ザ・インタビュー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ザ・インタビュー」の項目を執筆しています。

ザ・インタビュー(The Interview)とは、金正恩総書記を検閲により削除する映画である。ソニーの子会社の手で前代未聞の宣伝活動が展開され、映画内容からは集められえない注目を集めた。

概要[編集]

北朝鮮の偉大なる領導者・金正恩将軍を暗検閲により削除する映画である。ソニーの子会社が制作したが、所詮はハリウッド映画ということもあり、よくある反独裁映画のB級じゃなくてC級確定の糞映画となることが確実の代物であった。「ジ・インタビュー」とするところを「ザ」とし、定冠詞を正しく読めていない時点で、それは明らかだろう。

そこで、世界的な売り上げ低下に悩むソニーは、前代未聞の宣伝を行うことにした。その宣伝は大成功を収め、普段はハリウッド映画の子供だましに決して引っかからない人々にまで、その名前を浸透させることに成功した。

前代未聞の宣伝[編集]

ソニーが打った宣伝とは、CMの時間帯ではないニュース番組の枠で「我が社のホームページが新作映画のせいで北朝鮮にハッキングされた」と発表することだった。社員の個人情報まで漏洩したと付け加えることも忘れなかった。

これはもちろん、米国では極めて一般的な「宣伝と一体化したニュース」という企業広告だった。メディア・リテラシーに富む健全な市民たちは、「民が餓死する北朝鮮が、超グローバル企業ソニーの厳重に守護されたホームページをハッキングできるわけないだろ。どうせ宣伝だ。ハッキングの証拠にハングルが書かれている時点でハリウッドにありがちな安っぽい悪役だな。現実にある訳ない」と達観していた。

しかし、バラク・オバマ大統領はこの企業広告を現実の情報と混同し、「北朝鮮のハッキング行為は許しがたい」と制裁強化に踏み切る構えをみせた。これを受けてソニーは、作品公開を見合わせると発表した。

これもまた、ソニーによる宣伝の一部だった。全世界でトップニュースとなり、「北朝鮮に弾圧を受ける映画」とキャプションをつければ、新作映画になど何の関心もない世界中の大衆にまで映画を宣伝できると踏んだのだ。やがて、映画は米国限定で公開されることになったが、これが当初からの予定だったことはいうまでもない。米国限定にすれば、米国外の民に「一体どんなものなのか」と未知なるものへの関心を引き立てることができるからだ。

しかし、広告を現実と混同して、北朝鮮のネット空間にハッキングをかけたハッカー達はソニーにとって想定の対象外だった。彼らハッカーは、ネット空間を破壊されて一番苦しむのは北朝鮮の一般人民であることを想像することができなかった。彼らは南朝鮮から流れてきた海賊版のザ・インタビューを「こんな三流映画のせいで俺たちのネット空間が滅茶苦茶になったんだ!」と憤慨し、自分の意志で海賊版を焼き払うことだろう。

より詳しい映画のあらすじ[編集]

そのようなものは、ソニーが行った前代未聞の宣伝に比べればどうでもよいことだ。監督も主演俳優も金正恩役も名前を記憶するだけの価値などない。

関連項目[編集]


将軍様の肖像.jpg 偉大なる将軍様はこの記事ザ・インタビュー内容に満足していないことを表明し、更なる内容の充実と加筆を指導なさいました。人民はみな進んで加筆作業を進めることにより、この記事は更に良いものになることでしょう。 (Portal:スタブ)