スピリットオブセントルイス号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スピリットオブセントルイス号」の項目を執筆しています。

スピリットオブセントルイス号とは、人間の限界を測定するために製造された航空機である。

概要[編集]

「見えない飛行機」としてアメリカで開発された航空機が原型である。機体構造は木造でレーダーに写らず、尾輪式のためタキシングの際は前方が見えない。このためタキシング時は一般的に誘導員の指示に頼る結果となる。離陸後も、前方が燃料タンクという特殊構造のため機内からは前方がまったく見えず、ほぼ全行程を計器飛行で飛行する必要がある。離陸後は重量制限のためジャマになる主脚も投下されて見えなくなる。第二次大戦直後にはジェット化され、この際に胴体が見えなくなった。現在では尾翼すら見えない飛行機として大幅に形状が改造されている。また、従来は翼の下にぶら下げていた爆弾や燃料も、見えない飛行機のコンセプト通り、肉眼では見えないようになっている。

運用[編集]

1927年の初飛行時は、ILS装置すらついておらず、特殊な技術を持つパイロットが飛行させ、世界初の大西洋横断飛行を成功させた。

自動操縦装置も設置されていなかった。このため、パイロットは48時間にわたって起き続ける必要があり、XXXXXなどが使用されたといわれる。しかし実は米空軍は今でもXXXXXを使っているというのは公然の秘密であり、そのため、「俺様最強wwwwwwwwwチャンコロ氏ねwwwwwwwwww」などと暴言を残して中国大使館を爆撃する、「カップル氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね」と無線で絶叫して結婚式会場に特攻するなど、誤爆事故や不祥事が起きているとされる。

最近は自動操縦装置が装備されたこともあり、公園のベンチが操縦席の後ろに設置された。このためパイロットは操縦そっちのけでいつでもホームレス気分を味わいながら熟睡することができる。

雨が降ると見えない飛行機でなくなるため、高々度を飛行する。離着陸の際は基地指令自ら管制塔にてるてる坊主をぶら下げる。が、それでも降ってしまった場合は、傘をさして離陸するため、海上にたびたび傘が落下し漁船に被害を与えているといわれる。

パイロット[編集]

上記のような構造のため、パイロットには特殊な技能が必要とされた。後ろに目がついている、血管に燃料が流れている、魔法を使うなど諸説がある。実際、有視界飛行ができない飛行機でILSや自動操縦装置なしで大西洋横断飛行を行うなど、初代パイロットは特殊技能があったことがよく知られており、そのため娘を某国の情報機関に拉致殺害される悲劇が起きている。2002年には、自分が高所恐怖症であることを明かし、飛行をやめると表明した。しかし、ファンの希望に応え、2009年限定で飛行任務を行っている。

製造コスト[編集]

機体は開発費のため非常に高価であり、一機当たりのコストはイージス艦一隻よりも高価な2000億円に及ぶ。それでも初回限定生産の22機が瞬時に完売となり、AV-22 「スピリットオブセントルイス」号を最後に製造は打ち切られ、AV-23以降は、第三次世界大戦が起きそうな場合にのみ再生産される予定である。

次世代機[編集]

次世代機としては、コスト削減のため、イージス艦そのものを空中に浮かべる案が考えられており、日本の坊ノ岬沖で開発が進められている。空力特性上、現行のイージス艦より大型化するともいわれるが、日本政府およびアメリカ政府は詳細を公表していない。

winny流出画像では、軍艦の艦首にジェットエンジンの吸気口と思われる穴があいており、艦尾に単発の排気口が確認できる。主翼は小型であり翼面荷重が大きく、おそらく艦体そのものにも揚力を担当させるものと思われる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「B-2 (航空機)」の項目を執筆しています。