サンドパン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

サンドパンとは、ポケットモンスター初期から登場するハリネズミのようなポケモン。または生成したコッペパンにバタークリームを塗った菓子パンの名称。

概要[編集]

見かけはハリネズミのような外見をしており、鋭い爪を持ったポケモンであり、愛らしくもイケメン的要素をかねそろえた優秀なポケモンであった。当時同じネズミとして黄色い電気ネズミが存在していたが、始めはそれほど人気ではなかった。「きりさく」や「すなかけ」などで当時の子どもたちに大変人気があったサンドパンであったが、突如電気ネズミが台頭する事となる。

アニメ化による電気ねずみの大抜擢[編集]

元々子どもたちに人気があったポケモンであったが、アニメ化によって突如準主役としてピカチュウが幅を利かせるようになる。これにより同じねずみポケモンとして大幅に後れを取る事となったサンドパンは、それ以降立場を弱め、じめんポケモン界のマスコットとしての地位も実力・人気共にカラカラなどという骨をかぶった謎のポケモンに奪われる事となった。

伝家の宝刀きりさくによる正攻法に限界を感じたサンドパンは『すなかき』を習得する事によってスピード重視の戦法を構築、再起を図ったものの健闘空しく増え続けるポケモンの山に埋もれていった。

姿を消したサンドパン[編集]

上記のように様々な要因が重なった結果、サンドパンは表舞台から姿を消した。しかし本当に人気や強さが原因で姿を消したというのだろうか?サンドパンの愛らしい容姿や、決して弱くはない実力を考えるとそのような事は考えにくい。本当にあのサンドパンは姿を消してしまったのだろうか?

サンドパンの発見[編集]

捜査に次ぐ捜査により、ついにサンドパンを発見するに至った。

サンドパン.jpg

なんということだ!サンドパンはパンにされてしまったのだ。生成の方法などは謎に包まれているが、これは間違いなくサンドパンである。恐らくパンの材料として心無いハンターたちに密猟されてしまったがためにその数が激減、結果として見かけることが無くなってしまったのだろう。警察による密猟の防止が成果を上げ、サンドパン達が戻ってくる事を切に願うばかりである。

アローラ地方のサンドパン[編集]

雪山の環境に適応しており、保護色として青白い体色となっている。 また、耐寒性と同時に外殻が厚い氷で覆われており、より頑丈に発達している。