スバル・BR-Z

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スバル・BRZ」の項目を執筆しています。

スバル・BR-Z(すばる・びぃーあーるぜっと)とは、中島飛行機が世に送り出したスバルブランド初のFRである。なお、先に発売されたホンダ・CR-Zとはタイヤが4つついていること以外関連性は無い。

概要[編集]

空を飛ぶBRZ

2009年頃、世界をその手中に収めたトヨタ自動車がガイシに巻き上げられていた中島の株の20%近くを購入し、筆頭株主になった。トヨタ社内では以前からスポーツカーを再び発売しようともくろんでいたが、役員会では「採算が合わないからやる必要ない」と度々判決が下され、カローラレビン(E12#型)[要出典]ヴィッツコンバーチブル[要出典]86後継車[要出典]スープラ後継[要出典]などの多くの車種がお倉に納め続けられてきた。その悲しい現状に激怒した現社長豊田章男氏は、なんとかしてスポーツカーを再興させようと奮起し、100年に一度の大不況下でも開発を推し進め、86/BRZカップルを完成に至らしめた。この成功を継続させるためにも、今後はセダン・コンバーチブル・ハイブリッドの展開も検討されているらしいが、BRZはクーペだけで十分のようである

開発[編集]

開発はトヨタが主導となって、中島が無理やり働かされたトヨタと中島が一体となって開発がすすめられ、お互いの得意とする分野での情報を共有しながら行われた。

また、スバル社員は基本的にはクルマが大好きなため、テストカーを完成させてテストコースに持ち込み、新品のタイヤを装着させてはボロボロになるまで社員がかわるがわる乗り回し続けたため、トヨタ社員はその熱狂ぶり、そして純粋さに度肝を抜かれ、感激したという。[要出典]

エクステリア[編集]

エクステリアはトヨタが決めた86の外形という制約を受けながら、新規開発すると10億吹っ飛ぶフロントデザインの変更を行い、86とは違ったスバルらしく、オーセンティックなデザインとなっているとされているが、スバルお得意の羽型のメッキが無いのが気に食わない。ただそれだけが気に食わない。他は完璧なのに。

アルミホイールにはトヨタと同じものを採用し、普段ホイールにつけることのない琥珀を初めて(たぶん)採用した。

また、スバルのスポーツカーらしからぬ恬として、大型リアスポイラーが設定されていない。その反動で、RAグレード以外にはスポーツエクステリアパッケージの一部として採用されている。

最も売れているカラーはもちろん青であり、他の色はトヨタが設定しているから設定しているだけである。

リアデザインはBRZ STIコンセプトに見られるようにトヨタとは差別化を図る予定だったようだが、コストの都合からかトヨタと同じに収まったが、トヨタよりも装着されるエンブレムが多いため、ちょっとごちゃごちゃした印象を受けてしまう結果となった。

インテリア[編集]

ステアリングホイールのエンブレムやシートの色以外に差はあまりなく、スピードメーターではインプレッサで大人気の赤文字を継続採用、シートにはトヨタみたいな赤とかの派手な色は採用しなかった。

インテリアパネルにもスバルらしいメタル調のパネルが採用されているが、トヨタが新規に開発した「Tメッシュ」と呼ばれるカーボン調のインテリアパネルも設定されているが、こちらは86のGグレードを買った消費者がスバル店に足を運ぶという謎の現象が起きており、BRZ乗りは基本的にスバルが大好きなためメタル調のまま維持している。

また、初期に製作されたカタログには非常に誤植が多く、試作車タイプのアルミペダルを装着した画像が多く掲載されている。

エンジン[編集]

エンジンは自社で鼻高々に開発したFA20エンジンを搭載している。トヨタが2.0L以下に収めたいと駄々をこねたため、トヨタに直噴技術を出せと言ってみたらあっさり出してくれたので大喜び。そのままレガシィに肺を追加して搭載した。一時はトヨタ主導でやっている関係で4U-GSEという若干古いエンジンに見える名前を与えられそうになったが、86/BRZどちらもFA20とすることで落ち着いたらしい。もちろんハイオク指定である

STI[編集]

いつか追加されるとうわさされるBR-Zのハイスペックバージョン。WRX STIと同じく、4WDAWD&ターボを搭載し、BBS製専用ゴールドアルミホイールを搭載し、リアシートは撤去されている。さはにカーボンルーフを搭載し、価格は500万円ぐらいから。実際にコンセプトモデルも出ているが、いまだに発売には至っていない。

環境性能[編集]

環境性能は3割近く改善したというが、最上のあのスポーツカー風の強い日に高速で運転するのが怖いくらい軽いスポーツカーのカタログ燃費とも大して差がないし、ヤフー燃費でも大して差が無いのは、二酸化炭素排出量が減っただけであろうか。

近々86ではハイブリッド仕様の発売が検討されているらしいが、BRZには搭載する予定が無く、ハイブリッドはインプレッサからどうしても始めたい模様である。

安全性能[編集]

「安全性能も世界一を目指したいお」というトヨタ首脳のご意向で、サイドエアーバッグを搭載し、レカロシートがエアバッグキャンセラーなしでは搭載できなくなっている。ユーロNCAPでもそこそこの結果を残したため、安全性世界一のスポーツカー計画は成功裏に完了した模様。

ちなみに、一部報道機関によるとBRZ「止まらないクルマぶつからないクルマ」化する計画が持ち上がっているらしく、BRZにだけインプレッサでおなじみのアイサイト(VER.2)の搭載を予定しているという。

ドリフト性能[編集]

「ドリフト性能世界一を目指したいお」というトヨタ首脳のご意向で、ドリフト性能世界一を目指したため、超FRくさいチューニングが施された86があるいっぽうで、FFと4WDAWDしか設定してこなかったスバルにとっては、既存のスバリストたちからの乗り換えも考えてFFくさいチューニングを施してみたが、プリメーラでおなじみのあのゲーム上でのニュルブルクリンクノルトシュライフェにおいては86よりもBRZのがドリフトしやすい

車名の由来[編集]

  • Boxer Reardrive Zenithの省略で、ボクサーエンジンを搭載した究極のFR車という意味だとする説。
  • Compact Renaissance Zeroの省略たるホンダ・CR-Zよりも先を行くべく、「スバル・BR-Z」としたとする説。

関連項目[編集]

このスバル・BRZは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


ペダルが引っ掛かります この「スバル・BRZ」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)