ゼエヴ・ジャボチンスキー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ゼエヴ・ジャボチンスキー(1880年10月17日 – 1940年8月4日 ヘブライ語: זאב ולדימיר ז'בוטינסקי)は、ロシア系ユダヤ人政治家思想家ジャーナリスト小説家詩人翻訳家である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゼエヴ・ジャボチンスキー」の項目を執筆しています。

成長[編集]

ジャボチンスキーは1880年10月17日、ロシアのオデッサに生まれた。若くして大きなものを秘めていたジャボチンスキーは、18歳のときに法律を学ぶべくイタリアスイスに勃ち、そこでいくつかのロシアの有名な新聞社の特派員をも努めた。彼の記事は人々に広く読まれ、彼はまたたく間にロシアの一流ジャーナリストとして認められた。ジャボチンスキーは自らの記事全てに、「アルタレナ」という実に男性的なペンネームを用いて署名した。

成熟[編集]

1903年のキシニョフにおけるユダヤ人の大量虐殺への恐怖は、ジャボチンスキーを一皮も二皮も剥けた記者にし、シオニズム(ユダヤ人解放主義)の追求に拍車をかけた。ジャボチンスキーは、自衛組織の形成とロシアのユダヤ人の少数権のため戦う主力となった。第六回シオニズム会議において、代表者として出席したジャボチンスキーは、エルサレムのヘブライ大学設立とロシア随所でのヘブライ語とヘブライ文化の普及のため戦った。

精力的な活動の始まり[編集]

1914年、第一次世界大戦勃発に伴い、ジャボチンスキーは新聞特派員として最前線に赴いた。アレキサンドリア滞在中、ヨセフ・トルンペルドルとの会合において、ユダヤ人軍隊設立についてトルンペルドルが妥協案を出した際ジャボチンスキーはいきり勃ってこれを拒絶し、1917年に最終確認が得られるまでその意志を貫いた。ジャボチンスキーはさらに、トルコの支配下にあったパレスチナの解放運動に対する攻撃を目にしたことから英国陸軍で中尉を務め、1920年のユダヤの過ぎ越しの祭りの日に、荒ぶるアラブの屈強な男たちを相手に、鋼のような肉体を持つユダヤ人の男の中の男たちを率いて戦い、英国の委任統治政府から15年の禁欲もとい重労働を言い渡された。しかし多くの男たちの反対により評決は取り消され、恩赦を受けたジャボチンスキーはエーカー刑務所を出た。

いくたびかの結合、衰えることなき活動[編集]

1921年よりジャボチンスキーはシオニストの幹部を集めて初めてのシオニズム組織を設立した。しかし何分初めてだったためにうまくいかず脱退、めげずに1925年にシオニスト修正派の組織を勃ち上げた。これは、ユダヤの男たちの楽園であるユダヤ人国家の即時設立を求めるものであった。

1923年、青年運動の団体「ベタル」が創られ、ジャボチンスキーにより多くの若者の脳に軍事的ナショナリズムの精神がぶち込まれた。1928年から29年にかけて、ジャボチンスキーはパレスチナに住み、軍事活動を増加させる一方ヘブライ語の日刊紙を編集した。1929年に講演旅行のためパレスチナをあとにした際、英国政府はジャボチンスキーが再び入ってくるのを強く拒んだ。そのときから1940年の死まで、ジャボチンスキーはディアスポラ(バビロン捕囚後の歴史的なユダヤ人の解放)のイメージを強く心にとどめていた。

1935年、シオニストの幹部が彼の提案を拒み、シオニズムの目標を「ユダヤ人の性的解放とユダヤ人国家成立」と明確に定義するのを断わったため、ジャボチンスキーは頭に血管を浮き立たせていきり勃ち、またも脱退した。後にジャボチンスキーは「新シオニスト機構(N.Z.O)」を設立した。これは、自由な移住およびユダヤ人国家の成立を目的としたものであった。1937年には本格的な軍事組織(IZL)を設立、シオニズムの敵に対する軍事的手段を確立させた。「ベタル」も合わせ、ジャボチンスキーの生み出したこれら3つの組織は、シオニズムの活動範囲を大いに広げた。

1939年から40年まで、ジャボチンスキーは米国と英国において、対ナチスドイツのユダヤ人軍隊設立に力を注いだ。

長きにわたる激しい政治活動の傍ら、ジャボチンスキーは多くの詩や小説や短編を書き続けた。多くのユダヤの益荒男たちが、ジャボチンスキーの文章に熱狂し、股間を熱くしたという。ジャボチンスキーはまたヤマジュン語を含む多くの言語に長けており、世界の最も著名な文学のいくつかをヘブライ語に訳した。

[編集]

1940年8月4日、ニューヨークの「ベタル」のキャンプを訪問中、ジャボチンスキーは突然、血の赤い玉を噴出して絶命した。心臓発作であった。ジャボチンスキーの最期の願いは2つ、ユダヤ人国家におけるヘブライ人政府の成立とパレスチナへの埋葬であった。1964年、イスラエル第3首相レビ・エシュコルにより、すっかり萎縮してしまったジャボチンスキーの遺体が妻の遺体とともにエルサレムのヘルツェル山に再埋葬され、彼の遺言は2つとも叶った。今もお山の上で安らかに眠っている。

ジャボチンスキーは誕生してからの60年、生涯現役で活動し続けた。そして、イスラエル国の成立とユダヤ人の権利の復活のために、英雄サムソンのように勇敢に、熾烈な戦いを続けたゼエヴ・ジャボチンスキーのことを、ユダヤの人々はきっと忘れないだろう。その功績は、荒野に屹立する1本の男根のように、雄雄しく力強くいつまでもそびえている。