シャープ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

シャープとは日本を代表する軍事機器メーカーである。

概要[編集]

シャープは総合家電メーカーとして広く知られているが、大量破壊兵器を生み出すための研究のカモフラージュのために家電という形で商品を世に送り出している 2016年に経営不振により鴻海精密工業による吸収業務提携が発表された。後述の業務提携の節で述べるが、日台の軍事力を増幅させるためのマッチポンプであると言われている。

歴史[編集]

シャープの創業は1912年に始まった。シャープの創業者早川徳治は「生け捕りにした捕虜を簡単に拘束できる道具を作れば売れる」と考え徳尾錠を開発した。 引っ張る程錠がひっ掛かる、鍵がなくても開閉が自由という理由でヒット商品になった。現在ではベルトのバックルに応用されている。 1925年、国産第1号となる鉱石ラジオの製造に成功した。この技術力が買われ、1941年には早川金属工業株式会社(現 シャープ)陸軍航空本部監督工場となった。この一件以来シャープは軍事産業に傾倒していった。

主な製品[編集]

現在シャープは軍需産業を行っていることは公表されていない。創業者が身体障害者の雇用に努めていた際に、「障害者を雇う会社が障害者を生み出す事業に加担すべきでない」と述べたからである。 創業者の気持ちを推し量ってか、現在は間接的に軍事機器の製造会社に、法人営業を行うという体で技術を提供する形で軍事機器の開発を行っている。

以下はシャープが公表している総合家電及び、軍事機器への応用例について述べる。

Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

ヘルシオシリーズ[編集]

長期戦になると補給の多寡が兵士の士気に影響を与えることは太平洋戦争で露わになった。補給が途絶えても兵糧をその場で確保できるような、調理器具の開発が必要となった。 高温水蒸気で、固い木の枝も牛蒡のように柔らかくするウォーターオーブン、水なしで地に這う虫を煮物の具にできるホットクック、薬草をすりつぶし塗り薬を作れるジュースプレッソ、雑草を美味しく煎じるお茶プレッソ、土をホワホワに炊き込む炊飯器がある。 更にココロエンジンを搭載しており、憔悴しきった兵隊に「欲しがりません、勝つまでは」と話しかけることで士気を増幅させる機能も付けている。

ロボホン[編集]

上記のココロエンジンを取り付けた自立歩行通信機、拠点との通信だけでなく、話しかけることで会話をなすことも出来る、ダンスや歩行も得意であり、内部に爆弾を仕掛けた状態で敵の基地まで歩かせて爆発させるという現代の非対称戦争のニーズに合わせた機能も搭載している。

ネイチャーテクノロジー全般[編集]

動物の良い所を松下真似したことで、性能を高めた家電が多く販売されている。以下模倣による応用例を述べる。

ひよこ陛下を模倣した兵器
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

鴻海精密工業による業務提携[編集]

シャープは2期連続の赤字により、2016年4月に鴻海精密工業の傘下に下ることが決定した。 鴻海精密工業は莫大な生産能力を持ち、シャープの目の付け所を欲していたとのことであるが、[要出典]その中には軍事機器も含まれている。近い将来起こりうる第三次世界大戦にて日台の軍需工業の要となる鴻海精密工業及びシャープからは目が離せない

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第35回執筆コンテストに出品されました。