シール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

シールとは、日本の社会通念上では糊や粘着材が付着した紙きれ。大抵の場合、紙に意味や秘密があり、時として集められたり、詐欺事件が発生したり、人が死んだりすることもある。 物のデコレーションや収集、表示などの用途に使われる。

弁当やパンに貼られるシール[編集]

時としてコンビニ食料品やパン、缶コーヒーにシールが貼られることがある。点数がついていることがあり、一定の点数で『天才バカボン』や『トイレット博士』などの漫画キャラクターがプリントされたマグカップや皿がもらえる。職場によっては点数欲しさに昼休みはこれらのシールを男性社員から奪取に回るシールクレクレOLも存在する。時にはシールがきっかけでいわゆる男女の仲(不倫関係)になったり、人が死んだりすることもある。 同じ点数製でも、集めて応募する懸賞型のシールも存在する。一部缶コーヒーなどではほぼ毎日飲みつづけなければ点数が集まらない無謀な点数設定も存在し、かつ、集めて応募できたとして、まず当たらない。 工場出荷過程で従業員がシール自体を搾取し、インターネットオークションなどで出品、現金化し数億円を稼ぐこともある。 まれにペットボトルに貼られる事もある。多くのシールが二重構造になっており、さらに大抵の場合意地悪く剥がしにくいように出来ている。

スーパー食料品に貼られるシール[編集]

スーパーマーケットの食料品では、食料品の時間経過などから割引シールが貼られる場合がある。前日以前に購入した商品や別の陳列商品からシールをはがして店で張り替えたりする主婦が存在し、あらかじめ切れ目が入っており、はがすとバラバラになりやすいシールも実用化されているが、テレビ番組『伊藤家の食卓』にて『割引シールをバラバラにならないようキレイに剥がすウラワザ』が紹介されるなど、いたちごっこ状態である。

菓子類のおまけとして付属するシール[編集]

『チョコベー』、『ハリハリ仮面』、『ビックリマン』など、菓子類のおまけにシールが付属する場合がある。特に『ビックリマン』では、『パパのワイシャツに口紅』といったいたずら心満載のビックリアイディアがヒット、ニセモノまで登場する大ブームとなった。しかし、『500円札』シールが貨幣偽造と判断され、当時ロッテの監督だった金田正一が逮捕されている。以降は変な漫画キャラに差し替えられたシールとなり、ブームは終焉した。

シール写真(プリクラ)[編集]

プリクラとは、

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

パチンコ機に貼られるシール[編集]

近年のデジパチ機では表面通常確率に見えて内部は確率変動という機種がまれに存在し、それを示すデジタルをシールで隠す場合がある。客が判別できないため、『確率変動かもしれない』とお金を使いつづけるためこのシールで飛躍的に売上げを伸ばしたホールもある。

携帯電話に貼られるシール[編集]

近年の携帯電話の液晶表示器はTN等、視野角を広げる技術が取り入れられているが、時代に逆行するかのようにわざわざ表示器に視野角を狭めるシールを貼り、グレードを下げる場合がある。この不可思議なシールの意味は、一説には巨悪なシンジケートによる極秘情報

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

シールをテーマとした漫画・アニメ[編集]

  • 風のシールフィード』(週刊少年マガジン) 主人公が馬に乗りながらシールをあちこちに貼りまくる。
  • ふたりはプリクラ』(朝日放送系) 主人公が30分間、プリクラをとりまくるだけ。