セルフ式ガソリンスタンド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

セルフ式ガソリンスタンド(せるふしきがそりんすたんど)とは、近年高騰するガソリンを少しでも安く売って地球温暖化を促進するために考えられたガソリンスタンドの一種である。

「仕入れ」から自分でしなければなさそうなスタンド。

概要[編集]

「セルフ」とは、セル(売る)して車のタンクをルに(満タンに)してもらうという意味である。人件費などを極力削減し、ガソリンを入れるということに特化したものである。そのためガソリンは自分で入れる。窓拭きとかも自分でやる。ググレ、つまり自分でやれってことだな。

歴史[編集]

欧米では主流のセルフ式スタンドだが、日本ではツンデレ性が認知されておらず安全性の観点から認められていなかった。つまり全身に浄化の効果がある服を着用した係員が行っていた。しかし1998年の消防法改正で規制緩和された。これは手を清めればガソリンは爆発しないということが証明されたからである。ただし、ツンデレっぷりは変わらないので係員が常駐する必要がある。

現在もフルサービススタンドに替わり、爆発的に増加している。元々は地球温暖化促進の意味合いが強かったが、予想以上にガソリンが高騰し、庶民が少しでも安くガソリンを入手する方法と認識されている。

使い方[編集]

まずガソリンで動く車を持っていることが必要である。ポリタンクとかにいれるとタイーホされるので注意。

  1. まず給油機に横付けする。ここで高度な停車テクニックを披露する者もいるが、素人がやると給油機とか隣の車とかに激突して大事故を招くので安易にするのは控えるべきである。
  2. 車内から火気を消す。外に出さないように。出してもいいけど、西部警察みたいになるかもしれない。
  3. 給油口を開ける。これやらないと給油できないことは誰でもわかる。だがバイトの兄ちゃん姉ちゃんの誘導なしに入って来たドライバーの一部は、ここで初めて自分の車の給油口が反対側にある事に気付いて凍り付く。
  4. 支払い方法は店長の気分で決められているので確認する。クレジットカード払いの場合、当たった給油機がツンデレだと、差し込んだカードを離してくれない場合があるので、あらかじめ取り乱す練習をしておくと良い。
  5. 給油機に貼られている放電プレートに触れて、手を浄化する。ガソリンはかなりのツンデレであるので、浄化せずに給油しようとすると「そんな汚い手で触るんじゃねぇ!」と文字通り炎上、大爆発を引き起こす。因みにエコ運転をするとデレ状態になって車を沢山走らせてくれる。
  6. 給油口のキャップを回して外し、給油機や自車の給油口の蓋に設けられている「キャップ置き」に置く。
  7. 自分が給油したい油種の給油ノズルを取る。レギュラー・ハイオク・軽油などで給油ノズルの色が違うので、表示と色を見て間違えないようにする。間違えるとツンデレなガソリンは「間違えてんじゃねえ!」と怒り出し、車の機器を破壊する。日本ではセルフスタンドはまだ歴史が浅いため、油種のカクテルやハーフ&ハーフ、濃い目、砂糖少なめ、氷なし、ネギ多めなどに対応した高機能な機械は普及していない。
  8. 給油ノズルを給油口に軽く当てて焦らしてから挿入する。給油ノズルにはゴム栓状の蓋が付いており、この蓋が給油口を塞ぐまで深く一気に挿入する。浅いとドクドクとガソリンが溢れてしまうので注意が必要で早漏。
  9. 給油ノズルのレバーを引く。ノズルの先端にはとても敏感なセンサーが付いており、タンクがパンパンになると自動的に給油が停止する。但し、一旦ノズルを外して再度挿入して給油すると溢れる事がある。もし溢れた場合、ガソリンを雑巾やティッシュなどで優しく拭いてあげる。間違っても夜の感覚で嘗めてはいけない。
  10. 給油ノズルを元の位置に戻す。
  11. 「キャップ置き」からキャップを取り出し、車に取り付ける。みんな存在を検閲により削除してしまうので注意。大半の乗用車はキャップにラチェット機構が内蔵されたスクリュー式で、回して閉めたあと最後に少し力を入れて、「あああんっ」と2~3回喘ぐまで回して閉めれば適正な締め付けトルクを得る事ができる(「カリガリガリッ」と何度も鳴るほど回すとキャップの破損につながる)。
  12. 給油口の蓋を軽く押して閉じる。給油完了!

問題点など[編集]

  • ガソリンがツンデレだと知らない人がセルフ式を利用すると、大爆発などを引き起こす。
  • 地球温暖化を助長しているとして一部団体が廃止運動をしている。
  • いろいろとエロい。
  • めんどくさい
  • 子供が面白がって給油をしようとして手を滑らせ、辺り一帯がガソリンまみれになることがある。
  • 窓拭くのめんどくせーんだよ
  • 間違って違うガソリンを入れて車がぶっこわれることがある。
  • 実は自分で入れるとカロリーを消費するので結局意味が無いという意見がある。
  • 欧米とは違うんだよ!日本は日本らしくやるんだよ!
  • 中にはセルフが嫌いな人がいるので、セルフじゃないところを探しているうちにガス欠になってレッカー車のお世話になることがある。
  • 金がありあまってる人は楽なフルサービス式を選ぶので、こんなとこにも格差社会が生まれている。
  • 少しでも給油口から垂れていたら拭くこと。後々大変なことになるはず。
  • レジでカード払いだと店員の態度が変わる(現金はデレ状態となってくれる)

ガソリンを安く手にいれるよりは[編集]

公共交通機関(特に鉄道)を利用しよう。

ツンデレ女王、ルイズさんより[編集]

ちゃんと手を清めてよねっ!

ガソリンは私と同じツンデレな乙女なんだから優しく扱ってよねっ!

この項目「セルフ式ガソリンスタンド」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)