スバル・プレオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スバル・プレオ」の項目を執筆しています。

スバル・プレオ(すばる ぷれお SUBARU PLEO)とは、スバルがかつて生産・販売していた軽自動車であり、トヨタによる侵略の犠牲車ある。

概要[編集]

1998年スバル・ヴィヴィオの後継としてデビューした。

エンジンは全車660cc直列4気筒で、DOHCスーパーチャージャー(RS)、SOHCスーパーチャージャー(RM)、SOHC自然吸気(F、M、LM、バン全車)の3種類をラインアップしていた。何故スーパーチャージャーエンジンが2種類もあったのかは理解に苦しむが。トランスミッションは5速マニュアルとCVT(無段変速機)の2種類がラインアップされており、スーパーチャージャーのRSとRMにはCVTには7速マニュアルモードがついていた。筆者としては6速で十分であるが。

ヴィヴィオとは違いセミトールのボディで、しかもモータースポーツに出場することはなかったが、ヴィヴィオ同様に直列4気筒エンジン、4輪独立懸架を装備し、バンも含めスバルの軽自動車らしい走りの良さを売りにしていた。更に、ヴィヴィオよりもボディが強かった(センターピラーで7倍の強度)ため、セミトールのボディでも結構走る。

ここまでは初代の概要である。以上。

メカニズム・装備[編集]

これらの凝りすぎた装備やメカニズムこそが、プレオが凝りに凝りまくって手を抜くことを知らなかった良き時代のスバルの軽自動車であることを物語っている。

EN07型直列4気筒エンジン
プレオもまたスバルの軽の例外ではなく、直列4気筒エンジンを搭載していた。DOHCスーパーチャージャー、SOHCスーパーチャージャー、SOHC自然吸気の3種類が用意されていた。
4輪独立懸架
やはりスバルの軽であるため、全車もれなくサスペンションは4輪とも独立懸架である。
メンテナンスを怠るとタイヤが全輪内減りしてくれる。
CVT(無段変速機)
バンですら搭載していた。スバルの凝り性を如実に現している。
フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
ただのソリッドディスクに比べ、熱を持ちにくいためフェードが起こりづらい。更に、RSにはもれなくリアディスクブレーキも付いていた。
環状抗力ボディ
やたら頑丈なボディ構造である。このボディのおかげで、やたらハンドリングが良かった。

歴代モデル[編集]

初代 RA1/RA2/RV1/RV2型(1998年 - 2009年)[編集]

  • 1998年デビュー。
  • 1999年、ヴィヴィオで言うビストロに当たるクラシック仕様「ネスタ」追加。一応は売れた。
  • 2000年5月、へんてこりんな笑顔の「ニコット」追加。
  • 2000年10月、マイナーチェンジ。
  • 2001年10月、またもやマイナーチェンジ。全高を1610mmから1550mmに下げて機械式立体駐車場に入るようにした「スマートルーフ仕様」追加とともに、RSとキャラがかぶっていたためSOHCスーパーチャージャーのRMが消される。
  • 2002年10月、しつこいがまたもやマイナーチェンジ。
  • 2004年1月、R2デビューのため、グレードが大幅に減らされてスーパーチャージャーエンジン搭載車は全車消えるも、バンの癖してCVT搭載車をラインアップしていたバンはしぶとく生き残る。
  • しかし、R2が室内の狭さで不評であったため、程なくしてSOHCスーパーチャージャー搭載車を含めた乗用モデルが復活する。
  • だが2006年5月、ステラがデビューしたため、またもやSOHCスーパーチャージャーが消えた。
  • 2007年6月、とうとうバンだけになってしまった。
  • なんだかんだ言って、この調子でプレオは法人ユーザーによって一括購入されていたおかげで、2009年12月までしぶとく生産されていた。が、プレオの歴史はここで終わった…

2代目 L275F/L285F/L275B/L285B型(2010年 -)[編集]

2010年デビュー。しかし、大人の事情でプレオはダイハツ・ミラのスバル版となってしまい、ダイハツ・タントエグゼルクラとして売られたりしているため、筆者を含めたスバリストからはそれらの車種は存在自体がなかったことにされている。そのため、筆者もこの2代目についての執筆もボイコットする。

関連項目[編集]


4370 large.jpg この「スバル・プレオ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)