スズラン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スズラン」の項目を執筆しています。

スズラン(鈴蘭、Convallaria keiskeiLily of valley)とは、谷間の姫君である。

概要[編集]

たわわにゆれる。

ユリ科(Liliaceae、百合)スズラン属(Convallaria)スズラン種(C. keiskei)に属する多年草の総称である。ただしAPG植物分類体系によるとクサスギカズラ(Asparagaceae、草杉葛)科ではないかという説もあるにはあるが、それでは「ロマンがない」という事で却下されている。たわわに実るおっぱいとおっぱい(花)の競演こそ、スズランにおける最大の魅力なのである。そのため、スズランには「谷間の姫百合」という二つ名が与えられている。

毒性[編集]

北東北から北海道にかけて採れるギョウジャニンニク(行者大蒜。別名アイヌ葱。非常に美味だがその匂いはニンニクの比ではない)と間違えて食べてしまうと、全草(特に花や根の部分)に含まれているコンバラトキシン (convallatoxin)やコンバラマリン (convallamarin)、コンバロシド (convalloside)といった強心配糖体の作用によって心臓が過剰に活性化してしまい、嘔吐眩暈頭痛心不全心臓麻痺などの症状が現われ、最悪の場合死亡する事もあるらしいが、今のところ死んだのは吸血鬼ばかり[1]であるため、人間はあまり心配しなくてもいいかも知れない。が、そもそもあえて食べるほどのものでもない。

って言うか、花が咲いていれば一目で見分けがつく上、匂いの有無でも判別できる(スズランは仄かな香り、ギョウジャニンニクは強烈な匂いがする)ため、間違えるのはよほどの食いしん坊バカである。

花言葉[編集]

スズランの花言葉は「幸福の訪れ」「純潔」であり、フランスでは花嫁にスズランを贈る風習があるが、もちろんこれが皮肉であることは言うまでもなく、その本心は「悔しくなんてないわ、しょせん結婚なんて人生の墓場ですもの!」とか「ちくしょう、アタシの男を寝取ったメス豚めっ!」とかに違いないのである。

脚注[編集]

  1. ^ ギョウジャニンニクと同じ効果があるのだろうか。

関連項目[編集]