集]

スイスにおける山椒追放キャンペーンのポスター

実は欧州連合は山椒を麻薬に指定している!!真偽は定かではないが、どうやら山椒のピリッ麻薬ピリッに似ているためらしい[4]。でもその他の地域ではタバコと山椒は麻薬指定されてない。そのため、欧州連合と敵対している国(例えばロシアイラン神聖ブリタニア帝国北朝鮮検閲により削除等など)では、大々的に山椒を栽培して欧州に密輸するというアヘン戦争以来の古典的侵略を行なっている。

では、吸った場合どうなるのか?[編集]

欧州保健機関の言い分によると、山椒には以下のような効果が認められるのだという。

  • 人の噂を気になってしょうがなくなる。
  • 驚き桃の木山椒の木しかいえなくなる。
  • どんな小粒の実を食べてもピリッっとくるようになる。

でもこんなことはアジアではわざわざ山椒を食べなくても日常茶飯事である。おそらくヨーロッパ人は生活にピリッっとした刺激が足りないから、山椒のちょっとしたピリッが大きな刺激なのだろう。

山椒の販売会社[編集]

  • S○B - おなじみ調味料の有名ブランド。カレー粉の缶に国会議事堂の絵が描かれてあるように、山椒の缶には失禁城が描かれている。
  • ミートホープ - でも冷凍コロッケ部門でヘマをしたのでとばっちりを喰らって販売中止になった。
  • 噂によるとエ○ラもヨーロッパに密売してるとかしてないとか。

脚注[編集]

  1. ^ この時、肥料の代わりに唐辛子コショウ等の香辛料の粉末を溶かした水を与えると実のピリッ感が増す。
  2. ^ 例えば、アゲハチョウの幼虫に寄生してはらわたを食い荒らし、皮膚を破って成虫になるアゲハヤドリコバチを飼うなど。但し、どの道若干のピリッが損なわれる上に、逃げないようにしないと生態系を破壊したとしてしょっ引かれる(これも本当)ので注意すること。
  3. ^ しかも、あんまり使うとピリッがひどすぎてピリッピリッピリッピリッピリッ…となる。
  4. ^ 「コショウとかナツメグはどうなるんだ?」という声があるかもしれないが、それは欧米で広く使われているので問題ない

関連項目[編集]

ところで・・・[編集]

今までに何回ピリッっと言ったでしょうか? 暇な人は数えてみたら?


Hammer and sickle.png この項目「山椒」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)