ジオと黄金と禁じられた魔法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「オラでも描けるぞ…」
ジオと黄金と禁じられた魔法 について、野原しんのすけ
「俺の邪気眼が共鳴している……!」
ジオと黄金と禁じられた魔法 について、中二病患者
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジオと黄金と禁じられた魔法」の項目を執筆しています。

ジオと黄金と禁じられた魔法 (- おうごん - きん - まほう) は、2009年から週刊少年サンデーに間違って掲載されている中学生黒歴史ノートに描かれていた漫画。略称は『禁た魔』。作者は桐幡歩。

初掲載日の悲劇[編集]

満天下に晒された第一話の扉絵。後方の撫で肩男や主人公の左腕の短さなどが目に付くが、中学生が描いたのだからしかたがない。むしろ、中学生としてはよく描けている。

その日、少年サンデー系の雑誌で読み切り掲載を続けていた桐幡歩は、自身初となる本格新連載が掲載されたサンデーを買いに意気揚々コンビニに出かけた。しかしそこで、桐幡は驚愕の光景を目の当たりとする。なんとそこには、自身が中学生のときに描いた恥ずかしい黒歴史大作ファンタジー『ジオと黄金と禁じられた魔法』が堂々と掲載されていたのだ。

この漫画は典型的な厨二ファンタジー漫画であり、絵は稚拙、ストーリは幼稚、構成は未熟だった。大三元でロンである。コンビニでサンデーを手に震える桐幡の姿はまさに『桐幡とサンデーと禁じられた漫画』であった。

桐幡はすぐにサンデー編集部に問い合わせた。この漫画が掲載された理由はお粗末なもので、桐幡が処分しようとして机の上に置いていた漫画をアシスタントが間違えて編集部に郵送してしまったということだった。桐幡は顔を真っ赤にして全力で「お詫びと訂正」の掲載を申し出たが、サンデー編集部は「やってしまったものはしかたない、今更こんなお粗末な失態を公表できない」として突っぱねた(関係者のリークにより当情報は明るみとなったが)。こうして二話目以降もこの漫画の掲載が続けられ、桐幡の黒歴史が満天下に晒され続けることとなった。

桐幡歩の名誉のために[編集]

多くの読者が「桐幡歩はいい歳してひどい厨二ファンタジーを描く」と思っているだろうから、桐幡の名誉のためにこの場を借りて誤解を解いておく。上述の通り、この作品は、桐幡が中学生のときに描いたものである。であるから、絵が下手だとか、鉛筆で書いてんのかとか、色鉛筆で塗ってんのとか、体形がすごい三角形や長方形だとか、体形が横から見たらボーリングのピンみたいとか、デッサンが狂ってるとか、背景をほとんど描いてないとか、コマ割が悪いとか、読んでるほうが恥ずかしいとか、人名がすごい変だとか、呪文の語感がありえないとか、そもそもタイトルからして語呂が悪いとか、禁呪とか安直過ぎるとか、サザーイアリエナス長方形でいいとか、言ってはならない。もちろん現在の桐幡は素晴らしい作品を書くはずである。でなければ週刊少年サンデーにおいて連載枠を勝ち取れるはずがないからだ。きっとそうだ。


spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ヒトラーがユダヤ人である事を記した文書はカウフマンに確保されるものの既にヒトラーは死んでいたことや、暁の黒幕はトビことうちはマダラである、と思わせておいて実は死んだと思われていたうちはオビトであることや、神楽坂明日菜は黄昏の姫巫女であることや、結崎ひよのは鳴海清隆が鳴海歩に絶望を与えるために用意した最後の切り札であることや、鷲津が事切れたのを見て赤木しげるが自分から投了してしまうことや、十二支の呪いは放っといたってそのうち解けることや、サザエさん一家は福岡から上京してきたことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ジオ・レヒュタス
主人公。通称▲(三角形)。炎の禁呪と氷の禁呪をその身に宿す あと触手魔法も使えるらしいよ。
「人を傷つけたり、騙したり……どうして魔法をそんな事に使うんだ!」
と言っておきながら全面的に戦争に協力する つまりはそんな人
サザーイアリエナス・バーロー・オルテガ・レダイアホス 
「サザーイアリエナス…長方形でいい」
「俺、死なないっぽいんだよね」
「鍵っつっても具体的なモノか抽象的なモノか今一つ分からねぇんだけど」
 
つまりはそんな人
リィン・ヒポポタマス 
ようじょ つおい
変体仮面(ギン・ヒポポタマス)
ようじょの父親(かもしれない) ブラックホールと電撃とテレパシーが得意

三賢者[編集]

レイガウラ・レヒュタス
第一話から名前を間違えられた人 三賢者の一人
シリアナー・ベルセーシュ(シェリアノー・ベルセーシュ)
三賢者。軟体生物


人間じゃない者[編集]

魚人
リィンが召喚した異界の者 横から見ると馬人間
アザート
アリエナスに不死の体を与えた 黒かったり白かったりする鳥

用語[編集]

ジオ
本作の主人公である。
黄金
本作のタイトルにもなっている欠かせない重要な存在。毎話、必ず出てくる。
禁じられた魔法
危険すぎて習得・使用を禁じられた魔法。禁呪。第一話でジオは早くも2つをマスターする。
バオファオー
1. サバンナ辺りに生息する水牛。
2. Gio 02.png
 
杖のみんたいなもん
サーフボード型の乗り物。魔法で動く。自動車のように駐車させるのがマナー。「杖みたいなもの」と言う意味ではなくれっきとした商品名。
椅子
国王と同化している椅子 アリエナスの父親

関連項目[編集]

外部リンク[編集]