スズキ・スイフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新鮮なユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スズキ・スイフト」の項目を執筆しています。

スイフト(SWIFT、海外名Ignore)はスズ菌の開発した、小型ハッチバックの自動車である。 大量生産を前提に開発され、「値段の割りに性能は良い」という評価で圧倒的な人気を誇る。

概要[編集]

初代スイフトは「早い、安い、軽い」のコンセプト通りのものであり、薄利多売の為に余り利益になっていないと思われている(実際の所はオサムのみ知る)。

現在生産されている二代目スイフトは柳沢敦をCM起用したことが仇となり、国内での販売不振につながっている。 しかし、海外生産についてはインドへ向けたアヘン、自動車(主にスイフト)、お茶の三角貿易によって、スズ菌の最高益更新の原動力となった。

ジュニアWRCではイグニスという名前で参戦しており、個性的な色彩によって注目の的となっている。

2005年にはカーオブザセンチュリー(仮)賞を受賞して、特別仕様車スイフトスポルツを3台のみ限定生産した。

車体の剛性もそこそこ優れ欧州向けの味付けとなっているため、コンパクトカーでありながら高速安定性に優れ、高速道路では実に快適だが、その分街中では低速での急加減速の度に走るバイブレーターの異名を遺憾なく発揮することとなる。なんというか、車の乗り味とは実に難しいものだ、というある種スズ菌全開な車でもある。

由来[編集]

SWIFTという名前の由来については諸説あり、サンスクリット語鈍足を意味するZWIFTを基とする説が有力である。

関連項目[編集]

Wiki-globe.png この項目「スズキ・スイフト」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)