ジャンクション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャンクション (道路)」の項目を執筆しています。

ジャンクション(英略:JCT)とは、複数の道路立体交差させる場合における、とても複雑な構造のことである。土木工学分野の中で最も美しい構造物である。主に高速道路の場合に利用される。一般道路でも、東京ディズニーランド近辺は、TDRが建設費用を出したので存在する。これに対抗して、USJ阪神高速道路を誘致した。

概要[編集]

道路が平面で交差していると、自動車が衝突する交通事故が発生しやすくなり危険である。立体交差によってこれを回避する。そのときに、道路同士を連絡する為の連絡道路(ランプと呼ぶ。語源は後述)を多数建設する。ランプの組合せで、複雑な形状を持つ巨大建設物になったものを、ジャンクションと呼ぶ。

かつては高速道路の延長が短かったので、ジャンクションの数が少なかった。「珍しいものには自然とマニアが群がってくる」という珍獣の法則で、ジャンクションは信仰対象となった。近年では、ジャンクションの数が急速に増加したので、それほど珍しい存在ではなくなっている。

かつて、首都高速道路ではインターチェンジと呼ばれてたりして、名前すら統一されていなかった。高速道路の急速な延伸に伴い「用語の齟齬の放置はまずい」としてようやく統一された。

主なジャンクションの形状[編集]

クローバー型[編集]

最も古いジャンクションの形状。凄く広い面積を必要とする。 四葉クローバーと同じ形なので、通過車両に幸運をもたらすと考えられていた。

幸運→「アラジンの魔法のランプ」、という安直な連想から、連絡道路のことをランプと呼ぶようになった。

しかし実際に運用してみると、幸運どころか全く違い、交通事故が多発した。この理由は、幸運量保存の原則による。つまり、幸運になる車両があれば、同じ数だけ不幸になる車両が発生するのである。

クローバーの部分で本線に戻ることが出来ず、ぐるぐると無限ループに陥る車両も発生した。 渋滞の名所でもある。こういった理由から、近年ではあまり採用されていない。

ダイヤモンド型[編集]

ダイヤモンドという値段の高そうな名前に反して、建設費用は安い。通過するときに「ダイヤモンドだね~♪」と歌わないといけない。

トランペット型[編集]

カーブの形状が急で危険なので、警告するため通過するときにトランペットの音が鳴る。色々組み合わせて複合させたり交配させたり合体させたり出来るので、色んなパターンが存在する。

タービン型、Y型[編集]

見たままの名称なので、書くことがありません。

著名な日本のジャンクション[編集]

以下の項目では、から順に並べる。

郡山ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「郡山ジャンクション」の項目を執筆しています。
東北自動車道磐越自動車道
ダブルトランペット型。滅茶苦茶複雑で迷う人が多発したので、カラー舗装した。その結果かえって迷う人が増えた。ザ・ブラックオニキスのカラー迷路の呪いである。時々、カラーひよこ陛下が出現するという都市伝説がある。

更埴ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「更埴ジャンクション」の項目を執筆しています。
上信越自動車道長野自動車道
上信越道の下り車線から上越方面に入るとき、おそるべき魔のカーブが存在する。実際に事故も発生した。

三郷ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三郷ジャンクション」の項目を執筆しています。
首都高6号線/外環自動車道
タービン型。凄く巨大である。三郷市の面積のほとんどは、このジャンクションである。

美女木ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美女木ジャンクション」の項目を執筆しています。
首都高5号線/外環自動車道
ダイヤモンド型。一見、普通なのだが、右折する場合に限って、高速道路なのに信号がある。

箱崎ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「箱崎ジャンクション」の項目を執筆しています。
首都高6号線/首都高9号線
東京シティエアーターミナルと一体化していて、ビルの中に突入していく。IBM第二次世界大戦後の日本復興のために建設費用を出したので、IBMジャンクションと呼ばれている。

小菅ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小菅ジャンクション」の項目を執筆しています。
首都高6号線/中央環状線(C2)
美しい形が町工場近辺でうわさになっていたりする。町工場が資金を提供した。

西新宿ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西新宿ジャンクション」の項目を執筆しています。
首都高4号線/中央環状線(C1)
高架道路から地下トンネルまで一気に下りる。位置エネルギーを運動エネルギーに変換し省エネに貢献している。

豊田ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊田ジャンクション」の項目を執筆しています。
東名高速道路伊勢湾岸自動車道
ハーフタービン型。トヨタ自動車が製作した。

吹田ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吹田ジャンクション」の項目を執筆しています。
名神高速道路中国自動車道近畿自動車道
大阪万博に合わせて急造した。近くのエキスポランドジェットコースターと一体になっている。通過するときにはぶつからないように気をつけよう。

垂水ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「垂水ジャンクション」の項目を執筆しています。
神戸淡路鳴門自動車道第二神明道路北線/阪神高速湾岸線
日本最大級で、本州から淡路島に向かう際に必ず通るが、ぐるぐる回るのが売り。

鳥栖ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥栖ジャンクション」の項目を執筆しています。
九州自動車道長崎自動車道大分自動車道
クローバー型で、建設当初は、最も美しいジャンクションだった。あまりに完成されすぎていたので、悪魔が近付いて来た。このため、敢えて形状を乱すことを目的として、サガンクロス橋をかけ、美しさは後退した。これは、世界遺産日光東照宮を教訓としたものである。

日出ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日出ジャンクション」の項目を執筆しています。
大分自動車道/東九州自動車道宇佐別府道路
典型的なY型であるが、山の中に作ってしまったために勾配が大きく、急カーブがたくさんあるため事故が多い。2年連続で中津北高校の対戦相手である高校野球部のバスが横転したことで有名。

清武ジャンクション[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清武ジャンクション」の項目を執筆しています。
宮崎自動車道/東九州自動車道
建設当初はトランペット型であったが、南方向への中途半端な延伸でクローバー型もどきへと変貌を遂げた。サガンクロス橋の反省からか、葉の外側に無理やり渡り線を架けるという手法が用いられた。中途半端なコスト削減を目指したせいか北側にある分岐用のランプ橋は放置され、代わりに南東側に葉を設けたことで前述の渡り線はグネグネとした窮屈な形になってしまい、鳥栖ジャンクションと比べて何とも中途半端な三つ葉のクローバーとなってしまった。

関連項目[編集]