スプートニク1号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
スプートニク1号の雄姿
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スプートニク1号」の項目を執筆しています。

スプートニク1号(ロシア語:Спутник-1、英語:Sputnik 1)は1957年にソビエト連邦によって打ち上げられた世界初の人工衛星エクストリームスポーツの一種であるエクストリーム宇宙開発の一環として打ち上げられた。打ち上げに使用されたロケットもスプートニクという。まぎわらしいので注意が必要である。

概要[編集]

スプートニク1号は直径58cmのアルミ製の球体で、内部には、スープと肉が充填されていた。ここで言うスープと肉とは、ひらたく言えばロシアの名物料理ボルシチである。重量が83.6kgに達することから、いかに多くのスープと肉が使用されたかが伺える。打ち上げは1957年10月4日に行われた。それまで世界一の技術力を自称していたアメリカは、ソビエト連邦がこれだけ多くのスープと肉を宇宙に送り届けたことに衝撃を隠せなかった(いわゆるスープと肉・ショック)。

一方PTAは食べ物を粗末にしたソ連に謝罪を求めた。

ちなみに衛星は1958年1月4日に大気圏に突入してスープと肉を撒き散らしつつ消滅した。黙祷…

スプートニク1号には4本のアンテナが装備されていた。アメリカをはじめとする資本主義諸国はこのアンテナから毒電波が発信されていたと主張したが、ソ連政府はこれを妄想だとして退けた。しかしながら、ソ連崩壊後の1998年、スプートニク1号の開発に携わっていた技術者の証言から衛星が実際に毒電波を発信していたことが明らかにされた。

1960年ごろに起きた安保闘争は、スプートニクの毒電波によって反米感情が煽られた結果だと考えられている。また、パナウェーブ研究所が戦っている見えない敵はスプートニクの毒電波の末裔だという説がある。中二病患者およびウィキペディアンも電波に侵されているものdくぁwせdrftgyふじこlp;

後継機ではスプーと肉を搭載し、ここに至って「スプートニク」という名の使命を果たす形となった。 なお、このスプー搭載機は純然たる攻撃型生物兵器であり、各国が宇宙空間の軍事利用を法的に規制するきっかけともなった。打ち上げに失敗したロケットはスプーごと日本海に大量に投棄されていると見られており、日本とソ連(現在はロシア)間での国際問題に発展している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


Nodasori.jpg この項目「スプートニク1号」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)