スパイクアウト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スパイクアウト」の項目を執筆しています。

スパイクアウト(SPIKEOUT)とは、1998年SEGAが生み出した、3人のビリー・ヘリントンと1匹の飯炊き女子猫ちゃんが礼儀作法を知らないミカエル(虫歯持ち)率いるチームインフェルノに対して4人(?)が身をもって彼らに「ありがとう」と「ごめんなさい」の大切さを教えてゆく新ジャンルのゲームである。

ミカエルとその他没個性的な仲間たち全員に作法を教え込み更生させることができればゲームクリアだ。……と聞けばクソゲーと聞こえるが実はスペランカー並の廃人向けゲームなのだ。その難易度は、某有名電子吐き溜め上でも有名なイタズラっ子がやってたゲームが実はスパイクアウトで、その高難易度に思わず筐体に甚大なダメージを与えつつ、天皇陛下を讃えてしまった事が起源ではないかという説が浮上するほどである。

概略[編集]

上記のように更生ゲーと銘打ってるがその難易度は恐ろしく高く、ザコ一人(40回ずつ正面で「ありがとう」(以降センキューと表記する)と「ごめんなさい」(以降ソーリーで表記)をやらないと更生できない)さえ倒すのがムリゲーな故に開発者は考慮して、仕方なく、本当に仕方なく(ここ大事だよ!!)4つ以上ポップン以下のボタンを駆使して敵に武力介入してあの世で礼儀知らずだったことを教えて来世で更生させるという無理やりなコンセプトも導入していた。

そしてプレイヤー(以降スパイカーと表記する)はいつしか更生させることの素晴らしさを忘れ、マスターアジアの思い描いたデビルガンダムの如く「ボッコボコにしちゃうぞ☆」のコンセプトを基にプレイするのが目的となってしまった。

本来の遊び方を知っている今のスパイカーの数は神さへ知らず。(ひよこ陛下なら知っているかもしれないし、知らないかもしれない)

なおこのゲームは世界初の次元連結システムを利用した四人同時協力プレイが可能であり、それにより人気を博した。しかし普段引きこもっているスパイカーはいざと言う時にはどもってコミュニケーションが不可能な事がある。その為キャラに特殊な行動をさせる事によって交流を可能にしている。これは世の中の社会不適合者にとってプレイしやすい環境にし、スパイカー自身も更生してもらいたいという製作者の願いである。


お前ら、ゲーセン行くならハロワ行け。


遊び方[編集]

上記のように弱い者イジメミカエル一味の駆逐が目的なゲームにすり替わってしまったが、一応紹介しておこう。

操作方法[編集]

シフトボタン(以降Sと表記)…

このボタン+Sで相手の方向に体を向けつつ移動する一種のストーカー行為である。連打でアッガイダンスができるという素晴らしいおまけ付きだが何の意味もないよね松岡修造談)。しかしストーカーされている方は大抵が心に傷を負ったかまってちゃんなので悪い気はしていないようだ。

ビートボタン(以降Bと表記)…

所謂暴力。ド基本操作はセンキュー(コナミコマンド)とソーリー(レバー反時計回り一回転+B)。次点にBをバンバン叩く。センキューが出来ずにレバガチャするなどあってはならない事です。だとしたらすぐに製作者に謝罪と賠償を。

チャージボタン(以降Cと表記)…

いっぱい溜めて、溜めれば溜めるほど強力なアーン♥♥を敵に発射する効果を持つ。4段階ある。

1段目
キック。単にCをポンと押すだけで出る。一般的にはキックだが一部のメス豚ビッチ娼婦女性キャラクターはパンチが出る。
2段目
昇竜拳のような攻撃で命中すると大抵の敵は綺麗に放物線を描いて10.0を出すべく着地しようとするも中々うまく敵は着地できない。一部のマゾ強敵は打ち上げられることを日常茶飯事としてるらしく華麗に着地し、観客を賑わせる。
3段目
発射すると脳内麻薬を分泌させ強制的にヒヨコを3匹ほど飼わせる。そのヒヨコを可愛がってるうちにフルボッコにするというお前ら人間じゃねぇ!的な行動をとる。その為ミカエル一味はヒヨコ陛下を敬愛するアンサイクロペディアンだと予想出来る。更生のためなら仕方ない……のか?
4段目
すごく……(隙と威力とリロードタイムが)大きい一撃を発射する。当たるとものすごく吹っ飛ぶことや、高威力且つ巻き込みやすい故に敵が何km飛ぶかを競ったり、何人同時に吹きとばせるかを競い合うこともあるらしい。最早更生所ではない。なおこの攻撃を行った所を公安に見られた場合通報され、警察官の鬱憤晴らしとして拉致される。
スパイクアウトの設置店を吐け!

因みにこの件について主人公の一人であるポルナレフホワイトは、とてもさわやかな笑顔で「センキュー!」と言及している。[要出典]溜めている間はなぜか炎が出るが、これは死ぬ気明鏡止水の類ではないと製作者は頑なに言う。

余談だがC4まで溜めつつセンキューをすると┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”の擬音とともに皮肉をたっぷり込めたセンキューがみられる。パートナーから攻撃されたときにやってみると良いだろう。


ジャンプボタン(以降Jと表記)…
物理の先生も真っ青な膝だけ跳躍をその場で行う。Bを押しながらジャンプするとより高く飛ぶとか飛ばないとか。
灰皿(以降Hと表記)…
厳密に言うとボタンではなく、筐体の上にぶっきらぼうに置かれた灰皿そのものである。更正員同志の思わぬ攻撃があまりにも多発する際によくHボタンを鳴らしたりする。 要するにDQNの憂さ晴らしボタンである。
トイレ(以降Tと表記)…
私たちの身の回りあるトイレ。Tを使っているときに戻ってきたらいつの間にかデモ画面だったなんてことも当たり前。厳密に言うとボタンではなく、かと言ってハッテン場でもない。
水木一郎(以降Zと表記)…
ゼェーット! スパイクゼェーット!

詳しいことはクソ真面目がウリの百科事典でモヤッとを解消してください。

アピール[編集]

操作方法のビートボタンの項目で軽く触れたようにこのゲームの中核を担うのがこのアピールである。各種コマンドを入れる事により感謝、謝罪を教える事がこのゲームの本当の目的だ。

  • センキュー コナミコマンド:「ありがとう」の気持ちを身を持って教える。
    スパイク:膝をガクガク揺らしながら白目で涎を垂らす。ボイス:「ふざけるんじゃねぇこのアマ」
    ホワイト:スパイクと似たポーズだが腰を前後に振りながら行う。発声がおどろおどろしく、それを聞いた子供はすべからく泣き出す。 ボイス:「おかーさん、おか・おか・おかーさん、おかーさん、おか・おか・おかーさん、おかーさん」 
    テンシン:感謝を上手く表せずにペコペコし、むしろ恐縮してしまう。典型的日本人。ボイス:「すいません、ここまでしてもらって」
    リンダ:同じくスパイクと似たポーズだがウエスタン・ラリアットをした後にあのセリフを言う。ボイス:「ウィー!!」
  • ソーリー レバー反時計回り一回転+B:「ごめんなさい」の気持ちを身を持って教える。
    スパイク:手の平を相手に向けて掲げ、叩き付ける。 ボイス:「おっとハエかと思ったぜ」
    ホワイト:両手を上げ驚いたジェスチャーを取り、左右を軽く見回した後いんちき裁判を開く。 ボイス:「猫をレンジに入れたら爆発した」
    テンシン:ジャパニーズDO☆GE☆ZA。そしてハラキリ。 ボイス:「無念」
    リンダ:エルボー・ドロップ。 ボイス:「ディーヤッ!」
  • SP(スペシャル)アピール(挑発) レバー時計回り一回転→B+H:キャラクターが無意味な行動を行う。
    スパイク:腕組みをし、近づいた敵をダウンさせる(トライアルシステム)。
    ホワイト:バーベキューの準備をし始める。
    テンシン:電話相手にも頭を下げる。
    リンダ:今までの態度から一転、アーン♥♥をする。ゴクリ。
  • ヘルプ レバー時計回り一回転+B+C:キャラクターの体力が点滅状態(1/3以下)かつ生命保険に加入していない場合のみ使用可能。キャラクターがリアルな助けを求める。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

キャラクター(更生員とDQN)[編集]

カッチカチやぞ!×2(チームスパイク)[編集]

スパイク
第一使徒ビリー。チーム唯一のスタンド使いである。スタンド名はチープ・トリック。ホバー移動で彼に追従する故ジオン軍の小型MSではないかという説もある。感謝と謝罪を忘れたバーサーカーであり、C4の威力が最強。このキャラは一昔前の教師のように体罰を容認する大人へのアンチテーゼとも言える個性を確立している。その為検閲により削除XXXXXからの苦情が多く、このゲームが周知されない要因の一つである。一子の自宅警備員クールないい男(キリッである。
初心者(更生ゲームと言う趣旨を理解していないDQN)がよく使うキャラの為、忌み嫌われている。
ポルナ(ryホワイト
第二ビリー。通称アーン♥♥。感謝特化型の性能を持つが、その他の性能は検閲により削除としか言いようがない。 センキューの言いすぎで一種のVOCALOIDに間違われることもしばしば。 
天津飯
第三ビリー。とある世界からルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールによって間違って召喚されてしまった不遇の人。謝罪特化型。刺青が怖い。ホワイトとの仲が悪いがそれは素直になれない彼の性格のせいでもある。 残念ながら太陽拳は{お察し下さい}した為、できなくなってしまった。
ありのまま起こったことを話すぜ……。仁王立ちしてる奴を後ろから脅かそうとしたら俺はダウンしてた。な……何のことを言ってるかわかんねーがPKやTIMEOVER何かじゃねぇ……もっと恐ろしい者の片鱗を味わったぜ……。
――彼の刺青を見た青年Wの証言より
山本リンダ
とてつもないビッチ。常に胸元を強調し他の三人を誘惑するが、お察しの通り三人ともガチホモの為シカトされるのが関の山である。最近田嶋陽子と手を組んだ。アーン♥♥アーン♥♥が日課。THE BLUE HEARTSとの関係は検閲により削除。スリーサイズは上からぴーぴーぴー。足技を多様するキャラクターでこいつも感謝と謝罪を忘れている。実際は更生員ではなく男漁りを生業とするスイーツ(笑)。

【HERE COMES】OSWALD(オズワルド)とその他没個性的な仲間達 【THE BOSS!】[編集]

唯一神OSWALD
スパイカーのほとんどが彼の為にコインをつぎ込んでいると言っても過言ではない。丸みを帯びた可愛らしいフォルムとワイルドなスキンヘッドは見た物を魅了するに十分と言ってよいだろう。
彼はとても繊細な一面を持って居る為内股で弱々しく我々に歩み寄ってくるがスパイカーが己を愛していると理解した瞬間、彼は新たな一面を見せてくれる。
その一面を見た彼を表面上でしか理解していない愚かなスパイカーは彼をガチホモと言うが、このゲームの真髄を考えてみればそんな事は言えなくなる。

このゲームはあくまでも更生ゲーだ。彼は幼い頃に心に傷を負い、荒れてしまった言わば一種の被害者なのだ。

だから彼が光り出し体を求めてくるのは子が親に愛情を求めるのと等しい。
なのに大抵のプレイヤーは体を求めるという行為を表面上で見、即ちガチホモだと決め付ける。このゲームはあくまでも更生ゲーだ。とあるボスが馬乗りになり、あわよくば唇を奪うなんて行為はあり得ないのだ。もう一度言う。このゲームはあくまでも更生ゲーだ。とあるボスが馬乗りになり、あわよくばアーン♥♥なんて行為は(たとえそれが攻撃の一種であろうとも)あり得ないのだ。このゲームはあくまでも更生ゲーだ。
ミカエル(虫歯持ち)
チームインフェルノを率いているDQNの中のDQN
口が臭い。手下を厚生員に投げつけてダダをこねたり、背中にむき出しの青龍刀をぶら下げているなど非常識が絶えない。
口が臭い。天使の名前がついているが使徒ではないためパターン青は出ない。
口が臭い。彼は以前歯医者で親知らずを抜く際の麻酔が痛すぎていい年なのに小便を漏らしてしまって以来乱暴な性格になったが口が臭い。
口が臭い。 だがとある作品ではオールド・スネーク並にイケメンになり、虫歯も直した彼の姿が確認されてる。
刹那・F・セイエイ
俺がガンダムだ!

その他[編集]

個性がないので割愛。

バグ[編集]

このゲームの最大のウリはバグである。数え切れない[本当]上に稼動から十年経ってから新しいバグが発見されるほどである。 バグは簡単かつ大雑把かつ適当に分類して4つ。

地形めり込み系[編集]

普通にプレイしていては入れない所(壁の中や建物の外)へ入ってしまうバグ。どうしても更生出来ない奴が居たらこのバグを使って現実逃避する。

瞬殺系[編集]

雑魚よりも更生し難いボスをその名の通り瞬殺するバグ。どうしても更生出来ない奴が居たらこのバグを使って存在を無にする。

人生オワタ\(^o^)/系[編集]

HをDQNに投げつける事によりTに連れて行かれアッー!に発展するバグ。どうしても更生出来ない奴が居るからと行ってやつあたりはいけない。

ショック系[編集]

どこからともなく全体攻撃を仕掛けてくる。4人同時更生していたら効果も4倍。 NETWORK BROKEN の文字とともに動作が停止するこの致命的なバグだが、実はこれは製作者の意図した仕様なのだ。スパイカーはこれを直してもらうべく店員さんを呼ぶ。これによってコミュニケーション能力を育ませようとするのだそうな。 時折、これを直さず放置してゴーホームしてしまう人がいるが、次にプレイする人に無料でやらせることになるのでぜひ店員さんに一声を。 「すいませーん」 店員<(又こいつか…)

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

このゲームについて[編集]

「だーーーーーー!!!!リーーーンーーダーーーー!!!リンダよこせーーー!!! もういやだーーー!!!男ばっかりで吐き気がするーーー!!!リンダとやらせろーー!!!!」
スパイクアウト について、ランス
「このゲームすごいよぉ! 流石ファイナルファイトのお兄さん!」
スパイクアウト について、ギム・ギンガナム
「人生ハジマタ\(^o^)/」
スパイクアウト について、オワタ
「『だらしねぇ』という戒めの心、『歪みねぇ』という賛美の心、『仕方ない』という許容の心がこのゲームには揃っている」
スパイクアウト について、ビリー・ヘリントン
「このゲーム回転率悪いんだよ……」
スパイクアウト について、とあるゲーセンの店長

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「スパイクアウト」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)