サンデードライバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンデードライバー」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンドラ」の項目を執筆しています。

サンデードライバーとは、一般的に公道(一般道路や、レース場を含む高速道路)上や駐車場内において迷惑運転行為を繰り返して交通事故の要因となる、運転が未熟なくせに厚顔無恥なおバカドライバー(障害者、つまりDQNの一種)のことである。

略してサンドラと呼ばれる。

サンドラ・ブロック[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンドラ・ブロック」の項目を執筆しています。

サンデードライバーが引き起こす進路妨害行為(事故や渋滞を含む)は、俗にサンドラ・ブロック(さんどら・ぶろっく、Sandra Bullock)と呼ばれる。

かつては映画「スピード」シリーズの中で何度も命知らずの凄まじい危険運転(暴走)行為を繰り返した挙句免停処分を食らったヒロイン(アニー・ポーター)の本名として巷では有名であった。

しかし最近では、ここで紹介するような運転技術が未熟なおバカドライバー(つまりサンデードライバー)のことを指してこのように呼ばれている。その典型(具体)例と対処法は、後述の通りである。

典型的なサンドラの個体例[編集]

  • 右(追越)車線上を、「メーター読みの“制限速度+30km/h”未満」でいつまでもノロノロ運転を続け、決して退かない
  • なりふり構わず車間を詰め(車間距離を取ることができず)、追突の原因を作る
  • 坂道でアクセルを踏み込まず、走行速度低下を招いて渋滞を作る
  • いつでもどこでも急ブレーキをかまして方向転換や急車線変更、またはいきなりバック
  • 狭い通路だろうが我先に突っ込んで対向車両の進路を妨害
  • 駐車(入出庫)時にもたついて、他車両の進路を妨害
  • 横や後方の車両や人の動きを全く見ておらず、確認すらしない(重症な奴は前方すら見ていない)
  • 脇見やよそ見をしている、または同乗者との会話に夢中になっている
  • 車内で餓鬼を放置プレイ
  • 盆や年末年始での帰省寄生の時にしか運転をしない、普段公共交通機関ばっかり使ってる奴(要するに運転経験が著しく乏しい)
  • 初心者(またはほぼそれに準ずるドライバー)、クルマ好きではない女全般
  • とにかく、周囲の流れに合わせられず事故を起こす奴、または起こしそうな危険運転を繰り返す奴

サンドラ遭遇時の対処法[編集]

上述のようなおバカサンドラに遭遇し、自らに対する身の危険を感じた場合は、躊躇せずクラクション(ホーン)を乱用すること(無論、この行為は正当防衛にあたる)。

特に左車線に安全に戻れるスペースがあるのに右車線に居座り続けるおバカサンドラに対しては、下記のような制裁を加えて教育してあげると良い。

初級者向け[編集]

  • 自分からはサンドラに対して何もしなくて良いが、とにかく自分より運転技術の高いドライバー(後述)にすみやかに譲る

中級者向け[編集]

  • とにかく煽る(車間詰め、パッシング、蛇行 etc)
    • それでもどかない場合はクラクション、夜間の場合はハイビームも非常に有効

上級者向け[編集]

  • 左からの追い越しが可能ならば、捲って前に割り込んだ後すみやかにブレーキを踏ん込んで(なおこの場合に限り、割り込みの際の指示器は不要)、相手に非があることを身をもって分からせる
    • 万一追突された場合は、相手から法外な額のボーナスマネーを脅し取る権利が得られる(自分のバックに、その筋や有能な弁護士が味方としてついていればなお良い)