スロ・コルッカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スロ・オンニ・コルッカSulo Onni Kolkka, 1904年12月20日 - 1988年8月21日)は、フィンランドの科学技術を結集して作られたシモ・ヘイヘクローン人間である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スロ・コルッカ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

1939年冬戦争開戦で、ソ連は当時のフィンランドの人口を上回る兵力を投入してきた。このフィンランドの国家的危機をひとりで救ったと言われるのが、史上最高の狙撃手・シモ・ヘイヘである。だがヘイヘは人間ではなくてムーミン谷の妖精であり、怪鳥ケワタガモとの死闘を生き甲斐としており、人間の狙撃は単なる練習に過ぎなかった。だから思う存分に練習すると、とっとと本業であるケワタガモとの死闘に戻ってしまうのである。特に困ったのが1940年3月6日の戦線離脱であり、冬戦争が終わるたった6日前の大事な時期に、戦闘を放棄してしまったのである。

この事態に困り果てたフィンランド軍は、対応策としてヘイヘのクローン人間を製造する事にした。この結果誕生したのが、スロ・コルッカであった。彼はフィンランド軍の期待に応え、オリジナルであるシモ・ヘイヘと並ぶ狙撃手として、ソ連兵を仕留めていった。

しかしフィンランド側はクローン技術を国家の最高機密としたため、スロ・コルッカの正式な記録は残っていない。しかしコルッカに続いてシモ・ヘイヘのクローンは密かに製造され続け、今日も世界を駆け巡っていると言われる。

スロ・コルッカに続く主なクローン人間[編集]

1968年にデビューし、既に50年、未だ現役の狙撃手。いささか無理があるがデビュー時には20代であったと仮定しても、もはや70歳は過ぎているはずだが、とてもそうは見えない。複数のクローンが製造されて世代交代を行っているのは、ほぼ間違いないと思われる。
シモ・ヘイヘのクローンとしては最もよく知られており、オリジナルの知名度すら上回ってしまい、逆にヘイヘのほうが「ムーミン谷のゴルゴ13」と呼ばれるくらいになった。
身長がオリジナルであるシモ・ヘイヘよりも4cm高い事で知られる。
得意技はネット上の狙撃であり、ウィキペディアに「Hydeの身長は156cm」と書こうものなら、たちまちのうちに消去される。
この項目「スロ・コルッカ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)