センチメンタルグラフティ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

センチメンタルグラフティ(Sentimental Graffiti)とは、NECインターチャネル1994年に発売したセガサターン向けゲームソフト。他機種や続編、CD、書籍等の派生作品に関しては、公式に許可を受け発売された物だけでも正倉院に伝わる宝物の数を軽く超えるため、本稿では主としてゲーム本編について記述する。

概要[編集]

主人公は高校三年生の男子となって、日本全国に散らばった12人の刺客からの精神、物理の両面攻撃から身を守り、一年間を生き延び、無事に卒業することが目的である。

主人公の家族は12回の転勤を繰り返し最終的には東京に落ち着いたが、両親は流浪の生活の果てに死去したと考えられ、登場することはない。

この際に知り合ったストーカー体質の女性達が人生の一大転機となる進路選択を行う高校三年の大事な時期に主人公を追い詰めようと結託し、主人公はそれを防ぐためこの刺客集団を各個撃破、内部崩壊させるべく日本中を駆けずり回ることになる。

ゲーム内容[編集]

主人公に対する攻撃[編集]

手紙[編集]

ワープロや新聞の切り抜きを利用し、差出人を特定できないようになっている。

ゲーム開幕に主人公に対し送りつけられた物は、最後に書かれた「あなたに、会いたい。」というシンプルな一文でトラウマを呼び起こし、主人公はこれ以降フラッシュバック症状に悩まされることになる。

電話[編集]

主人公宅の留守番電話に対して行われる攻撃。時代は1994年であり、携帯電話は普及していない。寝て起きたら数時間無言のテープが録音された留守電を聞く羽目になり、精神が蝕まれていく。

ストーキング[編集]

常に誰かに見張られているというプレッシャーを与え続けることで行動を制限させ、前述の自宅への電話攻撃をより有効にせしめる。また、深夜以外に出かけるとどこからともなく現れ、主人公は夜まで引きずり回される羽目になることもある。

ビンタ[編集]

早朝自宅の前で待ち伏せし主人公に恨み辛みを述べた後、殴り飛ばしそのまま帰って行く非常に迷惑な行動。痴話ゲンカは口さがないご近所の噂の元となり、地元での評判を著しく下げることになる。

主人公側からの攻撃[編集]

主人公は学生という立場上、積極的な攻勢が可能なのは土日、祝日、夏期休暇などの時間に限られることになる。このとき敵地に赴くための交通費は当然のことながら遠隔地になればなるほど高くなり、例えば札幌まで往復すると3万円近くの現金が必要となってくる、これに対し両親の援助は求められないので、主人公はバイトを行い、学業を終えた後馬車馬のように働き日給5千円を得て(休日であっても敵地や地元において日払いのバイトが用意されており、主人公の年収は200万円を超すことも可能)これを利用することになる。また、現金は敵地での宿泊費用に当てることも出来るが、現金が枯渇するとヒッチハイクによる移動(トラックの運転手の気まぐれで目的地を決められる)を強いられるため、無料ですむ野宿が敵地での基本的な戦術となる。

登場人物[編集]

田中一郎(たなか いちろう)
本作の主人公。普通の人間なら疲労や将来に対する絶望感から一月後には過労死ないし自殺は免れない生活を一年間続けることになる。受験そっちのけで。
沢渡 ほのか(さわたり ほのか)
北海道札幌市在住。12人の中で唯一乗馬スキルを持っている。馬による機動力は抜群であり、主人公を翻弄する。
安達 妙子(あだち たえこ)
青森県青森市在住。実家に行くと料理を振る舞ってくれ消化器系のダメージを狙ってくる。電車飛行機に乗っていると“偶然”出会うこともあり油断できない。
永倉 えみる(ながくら えみる)
宮城県仙台市在住。電波を受信しているとしか思えないアレな言動で主人公を悩ませる。日本全国が舞台だが方言が基本的に存在しない本作において方言を扱うレアキャラでもある。
星野 明日香(ほしの あすか)
神奈川県横浜市在住。東京から最も近い位置に住んでいる事もあり、主人公が他の地域に侵攻した帰りに時間が余っているとついでに攻撃されるある意味不憫なキャラ。
保坂 美由紀(ほさか みゆき)
石川県金沢市在住。和服を着用する事から防御力に注目されがちだが、頭突きに特化した頭から非情に攻撃的な一面を伺うことも出来る。
山本 るりか(やまもと るりか)
愛知県名古屋市在住。少女時代に主人公から受けたトラウマに悩んでおり、主人公を同じ道に引きずり込むべく暗躍する。
綾崎 若菜(あやさき わかな)
京都府京都市在住。式神が乱れ飛んだ地に住んでいるだけありその呪詛の重さは12人中トップクラス。物理的攻撃力の低さは祖父日本刀でフォローするため隙がない。
森井 夏穂(もりい かほ)
大阪府大阪市在住。グリコの看板で有名な道頓堀を根城としているからか、陸上部で鍛えた足で主人公を追い詰めていく。
杉原 真奈美(すぎはら まなみ)
香川県高松市在住。本人は病弱なため本拠地から動くことはないが、動物を操る事によりカバーする。渡り鳥による監視と、猛禽類による襲撃は主人公にとって驚異となる。
七瀬 優(ななせ ゆう)
広島県広島市在住。星を詠むことが可能で、こちらの行動パターンを占星術で予測して真綿で首を絞めるように主人公を追い詰めていく。
松岡 千恵(まつおか ちえ)
福岡県福岡市在住。地元では“顔”であり、その組織の影響力が強い福岡市内では、主人公の行動は大幅に制限されることになる。
遠藤 晶(えんどう あきら)
長崎県長崎市在住。音波兵器の使い手であり、高周波数域を利用した脳への精神的ダメージと、低周波数域を利用した骨への物理的ダメージの両方に注意する必要がある。

エンディングとその後[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、俺こそが伝説の怪物(I am Legend)だったことや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、レイヴンの両親を殺したのはアンビエントであることや、ギラタクルの正体はキルアの兄のイルミ・ゾルディックであることや、マーティン・ジグマールは自分のアルターに殺されることや、ブルースはロックマンの行方不明になった兄であることや、雛見沢連続怪死事件の真犯人は鷹野三四であることや、ウルトラマンネクサス及びザ・ネクストは力を失ったウルトラマンノアの不完全体にすぎないことや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

エンディング[編集]

主人公は精神と肉体の両方のダメージを受け続け、結局死去することになる。続編では主人公の告別式で弔問に訪れた12人の勇姿を見ることが可能である。

その後[編集]

主人公の遺体を巡って彼女たちの意見は別れることになる。

  • 東京に保存し、好きなときに見に行けるようにする。
  • バラバラに切り刻ざんで12人の元に分配する。
  • 冷凍保存して一月ごとに上からクール便で持ち回しする。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「センチメンタルグラフティ」の項目を執筆しています。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「センチメンタルグラフティ」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)