セクレタリアト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
馬に見えるが、サイボーグである。

セクレタリアトとは、美国が生んだ怪物である。 主戦騎手は、ロン・ターコット(ロン・デニスではない。)である。1973年の美国三冠馬で、20世紀の美国名馬100選にも選ばれた。 ハンス・ウルリッヒ・ルーデルシモ・ヘイヘと張れる唯一の動物である。

怪物ではあるが、こいつではない。

来歴[編集]

セクレタリアトは1970年3月30日、バージニア州で製造された。ロシアン・ローリン調教師に調教され、2歳の年の7月の未勝利戦でデビューした。4.1倍の1番人気だったが、スタートをミスり、しかも、不利を二度受け4着に終わった。しかし、一週間後の未勝利戦で本来の実力を爆発させ、600馬身差をつけて圧勝。その後、続けて5連勝し、周りの2歳馬のやる気を削いだ。(みんな、YDKなのにである。)この年、年間代表馬と最優秀2歳馬に選ばれた。

3歳[編集]

この年、三冠を狙ったセクレタリアトは、3月までフロリダでバカンスを楽しみ、ニューヨークへ戻った。ニューヨークに戻ると、ケンタッキーダービーの前哨戦以外は、全て勝ち、周りのやる気をさらに削いだ。(繰り返すが、皆YDKなのにである。)ケンタッキーダービーでは、ノーザンダンサーのレコードを、0.6秒更新して勝利した。セクレタリアトは明らかに抑えていた・・・。

迎えた二冠目、プリークネスステークス

悔しさのあまり、怒る顎。『アイツは、レギュレーション違反だ!!!』

は、逃げるイタリアンスタリオン(エイドリアーンではない)の銀河帝国ペヤングとシャムに2馬身半の差をつけ、二冠を達成した。

迎えた三冠目、ついにリミッターが外れた怪物はトンデモな記録を生み出すのである。

ベルモントステークスには6万7000人の観客が押し寄せた。このレースでのライバルは、シャムと丸焼けになった人音速の奇行子である。セクレタリアトは珍しく逃げの戦法を取った。グングンと差は広がる。音速の貴公子は、タイヤトラブルでリタイア。ニキ・ラウダは予選で11番手だったが、伸びて来ない。シャムも早くに力尽き、直線入り口で既に200馬身差。グングン伸びるセクレタリアト。

負けてたそがれる、ニキ・ラウダ

終わってみれば、いつの間にか2着に上がったニキに310馬身差つけ圧勝した。タイムは、2分24秒0。とんでもない、レコードタイムである。この記録は今も破られていない。(←は本当)セクレタリアトは、ついに三冠馬となった。その後もなんか負けた2回を除き、安定感のある勝利をし続け、この年も、年間代表馬に選ばれた。

ちなみに、三冠目のベルモントステークスで純粋に一番速かったのは

エンジントラブルの上に事故!!残念!!

黄色いおじさんのチーム残念な事にだったが、出走直前に不運なことに

エンジントラブルが起こり出走取消となった。

特徴[編集]

特徴としては、基本的に馬相手だと最強である。二度もフェラーリを抑えてG1を勝利していることから、エンツォ・フェラーリに恨まれている。(一度、チームに誘ったのに、拒否したことも後を引いている。)シューマッハとは仲が悪そうに見えるが、実はなかなかの仲良しである。両者は、F3のマカオGP北欧の酔っ払いの前のフライング・フィンにして恐妻家と絡み事故を起こしているが、セクレタリアトの方はあまり認識されていない。戦法によって足の使い方が変わるらしい。(←は本当) 髭ダルマは、その攻撃的なドライブが自分に似ていることからセクレタリアトの事を気にかけているらしい。 まろやかな人は、まろやかにシューマッハを撃墜する様を見て、二代目のペヤング候補の一人にカウントしているなど、 評価は様々である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セクレタリアト」の項目を執筆しています。
ディープインパクト.jpg 君!次のレースはセクレタリアト乗ってくれ!
君が騎乗すればGⅠ勝利も夢ではない!頼んだぞ! (Portal:スタブ)