ジェンダーフリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジェンダーフリー」の項目を執筆しています。

ジェンダーフリーとは、女性を隷属させようという男性の邪な欲望によって侵された女性の人権を回復し、男女平等を実現しようとする社会運動のこと。

概要[編集]

ジェンダーフリーとは、人類をアダムとイブが禁断の果実を口にする以前の状態に戻し、楽園(エデン)への帰還を試みる壮大な計画の通称である。正式名称を愚者の果実計画(フール・ブロッサム・プロジェクト)という。2000年代の日本において、赤の組織などによって計画された。

愛の神エロスによって定められた人類の運命(セックス)の一部を切り離し、人類が自己決定した運命(ジェンダー)と名付けることで人々は神の支配から逃れようとした。

ジェンダーフリーの実例[編集]

文字に関する差別[編集]

古代の日本では、男性は漢字を、女性は平仮名片仮名を使うことが強要されていた。漢字は真名」(まなとも呼ばれ、それは「真の文字」を意味した。一方、女性が使う文字の方は、文字通り「仮の文字」を意味していた。この呼び名からも、女性が古代からあらゆる面で男性からの差別を受けてきたということが分かるであろう。このような差別に対抗するために、紫式部清少納言によって優れた文学が生まれ、仮名文字への偏見は次第に無くなっていった。

また、媚び・奴婢・奴隷・嫉妬といった悪いイメージの言葉に「女」という文字が入っているのも、差別の一例である。このような文字は、女性の権利を蔑ろにしていた封建時代の遺物であり、ジェンダーフリー概念の広がりとともに使われなくなってゆくだろう。

自己決定に対する差別[編集]

男性が「女性はこうあるべきだ」という偏屈した価値観を女性に強要することによって、本来なら憲法が保障しているはずの女性の職業選択の自由が侵害されている。例えば、今日でもなお、女性がプロ野球選手関取天皇などの職業に就くことは禁止されている。このような馬鹿げた制度に異議を唱えるために弁護士に相談しようとしても無駄である。文字通り、弁護「士」の大部分が男性だからである。

職業選択以外にも、女性の自由な行動選択が阻害されるケースは多い。女性の服装は古来から赤色、もしくはピンク色と決められているし、女子中高生に対してはスカートの着用が義務付けられている。さらに問題なのは、女性が紅白歌合戦の白組で歌いたいと願っても、紅組で歌うことを強要されるということである。しかし近年、和田アキ子が白組代表として紅白に出場したこともあるので、これを期に状況が幾分かは改善されてゆく事だろう。

サブカルチャーに関する差別[編集]

日本では、オタクと呼ばれる男性が自らの性的な欲望を満たすための手段として、アニメマンガ産業が発達していった。その中に登場する女性は、ツンデレとか貧乳といった、過度に記号化された特徴によって構成されており、常に男性キャラ(と現実のオタク達)を慰撫する性役割を持つ存在として描かれている。近年では、いわゆる「暴力ヒロイン」が増え、アニメの世界での「女尊男卑」が進んだ、などという愚かしい主張を展開する若者も見受けられるが、それは明らかに間違っている。なぜなら彼らは、自らが女性キャラクターに対して向けている淫らな視線を棚に上げて、女性側の欠点ばかりを重箱の隅を突くように指摘しているからである。

このような傾向に対しては、今後、何らかの表現規制が必要となるであろう。現に、アグネス・チャン氏などが中心となって児童ポルノ規制の動きが進められている。

夫婦生活に関する差別[編集]

未だに「家事は女性がするもの」という偏見を抱く保守的な男性が多いという事実も極めて深刻である。卵一つすらまともに割れないような頑固親父が未だに存在しているのだ。こういった連中は、共働き世帯の増加などによって今後絶滅してゆく事だろう。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

批判[編集]

上記のようなジェンダーフリー運動に対して、女性の社会進出を快く思わない復古主義的な男性達から「行き過ぎだ」との批判がある。しかし、そのような批判は、女性に対する無知と偏屈した差別意識から来るものであり、極めて程度の低い噴飯ものの主張であると言わざるを得ない。

関連項目[編集]