シクロアワオドリン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シクロアワオドリン」の項目を執筆しています。

シクロアワオドリン(英・cycloawaodorin)とは、阿波踊りを現代風にアレンジしたものである。

概要[編集]

郷土に昔からある盆踊りは、歴史的ではあるものの古臭く、踊りを継承していくべき若年層が踊らず、踊りが継承されていかないという慢性的な問題を抱えていた。それはこの踊りのためだけに、何十万人もの人が四国地方の徳島県という僻地にやってくるという現象を、毎年のように巻き起こす阿波踊りでも、例外ではなかったのである。

それを憂いた町民たちは、この阿波踊りを何とか継承しようと、阿波踊りを現代風にアレンジしようと考え、商店街の人々を中心に踊りを完成させた。それがシクロアワオドリンである。

由来[編集]

なぜ、現代風阿波踊りがシクロアワオドリンなどという奇妙な名前になったのかというと、いくつか原因が存在する。まず、現代風阿波踊り考案計画が出来た際に参考にしたのが、オリンピックにおける日本のお家芸の一つ、シンクロナイズドスイミングであった。若年層を取り入れるために作っているのに、シンクロナイズドスイミングの動きを取り入れても対して効果はないのだが、そのような知識は残念ながら商店街の皆さんにはなかったのである。しかも、伝達ミスがあったのか、シンクロを頭に冠するはずが、シクロとなってしまったのが追い打ちをかけた。挙句の果てには、若者の感覚はカタカナ言葉だということで全てカタカナにし、リンって響きいいよねという、ここだけ妙に核心に迫ったアイデアもあり、全てを組み合わせた結果、シンクロの動きを取り入れたシクロアワオドリンが生まれてしまったのである。

反響[編集]

こうして出来たシクロアワオドリンは、残念ながら一般に踊られることはなく、大コケする形となってしまった。せいぜい、商店街の飲み会で宴会ネタとして踊られるぐらいである。そうやって歴史の闇に葬り去られそうな状況に追い込まれたものの、反響は意外なところからやってきた。それは、地元にある徳島文理大学で見つかった新しい環状オリゴ糖の並びと、シクロアワオドリンのポーズの一部が酷似していたのである。そこで、大学はシクロアワオドリンを少しでも知ってもらおうと、この糖にシクロアワオドリンと命名することとしたのである。それに気を良くした商店街の皆さんは、大学側で便宜上つけたシクロアワオドリンαとシクロアワオドリンβという名前を逆輸入し、αとβというシクロアワオドリンの亜種を作ろうと計画しているが、大コケするのが目に見えているので、大学側も含め、反対意見が噴出している。そんなことやっていても阿波踊りの継承者を見つけるまでのタイムミリットはいたずらに減っていくだけである。

関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「シクロアワオドリン」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。