ジャパリパーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ジャパリパークとは、アメリカ合衆国アリゾナ州オラクルに建設された、巨大な密閉空間の中の人工生態系である。名称は『ドクター・ジャパリの楽園』の意味であり、建設の目的は絶滅動物の動物行動学的性質と遺伝子の保存と、ヒトの認知について研究することであった。共通言語は日本語である。

施設概要[編集]

これがサンドスタ―

ジャパリパークはアリゾナ州の巨大なドーム空間に、熱帯雨林、、湿地帯、サバンナなどの環境を世界各地から持ち込んだ昆虫・植物で再現している。日光によって空気が膨張し気圧が変化するのを防ぐために、巨大な気圧調整室が設けられた。建物の面積は2万平方キロメートル(アリゾナ州の3分の2を覆うほどの広さ)で、最高部の高さは約1000メートルあり、これまでに建設されたこの種の施設として最大のものである。 さばんなちほー、じゃんぐるちほー、などのいくつかの「ちほー」と呼ばれる区画にわかれていて、パーク全域に散布されたマイクロマシン「サンドスター」によって、ちほーごとに温度・湿度などが完全にコントロールされている。また、その区域ごとに、さまざまなフレンズ達が生息している。

ジャパリバスというバスが用意されており、移動にはすごく便利である。しかし、一部の環境ではタイヤがスリップしたりする危険があるため、頼りすぎには注意したい。

通貨[編集]

過去にはジャパリコインと呼ばれる通貨が使われており、いくつかのアトラクションを行き来する際には必須のアイテムとなっていた。しかし、フレンズ達との経済格差を無くすために廃止され、今では遺跡の奥などでしか見つからない超プレミアムなお宝となっている。 現在、ジャパリコインは一つ1620円ほどで取引が行われている。

火山[編集]

ジャパリパークには火山があり、ここからサンドスターが放出されている。火山活動はまだ盛んに行われているが、サンドスターは生物に当たることはほぼないため、火口をのぞくすることができる。火口では、上から通れないバリアが貼られており、中に入ることができない。そのため、あまり研究は行われていない。

環境整備[編集]

環境をほったらかしにしてしまうと、どんどん建物や環境は変化してしまう。そうならないように、ラッキービーストと呼ばれる複数のロボットが手入れをしている。

ラッキービースト[編集]

ラッキービーストの仕事としては、フレンズたちの健康確認、環境整備、での食料確保、見学者へのガイドなどである。なお、フレンズたちとの接触は特別な状況を除いて許可されていないため、フレンズたちとラッキービーストが話すことはほぼない。

  • フレンズたちの健康確認
フレンズたちは基本的にサンドスターの力により、怪我が起こりにくい頑丈な作りになっている。それでも、好きなアイドルを見て気絶したり、後述するセルリアンに弱らされたり、などの理由で命に危機が及ぶこともある。そのような時に様子を見守るのが彼らの仕事の一つである。
  • 見学者へのガイド
彼らはガイドとしての一面も持っており、見学者が居た場合、その人間たちにつき添い、フレンズたちや環境についての特徴を説明するのである。ラッキービーストにはフレンズたちの情報が組み込まれているため、見学者に有益な情報を提供したり、フレンズの不都合な真実を話してフレンズを怒らせることができる。

フレンズ[編集]

「Friends」という英単語をカタカナ語で表現した言葉である。

ヒトの身体をベースに、遺伝子工学技術とマイクロマシン技術によって、けものの遺伝子と動物行動学的性質を与えたものである。 日本語を話すことができる。また、わずかな英語を話しているのも確認されているが、それ以外の言語については確認されていない。

詳細[編集]

けものとしての能力の大半は、外皮(ねこみみや服のように見えるもの)によって実現されている。 外皮は、けものの細胞をベースに人工的に培養・成長させた組織である。毛皮とヒトの皮膚はマイクロマシンによって結合されているため、容易に脱ぎ着することはできない。 たいていのフレンズたちは、人間に通常見られる認知能力(ハンドルを掴んで回す、蓋を開けて中身を取り出す)などが欠落しているように見える。それは、大脳新皮質の半分以上を外皮の制御に割り当てているためである。 また、フレンズ達は穏やかな性格で、ヒトにはもちろん、フレンズ達同士でも反抗することはあまりない。

フレンズは、メスしか確認されておらず、オスは見つかっていない。そのため、通常の繁殖活動はできず、別の方法で生まれていると考えられる。一説には、サンドスターが元の動物のDNAにぶつかって生まれるとされているが、その瞬間がほとんど確認できない(10秒ほどで誕生してしまう)ため、解明には至っていない。

具体例として、ここでは、二人のフレンズを紹介する。

サーバル(フレンズ)[編集]

サーバルキャットが元にされて誕生したフレンズであり、「さばんなちほー」にて誕生した。大きな耳があり、遠くの音を聞くことができる。人間の耳と思われるものもついている。しかし、詳細は不明。爪がするどく、遺跡を破壊したり、後述するセルリアンを倒したりすることができる。 また、ジャンプ力や耐久力を持っており、一度のジャンプで数メートルも飛べる。高い山から地面まで落ちたりしても、傷ひとつ受けない。それどころか、大きな圧力が身体にかかっても同じジャンプができるという驚異的な力を持っている。 しかし、ハンドルを手で叩いて回す、プラスチックのケースに気づかない、などの人間との相違点もある。

髪の毛と思われるところに「カモメのようなM」のマークがついているが、この髪の毛と思われるものが伸びていくと必然的にマークは崩れてしまうと考えられる。そのため、このマークは誰かに書き足されたものと考えられる。

ツチノコ(フレンズ)[編集]

ツチノコが元にされて誕生したフレンズである。誕生地は不明だが、地下の誰も知らない遺跡にて生息が確認された。性別はメスだが、性格はどちらかというとオスの方に近く、やや口調が荒めである。耳は見つからないが、問題なく音を聞き分けている。また、冷え性なのか手は服のポケットによく収納されており、ほとんど使われることが無い。さらに人間との相違点としてピット器官と呼ばれるものがあり、赤外線を見極めることができる。しかし、肝心のピット器官の位置は不明である。

このフレンズはサーバル(フレンズ)と互いに絶叫しあうほどの仲であるが、このフレンズはその事実を認めていない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

種類[編集]

種類は80人(80匹)が少なくとも確認されている。しかし、この種類はあまりにも少ないため、この分野に関しての研究が求められている。 また、この中には、絶滅したと思われる動物もフレンズとして存在することが分かっている。

食事[編集]

この地域にて確認されている食事。

ジャパリまん[編集]

ジャパリまん

ジャパリパークで親しまれている饅頭である。色のバリエーションが多いが、味は全く分かっていない。 これはフレンズたちの唯一の栄養源とされている。しかし、このジャパリまんはどこからどのように供給されているのかはまだよくわかっていない。 現在、セルリアンたちが「回収」したフレンズのタンパク質をプラントで再処理し、ジャパリまんを製造しているという説が有力であるが、真相はまだはっきりしていない。

過去、食べるにはジャパリコインが必要だったが、今はジャパリコインが廃止され、無料で食べられるようになった。

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土 (食材)」の項目を執筆しています。

アクシスジカ(フレンズ)が食べていた土。アクシスジカ曰く、塩分がどーとかで体に良いらしい。余談であるが、信用できない百科事典でも体に良いとされている。

料理[編集]

ラッキービーストの畑から無断でちょいしてきた材料を刻んで鍋に入れて火で煮たものを蒸した米の上にのせた食べ物。レシピではカレーとされているが、カレー粉が入っていないためカレーとは言えない。結局、料理の名前は不明である。

DHMO[編集]

いくつかの地点にあり、水が溜まっている。透き通るような綺麗な水であり、そのまま飲むことができる。危険なようだが、一度も感染症は確認されていない。

紅茶[編集]

アルパカ・スリによって大量生産されている液体。じっくり加熱されているため、独特な香りは無くなり、紅茶のような色をしている。トキが服用した際、声の変化があったことから部分麻酔の効果があるとされている。

セルリアン[編集]

セルリアンという名称は、「鮮やかな青」を意味する。その名の通り、青い体躯をもつ。突然変異で赤や黒のセルリアンが誕生することもあるが、内容の違いはない。 地面から数センチ〜数十センチ浮遊して移動する。また、大きなものではワニ口クリップのような触手で体を支えることもある。 サンドスターとは別のマイクロマシンの集合体と考えられる。 セルリアンは、フレンズたちのエネルギーや細胞を吸収してしまい、フレンズ達を弱らせてしまう。さらに、それが引き金となり、死に至らせてしまうこともある。そのため、フレンズ達にはセルリアンは恐怖の存在として、恐れられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャパリパーク」の項目を執筆しています。
このジャパリパークを題材として作られた3Dアニメである。2017年3月ごろにブームが起こり、数々の社会現象を引き起こした。
銅
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2017年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
歴代の銅賞受賞記事を探す


Mona Lisa Serval.jpg あなた「ジャパリパーク」の書きかけ記事を編集するがあんまりすきじゃないけものなんだね。へーきへーき、フレンズによって得意なこと違うから。
…ってあれー!?誰も来ないよー!? (Portal:スタブ)