沽券?派遣!Theセンター試験!!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、クイズ番組について記述しているばい! 宝くじにつ・い・て・は「大学入試センター試験」をCHECK IT OUT!! はい!!!

沽券?派遣!Theセンター試験!!(こけんはけん ざ -しけん、以下「センター試験」)とは、全国ネットで放送される日本の大規模クイズ番組。なお、2020年をもって放送が終了される予定である。

概要[編集]

センター試験は正月の恒例番組となっており、前年から出演者の募集が行われている。ところが特番といえども寄せられる希望はあまりに多く、全国から約50万人が押し寄せるという事態が毎年発生してしまい、開催側による参加者情報の取り扱いがおろそかになるように思われる。そのためこの混乱を見計らってか、よりよい成績を残せるようにと能ある別人に出演依頼をおこなう参加者も少なくない。しかし顔が映ってしまったらバレてしまうのではないか? という疑問が浮かぶが、これに対する回答は後述する。

日程[編集]

試験日程は以下の通り。全国高等学校クイズ選手権などと同じく長期型の編成を採っている。解答はすべてマークシート方式。なお、2012年度の試験から時間割やクイズの選択の仕方に変更がある。

第一日[編集]

  1. 受験者のオタク度を問うたり、作家論的思考を押し付けるカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  2. 現代の政治批判や人間の闇の心を読み体制とは何かを問うカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  3. ひたすら暗記した記憶を甦らせたり、方向音痴を確認したりするカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  4. 難解な日本語更には古文書や古代中国語の解明を求められるカルトクイズ:200点満点、制限時間80分
  5. 外国語を翻訳し解答するカルトクイズ:200点満点、制限時間80分
  6. アメリカで使われている言葉(主に北部各州)またはエゲレス(本国)で使われている言葉を聞きとるカルトクイズ:50点満点、制限時間30分

第二日[編集]

  1. いきものがかりのファンのためのカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  2. 爆弾DHMOナントカ還元水についてのカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  3. 目にみえない現象を説明するカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  4. 目に見える自然現象をわざわざ数式で表す、または太陽系第三惑星についてのカルトクイズ:100点満点、制限時間60分
  5. 落書きされた〇、△、□や~について、考察を加え続けるカルトクイズ2題:各100点満点、制限時間60分

評価[編集]

正月特番であるにもかかわらず視聴率が非常に低く、番組の打ち切りが取り沙汰された。原因として、出題内容の難解さ、地味なスタジオ風景[1]、展開の平坦さ[2]、極めつけは結果発表の極端な引き伸ばしといった編集の未熟さが批判を受けた。このため深夜帯に移行したり、問題と解答を省略して新聞紙面でのみ発表するというように次第に放送時間が短縮されていき、現在はニュース番組の一コマとして扱われているに過ぎない。[3]こうして参加者のプライバシーは容易に保護されており、忙しいけどちょっと品位を上げておきたい参加者による代理人の派遣が相次いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 参加者の多くは普段着でなおかつ後姿しか撮影されない、マークシートを塗りつぶす模様が坦々と映し出されるなど。またクイズの回答は声に出さずマークシートに記入するので、無音による放送事故が多々起きる。
  2. ^ スタッフが会場から参加者を追い出すというささやかな場面がピークである。
  3. ^ 全国のクイズ研究会・クイズマニアにとっては大変貴重な問題を取り扱っているため、いまだに放送が続けられているのは彼らの根強い人気に支えられているからだ、と言っても過言ではない。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「センター試験」は何故か「大学入試センター試験」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
この項目「センター試験」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)