サンタクロース法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。

諸家庭におけるサンタクロース及びその関連文化等に関する法律(しょかていにおけるサンタクロースおよびそのかんれんぶんかとうにかんするほうりつ)は、その名の通り家庭におけるサンタクロースのありかたなどについて定めた日本法律である。 通称サンタ法

沿革[編集]

制定の経緯[編集]

海外から日本にサンタクロースの文化が持ち込まれ浸透していったのは周知の事実だが、その発展は常に批判と(あるいはしばしば嘲笑と)隣り合わせだった。 曰くサンタクロースは不法侵入だ、曰くサンタクロースなどそもそも存在しない、などと反対の烽火が上がり続け、支持者たちを困惑させた。

この法律が制定される以前は、サンタクロースは「とか思いやりとかいたわりとか」と同じレベルの存在でしかなかったため、サンタクロースを信じる者の拠り所はほとんど自らの心のみであった。世間には物質主義的な風潮が瀰漫し、多数派となった精神の低レベルな者によって彼らは常に虐げられてきたのだ。

そのような状況を重く見た当時の政府は異例の法案を作成、これが国会を通過し、翌年施行されて現在に至る。

施行後の状況[編集]

サンタクロース文化は日本国民に定着し、この法律でサンタクロースの民家侵入が合法化されたことも相まって批判的論調は次第に見られなくなってきている。

内容[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンタクロース法前文」の項目を執筆しています。

本則は全部で5条からなり、用語の定義なども定められている。

  • 前文
  • 第1条 目的
  • 第2条 定義
  • 第3条 サンタクロースの行為
  • 第4条 保護者の権利
  • 第5条 補則

このうち前文は「そうです、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです」という有名な書き出しが広く知られており、子供に夢を与える法律として日本の政策としては珍しく世界的に高い評価を受けている。また、第2条ではサンタクロースの容姿や体重などが細部に至るまで具体的に定義されている。プレゼントに「金銭を含まない」とした第2条は、親バカの国会議員たちを家庭と仕事の板挟みにしたことでも有名。

保護者の権利[編集]

この法律において特筆すべきは、この「保護者の権利」である。 これによって現在のサンタクロース文化が定着したと言っても過言ではない。

サンタクロースには、中学生以下の希望する全ての子供にプレゼントを渡す権利及び義務、全ての希望者にプレゼントを渡す権利があると定められており、この権利の行使は何人にも妨げられず、他の法律によって制限することはできないとされている。

この法律では、保護者の「自らの監護する子女にプレゼントを渡す権利をサンタクロースから引き取る権利」(通称プレゼント権)が定められている。 これにより親はサンタクロースに代わって我が子にプレゼントを渡すことができ、サンタクロースは仕事が軽減され、また子供は自らの望む品物を受け取れる可能性が高まるなど、どの立場からもメリットが大きい。

なお、親権者の「プレゼント権」はあくまでも権利であり、義務ではない。

現状[編集]

サンタクロース文化は確かに浸透しているが、影の部分も存在する。

サンタクロースは多忙を極めているため世界中全ての子供をカバーしきれないのが現状で、そんな彼を少しでも補佐するためのプレゼント権だったのだが、親権者が権利を行使しないケースも少なくない。結果的にプレゼントを貰えない不幸な子供たちが出てきてしまっているということも頭に入れておくべきだろう。

今、親として、大人としての節度と良心が問われている。

関連項目[編集]


甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「サンタクロース法」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいサンタクロース法をもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんサンタクロース法。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)