スパイラル 〜推理の絆〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スパイラル~推理の絆~とは、月刊少年ガンガンで連載されていたファンタジーバトル漫画。原作者は城平京、作画は水野英多

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、猿の惑星は実は地球だったことや、生命宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは42であることや、アンチスパイラルはスパイラルネメシスから宇宙を救おうとした螺旋族の成れの果てであることや、鴇羽舞衣は全ての人々の記憶から失われることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、力石が試合直後に死亡してしまうことや、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、ダラーズの創始者は竜ヶ峰帝人であることや、バイラム幹部マリアの正体はレッドホークの恋人であることや、阿Qが処刑されることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スパイラル 〜推理の絆〜」の項目を執筆しています。

飽和状態にあったファンタジー(バトル)漫画に、推理物の要素を微かに入れることで新たな境地を作り上げた傑作。原作者がよく「これは推理漫画です」とととんでもない冗談を言うことでも有名。これが「推理漫画」に入るのなら、DEATH NOTE流水小説戯言シリーズも本格推理物に分類されるだろう。 ちなみに、バトル漫画のお家芸である『戦闘力のインフレ』は、カノン登場時の第一段階(銃火器解禁)と火澄登場時の第二段階(主人公神化)と、しっかり2パターン用意されており、バトル漫画に目が肥えている人間をも唸らせる作りとなっている。

あらすじ[編集]

ヘタレな主人公が数々の戦いを経て、ついには創造主の一歩手前まで成長するという、王道バトル漫画。 初めはミステリー物を装うことでカノン登場まで読者に「これは推理漫画だ」と信じ込ませた。その手法に対する評価は高い。

主人公、鳴海歩はあらゆる点で自分を上回る完璧超人、鳴海清隆を兄に持つ。親の愛も、さらには意中の人まで兄に奪われ、歩は彼に対して強烈な劣等感を抱いていた。そんな折、清隆は「ブレードチルドレンの謎を追う」と言い残して失踪してしまう。それから数年、高校生になった歩の身辺で奇妙な事件が多発し始める。それらの裏には、ブレードチルドレンと呼ばれる異能者がいた。彼らに関わっていくうちにちらつく清隆の影。そして来日する最強の二丁銃使いカノン・ヒルベルト。手りゅう弾にマシンガン、爆弾、猫耳と、あらゆる兵器が用いられた彼との死闘の末、ついに明かされる真実――なんと鳴海清隆は造物主が生み出した至高の生命体(天使みたいなもんか)だったのだ。清隆には対になる負の存在、ミズシロヤイバがおり、本編開始前に血で血を洗う激戦を繰り広げていた。その時の戦いでヤイバは清隆に殺されたが、彼の残した因子だけは残っていた。それこそがブレードチルドレン、ヤイバの血に呪われた子どもたちである。そこで期待されたのが神≒キラ清隆の弟である歩であったのだ。要するに偶像の理論ってことですね。果たして歩は神の弟としての力を覚醒し、立ちふさがる困難を打ち破っていけるのか?今、運命の螺旋は回りだす! ……うん、あのね、このあらすじには一つの嘘も冗談も含まれていません。マジで。いや、本当に。信じられないでしょ?俺も信じられない

フランツ・リスト (「ピアノの魔術師)
詩的で宗教的な調べ 第三番(曲) 「孤独の中の神の祝福」(ピアノ)
詳細は省略します。 ご了承ください。(自分で調べて下さい)

登場人物[編集]

鳴海歩
主人公。最初は驚いたり弱音を吐いたりする普通のヘタレだったのに、後半主人公補正でとんでもないインフレキャラに。っていうかチート。まどかに対してはツンデレ、ひよのに対してはツンデレツン。ちなみに、初めは推理漫画であると読者をだますために「真実はいつも一つ」や「ジッチャンの名にかけて」のように「論理の旋律は必ず真実を示すんだ」「謎は奏でられた」という決めゼリフのようなものを言っていたが、作品が本性(ファンタジーバトル漫画)を現すにつれて消滅した。というか1,2巻でしか使っていない。
結崎ひよの
ヒロイン。ではない。腹黒を装った腹黒という、とてつもなくとてつもない人。歩への信頼によって、アイズの罠を彼に破らせたり理緒のトリックを打ち破ったり、半端ない情報収集能力があったり盗聴器を扱えたり、スタンガン寸止めで香介に勝利した上、ブレードチルドレン数人を秒殺するカノンを足止め(最終的に彼にトドメを刺すのは彼女である)したりと、(邪悪な意味で)文武両道の超人。年齢詐称。メインヒロインになれなかったことが不満だったのか、髪を染めてメガネをかけて、別のゲームに出演している。そちらは元18禁ということもあって、こちら以上の外道ぶりを全力全開している。
アイズ・ラザフォード
中ボス。有名ピアニストとして世界の腐女子を魅了するも、それは仮の姿。実態はブレードチルドレン死守同盟日本支部支部長(アイズ派)のリーダーであり、ASAZUKIやRIOといった特殊工作員を束ねている。アイズ派はハンター絶滅を掲げる最右翼であり、病人の園部や和平派の今里ですら葬ってきた。しかしアイズ自体はピアニスト事業で金を稼ぐことに傾注し、実際の各種犯罪行為は下っ端のASAZUKIらにやらせている。彼らにあるのは絆ではなく、マネーでしかない。アイズはブレチルながら極端に戦闘能力が低く、ガチホモ仲間のカノンにあっさり刺されたり、チート化した歩にボディブローをお見舞いされたりなど、醜態をさらしている。歩曰く「煮干ししか食べてないからだろww」。ちなみに「欠けた肋骨が痛む」という中2病を患っている。
鳴海まどか
ネーサン。必殺技はウルトライナズマキック。
今里
月臣学園の教師。鳴海歩を運命の分岐点に導こうと動いていた。実際はハンターの構成員であったが、アイズたちブレードチルドレン側に協力するようになる。ハンター内での地位は明らかになっていないが、アイズの「ブレードチルドレンを何人も狩ってきた」、浅月の「敵に回すと厄介」「奴はハンターの最右翼だった」というセリフから、ハンターの思想に骨の髄まで染まった原理主義者であり、かつ驚異的な殺人能力を有する異能者であったと推測される。そうした事情から、一部では彼のことを「大佐」と呼び慕うファンも存在する。その割に理緒にあっさり刺殺されているため、今里ロリコン説、体調不良説などが挙げられており、「本来の今里であれば理緒など秒殺されていた」と叫ぶ者らもいる。なお、こうした設定をきちんと物語に反映しなかったのは、原作者の怠慢である。
竹内理緒
爆裂ロリータ。
ミズシロ火澄
モミアゲ同盟。ネーサンがいない間に歩と同棲を企んだ策士。
土屋キリエ
ウォッチャーのエージェントぶっちゃけパシリですね。器量もよければ頭もよい27歳のおねえさん(自称)。
アヤメ(菖蒲)
この作品の象徴と言っても過言ではない(キーアイテム) 詳細はアヤメ (菖蒲)の項を参照。
信じる者の幸福」など(花言葉

https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1490347932/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3Bicy50d2ltZy5jb20vZXh0X3R3X3ZpZGVvX3RodW1iLzgzNTg2NzE2MjA1Mjk2ODQ0OC9wdS9pbWcvNktrOWdCY3ZjYS1YUHBDVi5qcGc-/RS=%5EADBA3MgfgX4U6_h7OR8jPPwFzzGYF4-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU0hRUHpZSmYtbWI3RGxCcEVJQzdmNTJlN2huN2k2TWlUUFhkOWRXeDNxT0NMUk5lbGQ1eGE3bXozcwRwAzQ0SzU0NE9SNDRLazQ0T3A0NE9ySU9hT3FPZVFodU9CcnVlMWhpQWdRMjlqYTNSaGFXdy0EcG9zAzE1NARzZWMDc2h3BHNsawNyaQ--

アニメについて[編集]

漫画を原作とするアニメのお約束で、この作品もカノン登場あたりで原作に追いついてしまう。しかもタイミングの悪いことに一番盛り上がる月臣学園でのバトルシーンを描写できないまま 最終回を迎えてしまった。本来のであるファンタジーバトルが再現されなかったことにファンは納得がいってないようだ。ただし、あまりにも高度なファンタジーバトルであるため、実際に映像化できたかはいささか疑問である。 DVD及びDVD-BOXが発売されているが、DVD-BOXが発売できたことに筆者は驚愕。エンディング曲を歌っているヒスブルのギターがタイーホされて活動停止したから:だ。その後解散したから著作権を放棄したのかな? https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1490348023/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9pbWFnZXMtbmEuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tL2ltYWdlcy9JLzYxM0hQNnk1c0NMLmpwZw--/RS=%5EADBPyuNoJlvUEq.M4_0ElQh1f6jQHw-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVDVrMUs4elJIZV9XbHZXRHhrTXlZZWd3b2tIUmpVdzR2eENYbHUwSnB0dlVtM0xBZGRldlJNeTRJBHADNDRLNTQ0T1I0NEtrNDRPcDQ0T3JJT2FPcU9lUWh1T0JydWUxaGlBZ0lFTkUEcG9zAzYEc2VjA3NodwRzbGsDcmk-

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)