スターサファイア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
スターサファイア
Starsapphire.jpg
基本資料
本名 スターサファイア 
通り名 きらきら光る 
身体情報 背中に大きな羽 
職業 覗き 
好物 人間(の生態観察) 
出没場所 魔法の森、ほか 
所属 光の三妖精
親戚等

スターサファイア(STAR-SAPPHIRE)は、じっとあなたを見守っている。

概要[編集]

満天の空を彩るがなぜ輝くのか?それは太陽を反射しているからであり、それは同時に地上を照らすでもある。星の妖精であるスターサファイアは、それら無数の鏡に映ったあなたの姿をあらゆる角度から観察しているのである。いったい何のためにそんな事をしているのか、についてはとされているが、さしあたって単なる趣味に過ぎないのかも知れない。

風体[編集]

身長はかなり低く1Hydeもない。その背中にアゲハチョウのような羽があり、広げると身長以上になる。飛行時はいつも羽を広げているが、特に羽ばたいている様子はなく、また飛んでいない時も(要するに、いつも)羽は広げっぱなしになっている。結局のところあってもなくてもいいのであるが、本人が気に入っている[不要出典]のだからそれでいいのである。

能力[編集]

動くものの気配を察する程度の能力をもっており、動きも素早いため、こちらから捕まえようとするのは非常に困難なばかりか、すぐにサニーミルクルナチャイルドと言った妖精の援軍が現れ、挙げ句の果てにはチルノまでやって来る始末である。まったく無関係であるが、バカだからしょうがないのである。ちなみに、動かないものの気配を察することは苦手であり、よく鳥除け網トラバサミなどに引っかかっている。たまに蜘蛛の巣にも引っかかっている。とてもかわいそうなのだが、じたばたしている姿がとてもかわいいので、助け出すのはその様子を堪能してからが得策である。しかし、助けたところで別に感謝もされなければ、三日もすればあなたの好意さえも忘れてしまっているため、そのまま蜘蛛に食わせてしまってもどうせ三日もすれば復活するのでどうでもいい

弾幕[編集]

普段は非力なスターサファイアだが、怒りによって秘められた力を解放すると、星符「ペガサス流星弾」を発動、地上のあらゆる存在を射抜くことが出来るとか出来ないとか、どっちみち秘められた力は永遠に秘められたままなのであった。

その他[編集]

これが例の「ダークスパイ・ザ・スターサファイア」。

最近になって、青い光沢のジャンプスーツに身を包んだ「ダークスパイ・ザ・スターサファイア」の存在が確認された。主に夜に活動するが、その能力については粛清されました

関連項目[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東方三月精」の項目を執筆しています。
サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「スターサファイア」の項目を執筆してくれています。
サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「スターサファイア」の記事を執筆しています。