さーたーあんだぎー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

さーたーあんだぎーは、沖縄県に自生する植物の一種である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さーたーあんだぎー」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「サーターアンダーギー」は何故か「サーターアンダギー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
さーたーあんだぎーの実。
堅い殻の中にはデンプン質の中身が詰まっている
実を揚げるとポップコーンのように膨張・破裂し、さーたーあんだぎーが出来上がる
理想的な調理方法

概要[編集]

中国由来説、鹿児島由来説、海流説など様々な学説があり詳細は不明であるが、サトウキビ小麦の雑種とされる。一年生の草本植物であり、夏頃には、おおむね成人男性の背丈を超えるほどにまで育つ。

特徴[編集]

茎や葉には栄養はほとんどないが、よく実をつける。その実は黒、白、黄色など、様々な色となる。実は堅く生食はできないが、油で揚げることにより中のデンプン質が膨張し、きつね色で直径5、6cmのふっくらとした球形の食べ物となる。甘みがありカロリーがあるため、間食としてよく食される。

沖縄に行って、おばあにこの話が本当かどうか確認すると小一時間語ってくれる。

事故[編集]

調理には底の深い鍋で約170℃の油で揚げる必要がある。しかも膨張時にはかなり大規模な爆発が発生するために、調理には危険を伴う。調理時には必ず防火服を着用し、できれば屋外にて細心の注意を払って作業を行う。

沖縄県ではこの危険性は周知されているために事故はまれだが、その他の地域でさーたーあんだぎーを調理しようとして起こす多大な火災事故が1年に2、3件確認されている。

割れ目[編集]

油で揚げたさーたーあんだぎーは表面が割れ目を生じるその形状から、沖縄県で「女性」を象徴するものとされていて、あんなことやこんなことに使う人が後を絶たない。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「サーターアンダーギー」は何故か「サーターアンダギー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。