スタンフォード監獄実験

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スタンフォード監獄実験」の項目を執筆しています。

スタンフォード監獄実験(- かんごくじっけん)は、フィリップ・ジンバルドーが行った、社会的身分やコスプレなどの外的要因が人間の精神状態に及ぼす影響を調査した実験である。

概要[編集]

1971年から行われたこの実験は、心理学の分野において、最も名高いもののひとつである。なぜならこの実験によりコスプレの有効性が証明され、先進国の経済および多国籍企業経営(特にマーケティング)に多大なる影響を及ぼしたからである。

実験[編集]

事の始まり[編集]

それは、ジンバルドーがいつも通り愛人にコスプレをさせ楽しんでいたとき、ふとジンバルドーは思った。

「彼女は決してメイドさんではない。だが、現在の彼女はメイドのように振舞っている。それは彼女の心の中に、「私はメイドである」という意識があるからこそできるものではないか? つまり、曲がりなりにもメイドの格好をして、メイドのような素振りをすることが、彼女をメイド化させているのでは? つまり場合によってはこの世の女全員メイドにできるのでは?」

そう考えたジンバルドーは、早速実験に移ることとした。

実験[編集]

まず、公募により男女数十人が集められた。そのうち、テスト、面接等により常識を備え健全な精神を持つと判断された男性10名、女性11名が選定された。彼らのほとんどは大学生であったが、互いの接点らしいものは未然にはほぼなく、大半の参加者が初対面であった。

男性にはオタクファッションをさせ、女性にはメイドの格好をさせた。そして、メイドカフェの模擬店を作り、男性を客役、女性をカフェのメイド役にして、メイドカフェの状況を作り出した。

また、各役にはリアルに演じてもらうための処置が取られた。

男性は、実験の前に二日間、日本の秋葉原に行き、予算を与えられ、好きなように消費をする義務を与えられた。原則その消費をする場所は秋葉原のみで、他の地域(もしくはインターネットなどの通販)で消費をする場合、アニメイトなど指定された店舗のみに限られていた。

女性も実験の前に二日間、日本の秋葉原に行き、メイドカフェの接待の仕方の教習を受けた。

また参加者全員、話題のアニメをある程度視聴した(涼宮ハルヒシリーズ・ローゼンメイデンコードギアスガンダムなど)。

結果[編集]

はじめは、全員がぎこちない動作であった。しかし時間が経過するごとに、男はオタクのような言動を取り始め、女性の動きもまるで本物のメイドカフェのメイドのようになっていった。

男性の中にはヲタ芸に近いと思われる行動をする者や、女性もケチャップで文字を書けるようになった者、おいしくなる魔法「おいしくな〜れ、萌え萌えきゅん♪」を唱え出す被験者も居たと言う。

実験は2週間の予定であったが、6日で打ち切られた。観察していたジンバルドー本人が我慢できなくなったためといわれている。

またメイドさんの中に被験者の息子が何気に紛れてたため、「家の息子を男の娘にした責任は重い」と弁護士を同行させて中止の要求をした者もいたようだ。

批判[編集]

この実験の手法に関して、「現実の状況と乖離している」もしくは「厳密な状況ではない」とした意見を中心として批判が行われた。その代表的なものを以下に記す。

  • 参加者がエロゲに関する研修を受けていない。よって現実のオタクおよびそれを取り巻く潜在的な環境を再現したとは言いがたい。
  • 参加者が同人文化(同人誌・同人ゲーム)に関する研修を受けていない。以下同文。
  • 参加者が声優に関する研修を受けていない。以下同文。

これらの批判はあるものの実験の目的が「社会におかれた状況によって行動が変化する」ということがありえるかどうかを確かめるものであったため、参加者に対するアプローチの方向としては間違ってはいなかったといえる。

また、このような実験は前例がない。ジンバルドーはそれをはじめて行ったという点を忘れてはならない。

余談[編集]

実際に行われた実験は      

どうしても気になる方は、結構ヒドい内容ですが真面目な方をお読みください。心の弱い方は注意!

この項目「スタンフォード監獄実験」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)