スペシウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スペシウム」の項目を執筆しています。

スペシウムとは、元素番号102の放射性物質で、半減期は65345年。

1960年代に、M78星雲から宇宙人が持ち込み、初めてその存在が知られた。 火星に多く存在するとされている。

科学特捜隊ネオ元素研究所所長の井出光弘氏は「スペシウムは133番元素だ」と主張しているが、誰も気にしない

概要[編集]

ネオ元素としての性質 [編集]

エネルギーを与え励起状態にすることで重粒子ビームとして発射することができ、物質に衝突すると大きな爆発を起こす。スペシウムを体内に保持できる生物は限られており、宇宙人ではウルトラマンゼットンが確認されている。保持できる生物はスペシウムのビームを受けても爆発しない。 2001年に、アホニウムの原子核に、陽子をぶつけることで、大量生産できることが発見された。

利用法[編集]

暗殺 [編集]

証拠が残らないため暗殺にもよく使われており、元ロシアスパイのリトビネンコ氏の暗殺にもこれが使われた。ちなみに、ポロニウムとは、スペシウムの誤称である。

健康グッズなどへの利用[編集]

微量であれば健康維持に効果がある。これを利用したものが、俗に「ラドン温泉」、「ラジウム温泉」などと呼ばれるものである。またマイナスイオン効果を歌う多くの製品は、実際にはスペシウムを使用していた。

怪獣の駆除 [編集]

空鍋怪獣などを撃退することなどに使われる。特に、バルタン聖人はスペシウムをひどく嫌っている。 科学特捜隊もマルス133などの超兵器に多用していたが、上記の通りスペシウムはポロニウムの別名であるため、使用者の健康被害が心配されていた。

ネオ元素表[編集]

関連[編集]

±

ティガさん.jpg ボクはウルトラマンティガ。この項目「スペシウム」はウルトラシリーズに関連した書きかけ項目だ。
人は…いつだって光になれる。そうだ、君だってティガなんだよ。
さあ、「スペシウム」に君の光を分けてくれ! (Portal:スタブ)