セバスチャン・ベッテル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セバスチャン・ベッテル」の項目を執筆しています。

セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、1987年7月3日 - )はドイツ人の凄腕F1ドライバーであり、2009年にトロはマグロから翼をさずけるに移籍した本物のイケメンである。ユーモアとジョークセンスの持ち主だが、ベッテルは水だということを本人は知らないに違いない[1]

下積み時代[編集]

フェッテェルはF1に参戦する当初は、常に資金繰りに苦しめられた。そのためレース活動(放火訓練)と並行して、その容姿で男を口説き周り、アルカポネよろしく裏で資金を稼いでいた。代表者の口説き文句は『私は男になりたい』(デューンズ内にて)尚、最高収入$1万/日を記録し、テレビ俳優が高収入だという記録を塗り替えた。

資金難に遭いながらも、腕が立っていたフェッテェルは常に下位カテゴリで好成績を収め続け、F1チーム又その他のゲイ達から熱い視線を浴びるようになる。しかしルイス・ハミルトンの独壇場であったため影に隠れたサイズではあるが、それでも彼のレース中にネタを披露したのがウケたのか、ベーエムベーからオファーがかかった。また、当時のベーエムベーモータースポーツディレクターのゲルハルト・ベルガー氏(53歳)との密会写真をゴシップ誌が掲載、大人のホテルに入る姿を激写されていた。これによりベーエムベーからのオファーを体で獲得したと噂されるが、後に「おっさんなんかと誰が寝るんだよwバカじゃねえの?」発言により、事は済んだ。

F1デビュー[編集]

2007年、カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサの代役として、アメリカGPで出走を依頼されたフェッテェルはデビュー戦でいきなり8位入賞を果たす。これは当時最年少記録の持ち主であったジェンソン・バトンのものを塗り替える形となり、レギュラー昇格を打診されてトロ・ロッソへと移籍した。

その後迎えた日本GPの富士急ハイランドで目の覚める快走を見せるようになる。一時は3位を走っていたのだが大雨の中でネタを披露したのが見事にスベり、セーフティーカーの後ろにいた親玉チームのレッドブルマーク・ウェバーにぶつかり両者ともリタイアしてしまう。怒ったフロントはフェッテェルをクビにしようとしたが、その後の中国GPの雨の上海では雑技を交えたネタが炸裂し、4位入賞を果たした。この時、無線では歓喜のあまり普段は見せない様な「イェアアアアアアア~フゥウウウウウ!!」と叫ぶ幼き様子が確認されている。

2年目[編集]

2年目にはトロ・ロッソの正ドライバーの座に着いたVettelはアップデートミサイル(北朝鮮製でない)を自ら手がけ、着々とポイントを稼いでいくようになる。(同時期に、相方のセバスチャン・ボーデは、頻繁にチーム・クルーから消火器の泡を浴びせられる、チャンピオンシップを争うマッサと衝突してペナルティを受けるなど、ポイントにつながらないネタでカメラを向け続け、両セバスチャンの方向性の違いが、コンビ解消の一因となった。)

そして迎えたイタリアGPでまれに見る大雨となるが、正確なドライビングとスベらないネタでPPを手にし、そのまま勢いでポールトゥウィンをやってのけたのだ。振り向けば、Vettelは史上最年少でフェルナンド・アロンソの持つ記録を更新、さらに新記録である「初優勝がポールトゥウィン」という記録を打ち立てたのだ。当然この時も「イェアアアアアアア!!」と叫んで幼さき可愛さを見せつけ様としている。

また、雨のブラジルにて混沌としたチャンピオンシップの行方を的確に把握し地元ゲイファンへの放出サービスを欠かさなかったことが評価され、次年度からデビッド・クルサードの後ヤリとしてついにゲイの巣レッドブル・レーシングから出走することになった。

3年目[編集]

2009年は2年前に雨の日本GPで跳ね飛ばしたマーク・ウェバーと組むことになり、「肩身とストライクゾーンの狭い新人」というキャラクターで売り出し始めた。

初戦・オーストラリアGPで、ロバート・クビサの猛追を防ごうとしてクラッシュ、両者リタイアした直後に、チーム・クルーに対して激しく「ごめんなさい、ごめんなさい(I'm sorry Really I'm sorry!!)」とお仕置きを防ごうと謝る無線が確認されている。そのまま勢いでクビサやBMWザウバーに対しても必要以上に幼稚な姿勢で謝罪してしまい、見事に第2戦・マレーシアGPで10グリッド降格のペナルティーを受けた。この際、母なる母国の先輩ミハエル・シューマッハから「お前、バカ正直すぎるわ(Ihre sehr ehrlich)」とのツッコミを入れられた。

第3戦・中国GPでは、自身2勝目をポールトゥウィンで決め、「サンキュッガ~イズ(中略)サンキュサンキュッッ!!」という印象的な発音を披露している。

第15戦・日本GPの直後、那須高原をマーク・ウェバーと歩くフェッテェルの姿が目撃された。チャンピイオン獲得に向けて自分探しの旅をしていたフェッテェルをストーキングして来たと思われる。その際、ウェバーがフェッテェルの暑く蒸れた足の裏を丹念に舐めていた(ウェバーはロリでマゾであった)事は、あまりにも有名なエピソードである。(これ以後、マーク・ウェバー焼売ではないかという噂が絶えない。)

4年目[編集]

前年の成績がすこぶる良かったので、もうすでに「肩身とストライクゾーンの狭い新人」というキャラは通用しなくなっていた。また、ゲイだったので、スタイルを一新しようとしていた。まず、その疑惑の元凶となったウェバー(焼売)にツンデレを行い始めたのだった。この行為は確かに効果があった。特にトルコGPで先行するウェバーに「カミカゼミサイルアタック」を行った事で、ウェバーペット化疑惑がなくなったのである。このアタックを行った後、フェッテェルのマシンは何回転もスピンしてランオフエリアに静止した。マシンを降りたフェッテェルはよっぽど目が回ったらしく、カメラが自分に向いている時に、右のコメカミあたりで人差し指を何度もくるくる回していた。今のフジテレビのアナウンサーはみんなユーモア欠落症患者なので「ベッテルキレテル」と評したが、みのもんたのプロ野球珍プレー!好プレー!だったら、みののアドリブで「あー、目が回った目が回った!」ってアフレコがつけられるほどの微笑ましい非常に可愛らしい内容であった。

しかし、これはフェッテェルの作戦であった。実は、フェッテェルはウェバーの事が大好きで仕方ない。その証拠にウェバーの瞬間湯沸かし器並に低沸点ブチキレ回路を真似している事から容易に推測される。 こうして、自分ところのチームが険悪で有るところを、ライバルであるマクラーレンフェラーリ等に見せて、そのチームが険悪になることを計算したのである。 そう彼は見た目は子供.頭脳は大人なので有る。

だが、Vettelの謀略は見事にスベッテル!! マクラーレンのルイス・ハミルトンジェンソン・バトンは「俺たち、イギリス人同士だから仲いーもんねー!あっかんべぇーーーっ!」ってアピール。フェラーリのフェルナンド・アロンソも「フェリペ・マッサはチームオーダーにも応じてくれるいいやつだよ!お前んところみたいな赤ベコと一緒にするなよなww」と一喝。逆にベッテルのウェバーから継承した低沸瞬間湯沸し回路に火をつけてしまった。これにより、ベルギーグランプリまでに6回のポールポジションを獲得しているにも関わらず、優勝は2回ポッキリ。点数は師匠のウェバーよりも低くなっているのである。

「策士、策に溺れる」の典型的な例が見える傾向であり、低沸点瞬間湯沸し回路的なスーパーラップを見せるが、結果に結びつかないままであった。但し、ペット疑惑から話題を少しだけ変える事には成功したようである。

あと、グランツーリスモシリーズにRedbullの超気違いカー「X2010」がでているが、その中に一際目立つフェッテェルらしく可愛く愛おしいフェッテェル仕様の奴がある。

Sebastian[編集]

(「佐藤琢磨」の項目も参照の事。)

2008年の彼のパートナーはセバスチャン・ボーデで、この年のトロロッソはWSebastianを達成。2009年、親会社のレッドブルに移籍したところ、トロロッソはセバスチャン・ブエミを加入させ、まさにSebastianだらけで『Sebastianに非ずんばドライバーにあらず』という立場を明確にしている。これに対し、デビッド・クルサードは「Hi's not Sebastian name-face ,」ってことでレッドブルを離脱。残ったマーク・ウェバーはVettelのそばから離れたくなくなって来た為改名を真剣に考え出しているという。

また、トロロッソは2009年ドライバー候補として佐藤琢磨をテストしたが、こちらはSebastian度0なので、セバスチャン・ブエミを新規採用、セバスチャン・ボーデを残留させ、結局レッド・ブルグループの全世界執事化計画(World of Sebastian project)は着々と進行中である。チーム代表のトスト氏は「佐藤琢磨は確かに良いドライバーだが、彼には改名するほどの誠意が見られなかった。名前にSebastianを加えたり、色々と手段はあったはず。」と言い残している。また同じストーブシーズン、レッドブルレーシングではテスト候補にラリードライバーであるセバスチャン・ローブや音楽家ヨハン・セバスチャン・バッハの名前を挙げており、世界各国の主要レーススタジオに執事喫茶出店の噂が絶えない。 しかし、Sebastianよりメイドが良くなって来た大トロがシーズン中にセバスチャン・ボーデを解雇、久々に非セバスチャンのハイメ・アルグエルスアリ事蟻を起用した。これにより、レッドブルグループの全世界執事化計画は、小休止を迎え世界動物園計画(We are born the zoo project)が初まったたように見えた。しかし、レッドブルグループは、これとは全く別のところで、 World of Sebastian projectを着々と進行させていた。

レッドブルが支援するシトロエンは、WRCに2つのチームを参戦させており、計4名の正ドライバーのうち2名がセバスチャンである。以前から参戦していたチャンピオンのセバスチャン・ローブに加え、セバスチャン・オジエは、レッドブルが支援を始めた2008年度にシトロエンを駆ってジュニア・カテゴリーのチャンピオンに輝き、翌2009年から世界ラリー選手権に参戦している。ちなみに、このような状況下で2010年にシトロエンのチームでWRCデビューを果たす、次なるセバスチャン候補は、キミ・ライコネンである。

しかし、このような池沼共の勝手な妄想に対し、ウィキペディアでもついに、「Vettel(フェッテェル)の場合、正式な発音は(Sebastian)セヴァスティアン(ドイツ語)で有りあなた方は池沼で低脳で有る事は明白なので記事の妄想を止めよ」と主張している。

ベッテルは水[編集]

よくベッテルはその名前が故に「ベッテルは水」というギャグがファンの間で広まっているが、「このような傾向に対しても、例の頭の固い方では、「でも、vettelの正式な発音は『フェッテル』だよ」と主張している。しかし、現にフェッテェルは可愛いのだから、このキモオタの留学時は主張は誰も聞き入れないであると言えよう。」 {8月31日(夏の終わりを告げるこの良き日に)出た結論によると、フェッテルはキモい妄想でもフェッテェルには一切の関係が有りませんフェッテェルは可愛くてセクシーなイケメンドライバーでありる事は間違いありません。。。}

フェッテェルとメカと妖精達[編集]

2007年に(好奇心旺盛な)フェッテェルはザウバーのメカニックと一緒にカナダ風俗にいったことを暴露している。しかし、本人曰く「2人の女の子が僕の目の前で励み始めて、ちょっと刺激が強すぎたから帰らせてもらった」と語っているが、 本当はその当時は女の子だったから帰ったので有る。 又、彼は完全なゲイ完全体な為女の営みをみた瞬間(何だこのエゲツない面は)と思った違いない。ヤッダー!私みたい~カーワイイー[2]

脚注[編集]

関連記事[編集]