スターオーシャン セカンドストーリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スターオーシャン セカンドストーリー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「スターオーシャン セカンドストーリー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「スターオーシャン セカンドストーリー」の記事を執筆しています。

スターオーシャン セカンドストーリーとは、RPGにおけるタブーに挑んだ遠未来冒険活劇である。

概要[編集]

近代の日本産RPG、所謂「JRPG」はビジュアルやメディアミックスの面において大きく成長を遂げたがそれ故に「暗黙の了解」を前提としたアンリアルの黙認というジャンル特有の問題を抱えるようになった。高度なスキルを持つ筈のキャラクターが南京錠一つ開けられなかったり鋼鈑を貫くパワーがあるはずなのに木製の壁にさえ阻まれたり、自分たちには猛毒の薬が敵側には通じなかったりと不可思議な現象が日常的に起こっているのも関わらず「そういうものだから」と追求を阻むという思想の枠組みを狭める枷が常に嵌まっているのである。

勿論、シナリオ優先のJRPGではそういった部分を完全に排除することは出来ない。例えば蘇生魔法があるからエアリスを生き返らせれば良い、と言われるとシナリオ的に困ってしまう[1]し力業でダンジョンの壁を破壊できてはダンジョンRPGは成立しなくなる。野放図になっては物語が成り立たないので、シナリオを維持できる範囲で不文律を否定出来る作品を造ろうという流れができていった。そこで生まれたのがスターオーシャン セカンドストーリーである。

タブー否定の例[編集]

スターオーシャン セカンドストーリーでは手先の器用さを生かし、ピックポケット(スリ)やアイテム偽造など社会的に良くない行為が簡単に行えるようになっている。明らかに正義サイドのすることではないが、ほとんどのメンバーが社会に疎い若者である[2]ことを考えると、技能を活かして旅をスムーズにしようとするのは寧ろ良いことだと言えなくもない[要出典]

また昔から「生きているかぎりは、毒にあたってへいきでいるわけにはいかないのさ」[3]と言われるように、どんな生き物も毒アイテムの影響を受けるようになっている。メルティローションやバブルローションを武器に塗りたくって切りつければ、ラスボスだって猛毒にやられてそのまま死んでしまう。ダメージが与えられないイベント敵には通じないが、これは「切っ先が敵の身体に当たらず、防具に阻まれている」という状態だからである。

他には上であげた「蘇生魔法があればイベントで死んだ人も生き返るのでは」という矛盾を解決するため、中盤でこれまで舞台だった星が丸ごと破壊されるという展開を迎えるのも特徴。星ごと消えてしまっては蘇生魔法も無意味、というのはかなりの力業ではあるが[4]

脚注[編集]

  1. ^ 一応「レイズ(及びアレイズ)は戦闘不能からの復活魔法であり完全な死者は蘇生できない」という事にしているようだが。
  2. ^ 薬屋のオッサンや新聞社のOLもいるが、男主人公クロードは二世かつゆとりボーイだし女主人公レナは村から出たこともほとんどないポケポケの女の子。
  3. ^ ゲゲゲの鬼太郎大海獣より
  4. ^ ただしシナリオが進むと、データとして再現され一応は復活する

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「スターオーシャン セカンドストーリー」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)