ジンバブエ・ドル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
発券の瞬間は300US$相当(当局発表)の高額紙幣。これで貴方もセレブの仲間入り。
大金持ちってレベルじゃねぇぞ!!!
自分の懐具合 について、ジンバブエの一般庶民
「ヒャッハーこんなもんまで持ってやがった!今じゃケツを拭く紙にもなりゃしねってのによぉ!」
ジンバブエ・ドル について、モヒカン

ジンバブエ・ドルとは、経済特別発展地域であるジンバブエ限定で使われている万能の紙である。

概要[編集]

メモ帳からちり紙、果ては壁紙や絨毯にまでなってしまう、神の紙である。ジンバブエ人以外が手に入れるには、ジンバブエ準備銀行で購入するしかない。ジンバブエが国である頃は日本で「特別通貨」として購入することができたが、地域になってしまったため今では手に入らない。ちなみにドイツの印刷会社がすべてオフセット印刷で刷っているのをジンバブエが輸入している。創製者はロバート・ムガベ

世界中の経済学部の教授や学生からはその高付加価値ぶりに感嘆の声が止まない。「ハイパーインフレの生きた教材」「独裁政権の末路」と世界史上に末長く讃えられ続けるであろう。 2015年には、この功績からロバート・ムガベが全世界で最も権威ある賞である孔子平和賞を受賞した。

使用法[編集]

貨幣ではないので、普通の紙として使ってください。メモ帳などのあらゆる用途に使えて、しかも簡単に手に入ります。しかも大量に。 ただし絨毯や壁紙にするには、水で固める必要があります。

いくつか適さない用法を書いておきます。

正しい使用法[編集]

ビクトリアの瀧などで、外国人におみやげとして販売。1兆ジンバブエドル札で、綺麗なお札なら1US$が相場(あくまでおみやげとしての価格)。本の栞などと結構好評。

歴史[編集]

本項目ではジンバブエ・ドルそのものの歴史のほか、ジンバブエの経済の歴史についても述べる。だって理由もわからずにあのインフレを素直に信じられるわけないじゃん。適当にまとめたので詳しくは頭の固い方をみてください。

1980年に旧来のローデシア・ドルと等価交換の形で導入されたジンバブエ・ドルは、そのころは何と貨幣だった。

しかもなんと0.68ジンバブエ・ドル=1米ドルだから驚きだ。

しかし2006年7月には1イギリスポンド=1,000,000ジンバブエ・ドルにまで下落。

2006年8月にデノミ。3ケタ切り捨てられる。上のレートがそっくり当てはまるなら、1イギリスポンド=1,000ジンバブエ・ドル。

あと、対米ドルレートを60%切り下げ、1米ドル=101,000旧ジンバブエ・ドル(101新ドル)から250新ジンバブエ・ドルになった。

古いドルを使うのがブームになり、ジンバブエの証券取引所では株価が39,000%上昇。

2007年2月、ジンバブエ・ドルの生みの親の手下であるジンバブエ準備銀行が、ありとあらゆるものの値上げを禁止。逆らって値上げした会社は友愛されましたが、誰も気にしていない

2007年9月。またもや対米ルートを切り下げ、1米ドル=30,000ジンバブエ・ドルに変更された。1,200%も切り下げられたが、やっぱり気にされていない

2008年5月。変動相場制に移行。あとは2次関数のグラフのごとく斜め上に伸び続けている。しかも、そのグラフが描かれているのは何と対数グラフ、つまりレートそのものではなくレートの桁数を表すグラフである。要するに年を追うごとに桁数が倍々に増えて行くのである。

2008年7月。10,000,000,000ドルを1ドルにする超デノミを実施。

2008年11月。非公式ながらインフレ率は89,700,000,000,000,000,000,000%になった。

2009年1月。国家から経済特別発展地域になったので、貨幣ではなくなった。同月、非公式ながらインフレ率は 6,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000%=6,500*1000^35%(欧米基準)=65*10^107%になった。無量大数(=10^68(ただし現代において)。10^71まで表現可能)でもグーゴルでも追いつかない。いや、算学啓蒙基準なら千阿僧祇で何とかなるか……。3文字以上使う数字なんて覚えていても膨大すぎて使わないから無駄だと思っていたのに……

2009年2月。1,000,000,000,000ドルを1ドルにする超デノミを実施。去年7月にやったばかりでは…。単純計算すると直近7ヶ月間のインフレ率は1,200,000,000,000,000,000,000,000%。 累計78*10^131%。算学啓蒙によると7万8千無量数。つまり78*10^129倍。Wikipediaには「実用で使われる場合はほとんど無いが、最大の単位であることから、冗談やネタとして使われる事がある。」とあり、ジンバブエはまさに冗談のような、いや、冗談そのものの地域であることがWikipediaにさえ保証されている。

2009年4月。終にどこでも使われるメモ用紙と変わりのないくらいにまで数が増えたのか、それとも最早0をつけ足す余裕すら無くなったのか紙幣の発行自体を止めてしまう。それでもまともに気にされていない

2015年6月。とうとうジンバブエは自国の通貨を廃止するという挙に出る。これに伴い、同国ではアメリカ・ドルユーロ人民元日本円などが貨幣として使われることになるが、というか少し前からそうなってた。
ちなみに最終的には35,000,000,000,000,000ジンバブエ・ドルがたった1アメリカ・ドルと等価になるまで価値が下落したのだが、最初のジンバブエ・ドルからの比較を考えると、まあ……。

インフレ率[編集]

非公式には897垓%である(2008年12月現在)。パーセント表示でインフレ率が897垓%ということは、ものの値段が約8垓9700京倍=8.97×10^20倍(=897垓の1/100)になるということである。

これがいかにトチ狂った事態かをわかりやすく説明するために、日本のインフレ率がもしも897垓%になったらのことを書きます。貨幣の種類については現在と同じな方向で。

  • あっといけない、定期を学校に忘れた。
    • 電車代380×(8.97×10^20)円=3408垓6000京円を払うために、1000×(8.97×10^20)円=8970垓円PASMOにチャージする。8970垓円の札束の体積は約112兆m^3、すなわち霞が関ビル2億2400万杯ぶん、東京ドームなら約9000万杯ぶん、黒部ダム75万個ぶん、琵琶湖4072個ぶん、バイカル湖[2]48個ぶんの諭吉様が駅員の手によって数字のデータに変わるのです。
  • 今日はお金が少ないから、おやつうまい棒だけにしよう。
    • うまい棒を買うために10×(8.97×10^20)円=89垓7000京円を駄菓子屋に持って行きます。それでも依然として東京ドーム約90万杯分の1万円札になり、それをタイル状に敷き詰めたとすると日本の国土面積の約2億9千万倍、地球の表面積の約21万4000倍(ビッシリ敷き詰めても標高2140mまで覆い尽くす)となります。横に並べたら143京㎞になり、地球を35兆7500億周します。一枚ずつ積み上げたとしたらまでの距離の約23万6千倍、太陽系の直径の約5.98倍にもなります。それを駄菓子屋さんに支払ってうまい棒1本。

※ 参考までに、1億円を現在の一万円札で用意すると、寸法は38cm×32cm×10cm、重さは約10kgとなる[1]ことから、上の記述では100億円が重さ約1トン、80億円が体積約1m3に相当するとして計算した。また厚みは100万円で約1cm、面積は76mm×160mmの寸法を元に計算した。

脚注[編集]

  1. ^ 10万tのタンカーを持ち上げるという設定から計算。
  2. ^ 世界で一番深い湖。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジンバブエ・ドル」の項目を執筆しています。
  • ドル - 一般的なのはアメリカドル(略:米ドル)。米ドル以外にも世界中には国名の後にドルを名乗る通貨が存在するが当然、物価に大差が出る。ジンバブエでは一部で米ドルしか使えないという…。
  • パピエルマルク - 第一次世界大戦後のドイツで誕生。最終的(1924年)には1US$=4.2兆パピエルマルクにまでその価値を伸ばした。
  • ペンゲー - ジンバブエ・ドルのプロトタイプ
  • インフレーション
  • ゴルゴ13 - 187巻で1300京ジンバブエドル(トラック一杯分)を押し付けられて冷や汗を流したことがある。
  • イグ・ノーベル賞 - ジンバブエ・ドルを用いて国民に非常に大きな数の計算のトレーニング法を提供したことで中央銀行の総裁が数学賞を受賞。