セゴレーヌ・ロワイヤル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
セゴレーヌ・ロワイヤル

マリー・セゴレーヌ・ロワイヤル(Marie Ségolène Royal 1953年9月22日 - )は
フランス人で昔は美人だったかもしれないおばちゃん[要出典]
シラク大統領の任期満了に伴う、フランス大統領選挙(2007年4月22日、投開票)に立候補。史上初の女性大統領を目指す。

経歴[編集]

ロワイヤル女史の内縁の夫

1953年9月22日 セネガルの首都ダカールに生まれる。

で、途中のうんぬんはこっちに任せて…

現在はフランス大統領選で猿孤児バトル・ロワイアルを繰り広げている。

猿孤児とのバトル・ロワイヤルの様子 猿孤児とのマジバトルの様子

2007年5月7日 日本時間未明に落選が確定した。

セゴレーヌ・ロワイヤルの内縁の夫は、同じく社会党第一書記のフランソワ・オランドとされる。

主張[編集]

ピルの無料化で高校生から歓迎されるロワイヤル女史

出来もしないことを公約にあげる左派社会党らしく「福祉の充実」「最低賃金の引き上げ」を公約にする一方で「正しい秩序」形成を掲げ、非行少年少女への軍隊式教育をはじめ、国旗掲揚や国歌斉唱を称揚するなど石原慎太郎ばりの国家主義・権威主義的な主張も唱えている。

1999年、高校生が性交によりできちゃったケース(年6000件)が目立っていたフランスにおいて、ピルが薬局で処方箋がなくても買えるようになった。これを受けて当時教育相だったロワイヤルは、女性の保護、女性の自己決定権を重んじる立場(すなわち、女子高生であっても、ウズウズしたらアーン♥♥しちゃってもおkとする立場)から高校でのピルの無料配布に踏み切った。

この措置は三次元おにゃの子好きからは「女子高生と生でグッヘッへ」と強い支持を受けたが、パソコンの画面からしかおにゃの子と接することができない二次元派からは高校生のセックスを奨励するものであるとの批判を浴びた。

外国に対する発言など[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セゴレーヌ・ロワイヤル」の項目を執筆しています。
  • カナダケベック州の謀反に好意的ともとられる発言をし、カナダ政府の一部から怒られたことがある。
    • これに対しフランスのモノマネタレントジェラール・ダアンが「ケベック州首相」に成りすまして(ただケベック訛りのフランス語を話しただけ)、彼女に電話をかけ「カナダにとってのケベック独立は、フランスとっての「コルシカ独立」のようなもの」というと、「ここだけの話だけど、フランス人はコルシカみたいな田舎いらねぇしw」と発言。これら発言は録音され、ダアンのラジオ番組で暴露されてしまう。
  • 過去に日本漫画アニメの性表現や暴力表現を著書で批判していることでも知られている。
    • こうした彼女の姿勢を、日本のアニメの世界的普及を日本の国益と考える麻生太郎閣下は「最近の少女漫画など日本の漫画、コミックというのは幅広くなっている。もう少し読む量を増やされた方がいい」と批判しローゼンメイデンを進呈した。