シリコンバレー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シリコンバレー」の項目を執筆しています。
シリコンバレーで戯れる選手たち

シリコンバレー (Silicon Volleyball) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの浜辺で盛んな、巨乳の女性達によって行われるビーチバレーである。

概要[編集]

「乳バレー」「おっぱいバレー」「エロバレー」とも呼ばれる。「エクストリーム・ビーチバレー」と呼ばれることもあるが、エクストリームスポーツではない。

プレイヤーは女性で、水着(主にビキニ)を着用して競技が行われる。

シリコンバレーは1920年代はじめ、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされる。当時の地元の女性達は身体的特徴として多くが貧乳であったため、競技中にポロリが発生しても男性達は誰も興奮せず、観客もあまり集まらなかった。このことを屈辱に感じた当時の女性達は、胸にシリコンを注入して巨乳となることで、男性客を集めることに成功した。その後、シリコンバレーは人気スポーツとなり、アメリカ西海岸を中心に世界に普及した。

競技概要[編集]

基本ルールはビーチバレーと同じであるが、下記の点が異なる。

服装[編集]

参加資格[編集]

次の2つが覆すことのできない絶対条件となる。

  • 女性であること
  • バストサイズDカップ以上
    • シリコンを注入したバストであっても問題ない。むしろそれがシリコンバレーの原点である。
    • バストサイズがCカップ以下の者は胸パッドを着用する。その際は肉質のある胸パッドが好まれる。このような偽装行為の類は普通のスポーツでは好まれないが、ごまかしの精神はシリコンバレーシップの1つである。
    • バストサイズがCカップの者でも、「寄せて上げるブラジャー」を用いて胸のバレー(バレー=谷)を作ってDカップ以上に見せかけることができれば、参加することができる。

有名選手[編集]

かすみ
シリコンバレー界の女王。女王たる所以は、彼女の乳がシリコン入りだからである。勝負水着はかすみちゃんブルーと呼ばれる青色の水着。
あやね
レイファン(Lei-Fang)
中国出身のシリコンバレープレイヤー。彼女の乳はDカップに満たないが、エキシビジョンやプライベートでは胸パッドを着用しておらず、貧乳教徒の間で人気が高い。
ヒトミ
ティナ・アームストロング(Tina Armstrong)
エレナ(Helena)
クリスティ(Christie)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

Xboxでのゲーム化[編集]

この乳が揺れる! このサイズのGIFアニメじゃ再現できない! ぜひ本製品をじかにその目で!

2003年、TVゲームソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme Silicon Volleyball』がプラットフォームXboxで発売された。これは、揺れるオッパイの質感と弾力性を表現することが、XBoxの高スペックの格好の宣伝材料になるとマイクロソフト社が判断したためである。オッパイ揺れ処理のために専用の物理演算エンジンOPaiXテクモと共同開発され、それを使ってオッパイの揺れが表現された。2002年、アメリカ最大のゲーム展示会「E3」で公開された映像では、そのあまりに完成度の高いオッパイの揺れに会場からは驚きと賞賛の声が上がった。

2006年には、続編である『DEAD OR ALIVE Xtreme Silicon 2』がプラットフォームXbox 360で発売された。そのオッパイの揺れはもはや完成の域に達しており、さらにXbox 360の最大のウリであるフルHDの高解像度で余すことなく美麗なオッパイを堪能できる。2006年の「E3」の会場では、スタンディングオベーションが一時間経っても納まらなかった。ファンの間では、XBox360の次世代機で予定されている立体映像システムを搭載した作品が現れるまで、これを超える作品は現れないだろうとされている。

関連項目[編集]