ショコラ=メイユール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ショコラ=メイユール」の記事を執筆しています。

ショコラ=メイユールは、純粋な心構えであるが粗暴で繊細な面を持つエキセントリックな魔法使いである。『シュガシュガルーン』の主役である。メイユールとはフランス語で「より良い」という意味であるが、魔界なのにどうしてフランス人がいるのかは不明である。近々魔法使いの基本レイアウトを復活させたことでも知られる。ショコラとは食べ物の名前である。原作とアニメではたどる末路が真逆になっている。人間界では加藤ショコラと名乗っている。

人物[編集]

賑やかで活気。バニラとは正反対で女王候補生に選ばれる。王族ではなく民間人の出身であるために粗暴であり乱暴な行為をものともしないがバニラとは四つん這いの頃からの友達だ。バニラと違って活気であるため落ち着きがない。ちなみにに跨って飛ぶという本来あるべき魔女の姿を出すものの実は箒無しでも空を飛べる。曲げられた三角帽にローブとスティックという姿はかつて存在した魔法使いのレイアウトを再現させたに等しい。というのも前年度に放送された魔法少女リリカルなのはの影響で魔法使いのイメージが極端に薄れてしまったのだから。魔女の宅急便を見た世代からすれば嬉しい配慮といえよう。バニラとは反対に2005年当時の2ちゃんねらーから大喝采を受ける。バニラとは逆に無慈悲な計算をせずにハートを手にしていくからだった。

アニメでは大人の事情で主役らしい結末を迎えております。だけど原作では(以下省略)。

実力[編集]

スポーツや物理学に特化しており女王候補生としても目標を第一に努力する。元々、先代が女王の候補生から外れたためショコラからすれば努力する点と言えよう。怒濤の戦法を駆使しぬこ(アニメのみ)に化け、若作りしたりメンバーズと手を組むなどバニラより徹底した勝利への執着を見いだしている。だけど都合のいいようには行かないのかいずれも頓挫しバニラに先を越される傾向にあるのが非常に手痛い。シュヴァリエとしてソールとウーを従えている。ちなみに生姜を引っこ抜いて相手に投げつける事を得意とする。

魔法[編集]

本来必要とされる魔法使い以上に魔法の使用数がかなり多い。実際にに化けたり人を瞬間移動させるなど通常の3倍に等しい実力を有する。だけど日頃の欠落部分が災いしてかハートを都合良く手にする機会は少ない。一度、もてもてバレットを使った際は推定100人のハートを鹵獲する業績を持ったが人はハートを持って行かれるほど衰退していくことになっているので案の定長続きしなかった。それ以前に魔法のアイテムを手にする際に用いる魔界通販ブック(言わば通信販売)を10歳の子供に使わせること自体無理な相談だったので選んだのと違う品物が来て大騒ぎになることもあった。

繋がりを持つ人物[編集]

  • バニラ=ミュー(友達だ)
  • ウー(騎士(シュバリエ)である)
  • ピエール(実は昔顔を合わせたことがあった)
  • ソール(騎士(シュバリエ)である)
  • ロビン(教官ポジション)
  • ココナッツ(3度ほど顔を合わせている)

元ネタ[編集]

言わばガトーショコラという洋菓子である。メイユールはより良いという意味であるため日本語に変換すると「より良いガトーショコラ」ということになる。ある意味バレンタインデー向けのヒロインみたいだがそんなことはない。本当だとすると大きなお友達にとってはいい気分になれない。

中の人[編集]

演じた声優は松本まりかであるが非常に希少な声優であるため声優界では空気の代名詞である。2011年現在もほとんど活動しておらずつい最近までイギリスに渡航していたほど。できればもっと活躍して欲しいが都合のいいように熟練声優に番が回るためほとんど存在感すら押し返される日々。正に辛辣。仲間として同じく影が薄いのは最近特撮に寄っている田村ゆかり玄田哲章がいる。

関連項目[編集]