スーパーサイズ・ミー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
スーパーサイズミーから転送)
移動先: 案内検索

スーパーサイズ・ミー(Super Size me)は、偏食カロリー過多が引き起こす健康被害を訴えたアメリカ映画。公開は2004年、監督・出演はモーガン・スパーロック。スパーロックが30日間、非常に偏った食品のみで、一日に5,000~6,000キロカロリーに及ぶ高カロリーな食事を続けたらどうなるかを記録したものである。またこの間、健康のための運動をやめることで[1]、運動の大切さも訴えた。さらに、スパーロックはファストフード業界を題材にすることで、間接的に、特定の食品だけに頼った食生活では十分な栄養がとれないという、広く知られた事実を再確認した。

概要[編集]

Europa USA.jpg

スパーロック自身は、この映画を作成した当時は33歳であったが、身長6フィート2インチ(約1.205hyde)、体重185.5ポンド(約84.1キログラム)、体脂肪率11%、BMI指数23.2と、肥満とは言えない、むしろ健康的な体をしている。これが極端な偏食とカロリーオーバーの結果、体重は210ポンド(95.2kg)に増え、体脂肪率は18%になり、BMI指数も27という、十分に肥満と呼べる状態にまでなった。さらに彼は、同時期に躁鬱症と性欲減退、深刻な肝炎を経験したため、ついでにこれも偏食とカロリーオーバーが原因だと決定した。

この映画は、多くのアメリカ人の間で問題となり、しかもその急速に広がりを見せる肥満に対しての問題提起と、この肥満をマクドナルドのせいだと主張して同社を訴えた2人の少女に対し[2]、カロリーをとりすぎれば何を食っても太ることを証明して、何でも他人のせいにしてたがるアメリカ人を開眼させるために製作された。

本映画は、ドキュメンタリー映画としてはかなりヒットし、アカデミー賞にもノミネートされただけでなく、多くのアメリカ映画と同様に全米が泣いた

実験[編集]

まずスパーロックは、この実験の正当性を証明するため、開始前に3人の医師のもとで健康診断を受けた。その結果、健康面では平均以上であり、実験の結果が本人の健康問題に起因するわけではないことを立証した。

この健康診断のあとスパーロックは、1か月の間、特定のファーストフード店の食品だけを、一日平均で5,000キロカロリー以上で食べ続けた。また、運動を制限するためにタクシーを多用した。その他のルールは以下の通り:

  • 毎日3回、特定のファーストフード店でだけ食事すること
  • そのファーストフード店のメニューを全制覇すること。それ以外のものを口にしないこと。
  • 「スーパーサイズ」メニューを勧められたら、必ず「スーパーサイズ」にすること

実験の結果[編集]

実験開始直後からスパーロックは、シャックリや水太り、腹痛、嘔吐感などに見舞われた。5日後には体重は10ポンド以上増え、に見舞われ始めた。さらに倦怠感、頭痛などを経験し、また、スパーロックの彼女は彼の精力が減退していると主張した。

20日目あたりから動悸が始まり、医者により深刻な肝炎および心臓への負担が発生していると宣告されたので、ついでにこの原因がファーストフードにあることに決定した。1ヶ月後には体重は24.5ポンドも増えた。正常範囲と言える体重まで戻すのに数ヶ月、実験以前の体重に戻るために14ヶ月も必要であった。

その他[編集]

映画の中では実験と同時に、アメリカの肥満率の高さの原因についてスパーロックの自説が滔々と語られている。例えば、学校で口に出来る食品が自然食品信仰と合致していないこと、多くのファーストフードが効率的な宣伝で売り上げを伸ばしているのに、多くの人が健康的と信じてやまない食品の会社が対抗できていないことなどである。

影響[編集]

  • この映画では、偏食を容易にするために、アメリカ各地にチェーン展開しているマクドナルド社の協力を得たが、このことが逆に、マクドナルドを攻撃することに生き甲斐を感じる人たちに悪用されることとなった。スパーロックの健康被害はマクドナルドの食品のためだと妄信する人たちがこの映画を勝手に持ち出したため、多くの国で、「どんなものを食べようが、偏食とカロリーオーバーでは健康に良くない」というスパーロックの本来の思想が覆い隠されることとなった。
  • この映画が映画祭で上映された後、マクドナルド社はスーパーサイズを廃止したうえ、より健康的と信じられているメニューを加えて、自然食品信者や天然由来物質信者、伝統的食品教徒に配慮すると発表したが、マクドナルド社自体は、この映画の影響ではないと主張している。

問題点[編集]

  • この「実験」では、偏食、カロリーオーバー、運動不足と、不健康を増進する3つの行為を同時に行っているため、どれが本当の健康被害の原因であるかが不明である。このためスパーロックは、どれか一つに絞って(例えば偏食だけでカロリーを押さえるなど)実験をすべきであったとの意見もある。
  • 上記の通り、この映画の趣旨を誤解し、マクドナルド社の名誉を傷つけるためにこの映画を引き合いに出すファーストフード否定教徒が後を絶たない。そうした人たちの多くは自分たちの経典を盲目的に信じるだけの狂信者であり、真面目にとりあう必要はないが、社会的地位のある人たちの中にもこの宗教を信じる人もいるため、しばしば深刻な問題を引き起こしている。

注釈[編集]

  1. ^ しばしば多くのアメリカ人も全く運動をしないと言われるが、それが証明されたことはないので注意すること。
  2. ^ なお、この裁判はマクドナルド側の勝訴となっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スーパーサイズ・ミー」の項目を執筆しています。


Mcdonald.jpg 「すいません、お客様。スーパーサイズ・ミーバーガーは、今準備中で…。おい、そこのパソコンの前にいる店員!早くパンスーパーサイズ・ミーを挟め!さもないとドナルド・マクドナルド様に殺されるぞ!」 (Portal:スタブ)