ジェフ・ウィリアムス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『デッドボールを避けたと思ったらそれはド真ん中のストライクだった』
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった…
クロスファイアだとかスライダーだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… 」
ジェフ・ウィリアムスの魔球 について、ウィリアムスに打ち取られた打者たち

ジェフリー・フランシス・ウィリアムス Jeffrey Francis Williams 1972年6月6日 - )とは、阪神タイガースに所属していたオーストラリア出身の元プロ野球選手。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジェフ・ウィリアムス」の項目を執筆しています。

概要[編集]

2003年入団からソロ活動を続けるが2005年にアイドルユニットJFKを結成。

2008年までJFKのリーダー兼ベース担当として活躍。2009年に退団、2011年にプロ野球選手を引退。

入団からJFK結成まで[編集]

2003年[編集]

潰れるまで酷使されるとは思いもよらずタイガースに入団すると左のサイドスローから繰り出される魔球を駆使して高い奪三振率、低い防御率でクローザーに抜擢されるとダメ虎の18年ぶりの優勝に貢献してしまい日本シリーズでは登板する気配だけで世界のホームラン王をびびらせる。が結局ダイエーに負ける。

2004年[編集]

オリンピックにて反捕鯨国の代表選手として出場し日本代表を完全に黙らせる。しかしそれで気力を使い果たしたのか、はたまたダブルストッパーの相方安藤優也が足を引っ張ったのか防御率が悪化し、不本意な成績に終わる。

だがユニットを組む運命になる2人とは既に出あっていたのだ・・・

JFK結成[編集]

2005年[編集]

事務所オーナーだったどんでんの指令により昨年から頭角を現し始めたFKとユニットを組むと変人物理学者が喜びそうな現象が起きた。もしも現場にいたなら手も足も出ずに三振するバッターをしり目に「実に面白い」といいながら落書きを始めた事であろう。そして並いる敵バッターを斬り伏せながら北海道から福岡までの全国ライブを敢行。

いい流れで前座からJFKにライブが移ると誰にも止められず9割方そのままの展開でライブが終了するほど盛り上がった。ついにはライブ回数がJが75回、Fが80回、Kが68回と全日程の半分近くをこなし、そのあまりの人気で前座で一番うけたで賞を受賞した前座の下柳剛が規定された回数のパフォーマンスを行えないという珍事件が起きた。

そしてセリーグを当然のごとく優勝、最強のユニットを持つ阪神は日本一にも死角はないと思われた。だが日本シリーズで致命的な欠点が暴かれる事になってしまう。前座が役目を果たせないとライブを始められないのだ。結局前座を駄菓子屋さんに崩されて黒歴史を作る事になる。

2006年[編集]

去年の事は忘れ今年こそはと意気込むがKが自分の子供をかばう時に右手を負傷。「おいおい、しっかりしてくれよ・・・」と言いたくなるが言えない事情があった。自分もキャンプ中に左足を故障して手術を受けていたのだ。しかし出遅れたにもかかわらず47回もソロライブを開催し結果も上々だった。更にシーズン終了後にはメジャーリーグからの入団オファーが来たが阪神に残留し猛虎魂を見せつける結果となった。

2007年~[編集]

60回のライブで過去最高のパフォーマンスを見せ来シーズンにも期待がかかったがあまりに続く酷使、そして年齢による衰えにより2008年のパフォーマンスは期待にこたえられるものではなかった。2009年には肩を故障し帰国、オフに退団が発表され、JFKも実質解散した。

その後もリハビリに励むが再度肩を故障、復帰を断念し2011年に引退を正式発表した。 その後2011年3月2日にタイガースの駐米スカウトとして契約。

魔球[編集]

クロスファイアからの大きく曲がるスライダーで見事なライブパフォーマンスを見せる。
と見せかけて藤川球児と同じで実は魔法使い。物理的にありえないほど曲がると思ったら魔法使いだったパターンの奴。

無論、魔球を投げられては打者は手も足も出ずボール球を振り、ストライクを避ける有様。大抵の打者はカモだった。

その上魔法使いの存在がばれないようにちょくちょく投げる直球もMAX156km/hも出るのでまさにお手上げ。

しかもウィリアムスが出るとほぼ確実に次はウィリアムス以上の魔法使いトルネード豪速球野郎が出てきて球場がJFKのライブ会場と化すのでこいつが出てくるとご臨終です。

勝ちたかったら前座を崩せ。それを徹底して実行されるたのが前述の黒歴史

だが空気の読めない豚は無意識のうちにリフレクを使って打てるようになり天敵となった。

そういったところが空気の読めない豚の空気が読めない豚たる所以。無意識でも空気を読まないのだからすさまじい。

魔法使いとして[編集]

魔法使いへの道[編集]

メジャーの3Aの日常的情景。3Aであって1軍でないのがミソ。日本の20勝投手といえどもこの魔窟の中では手も足も出ない。ウィリアムスも魔球を使ったのに上級の悪魔は抑えれなかった。

幼いころから野球を始めたウィリアムスは恩師に教わった魔球を投げ続けているとドジャースにドラフト外での入団が決まった。
嘘みたいな話である。嘘かもしれない。

魔球を投げられるのにドラフト外入団。他にも魔将が3Aに所属、解雇されるなどメジャーの魔窟ぶりの片鱗をうかがい知ることができる。

魔球の投げ方[編集]

ウィリアムスの魔球といえば前述した通りありえないほど曲がるスライダーっぽいものである(無論、本当は魔球)。

藤川球児とは異なりチームメイトにも自らが魔法使いであることを明かしていなかったため投げ方はほぼ分からない。

退団した後も多数残された動画を元に魔法使いであることを見破った研究チームが鋭意研究中だが本人が引退したため恐らく今後も真相が解明される事はないだろう。

MP最大量を増やし魔法の効果を飛躍的に増幅させる禁断のポーションを飲んでいる疑いについては後述する。

そして伝道師へ[編集]

2009年に退団した後、オーストラリアへ戻ると恩師の元で伝道師の資格を取るためのリハビリと称した修行を開始した。
そして2011年3月2日に恩師から伝道師の資格を認められるとタイガースの駐米スカウトとして就任。
今後はタイガースに新たな魔法使いを紹介する役に回る事が決定した。

性格[編集]

ユニットのリーダーだけあって温厚な性格。猛虎魂に溢れチームの事を考える助っ人の鏡のような選手。あんな奴こんな奴らの様な逆十傑とは雲泥の差。
成績、性格共にランディ・バースと並べて阪神外国人十傑に入れても惜しくない。

ポーション問題[編集]

禁断のポーションの取引に関与したとして名前が挙がったが3回のチェックでは全て陰性。ようするに真実は闇の中。

実はここにその取引の重要な証拠があるんだが・・・おや、誰か来たみたいだな。

・・・ちょ、やめっ。何すんだ。あ!お前は検閲により削除!!おい、降ろせ、降ろせってんだろ・・・

"I DON'T TAKE STEROIDS"Tシャツ、絶賛発売中。