スーパー雑草

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スーパー雑草(-ざっそう)とは、文字通り凄い雑草である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スーパーウィード」の項目を執筆しています。
スーパー雑草のイメージ

概要[編集]

かつての雑草は、やたら大量に生えてきては人間に抜かれるという運命であった。その後除草剤の登場により、かませ犬のようによりお手軽に雑草が除去できるようになり、人に抜かれる前に枯れてしまうようになっていった。しかし、「雑草の本来の姿とは何か」と問い直した結果、「うざったく生えて人間に立ちはだかるもの」という結論に至り、除草剤にも負けない雑草が登場した。これがスーパー雑草である。

除草剤を使っても枯れないため、人は自らの手で雑草を除去しなくてはならなくなった。これにより従来の風景が見られるようになったが、より手間がかかるようになり非常に邪魔な存在となっている。[1]しかし抜いてもすぐ生えてくる。

進化[編集]

このスーパー雑草は何故これまでと違う雑草に成り得たのか。一説によれば何かと話題の「遺伝子組み換え作物」に影響されたと言われている。遺伝子組み換え作物から遺伝子を組み替えたことによってできた耐久性などをかっさらい、ただの雑草ではない、スーパーな雑草になった。まさしく雑草の逆襲である。また、遺伝子組み換え作物がいつのまにか増えすぎて雑草になってしまったという話もある。

一説によるとゴキブリ並みの耐久性を持つと言われている。主にここらへんがスーパーである。又、スーパー故に内臓が内蔵されているようである。[2]

いずれにしても、今までの雑草とは一線を画しているのは間違いない。やはりスーパーである。

人間の対応[編集]

この今までの雑草とは違う、不屈の精神で立ち上がったスーパー雑草に、速くも人間は対応を始めている。人間は今まで通り文明の障害は文明で乗り越えてきたため、今回も文明で乗り越える予定である。

しかし、ゴキブリ並みの生存力を持ったスーパー雑草にそう簡単には対処できないと思われる。人間の雑草との戦いはまだまだ続く。

自分の庭に生えてきたら[編集]

焼く
スーパー雑草に火をつけ、焼けばいいのである。しかし下手をすると大事なものまで燃えてしまうかもしれないので注意しよう。
超強力な除草剤を使う
前にも書いたように、スーパー雑草には除草剤は効かない。それより自分がアレルギーを起こして検閲により削除
抜く
抜いたらすぐに生えてバキューン!!

うん、気にしないのが1番である。。気にしなかった場合どうなるかは[要出典]

雑草の本来の意味[編集]

そもそも雑草とは「邪魔な草」のことである。スーパーな雑草ということは、邪魔さもスーパーということである。

ところで、人間が勝手に生み出しておいて邪魔とは随分な扱いである。地球上で最も邪魔なのは、スーパー猿であることに、人間はそろそろ気付くべきだろう。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 最も、それこそが本来の雑草の姿かもしれない。
  2. ^ 除草剤の毒をスルーできるため、新しく内臓を取り付けたと思われる。
  3. ^ だからといって誰かのように人類の粛正を目的に地球を最期を迎えさせるのはどうかと思うが。

関連項目[編集]


この項目「スーパー雑草」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)