スープカレー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スープカレーとは、下痢うんこに大量のカフェオレを投入した健康食品のことである。古代ムガール帝国からの伝統食で、現代ではインドネパールなどの南アジア、インドネシアなどの一部東南アジア、日本の北海道にのみ現存する。単にカレールウにを多く足してしまってできた失敗作をスープカレーと呼ぶ場合もある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スープカレー」の項目を執筆しています。

作り方[編集]

ムガール帝国秘伝の作り方は門外不出のため、長い間その製法は謎とされてきたが、北海道のローカルタレントバス芸人大泉洋氏によって日本でも再現され、北海道で爆発的な発展を遂げた。余談ながら、大泉氏はその功により、次期ムガール帝国首相の座を約束されているとも言われている。

  1. 野菜を育てる。
  2. を捕まえてくる。
  3. カレーのスパイスと検閲により削除を混合して香ばしくする。
  4. DHMOを加えてスープを完成させる。
  5. 丸揚げにした野菜と鶏を投入して完成。

誤った作り方[編集]

  1. うんこする。
  2. カレーを入れる。
  3. 具材を入れる。
  4. 完成

スープカレーの拡がり[編集]

  • AIR DOが公式機内食として採用。
  • ムネオの好きな食べ物ベスト10入選。ムネオハウスのメニュー化決定。
  • 夕張スープカレー館開館。負債削減に一役買う。
  • 札幌市、毎週水曜日をスープカレーの日に制定。学校給食にも採用。
  • 北の将軍様に毒入りスープカレーを献上。
  • 食べると大泉洋に変身してしまう人間が急増。

関連項目[編集]


Dish.png このスープカレーは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)