ソニータイマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ソニータイマー」は何故か「SONYタイマー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
1978年当時のソニータイマー。当時はまだ小型化が進んでいなかった。

ソニータイマーとは総合家電メーカーのソニーが自社製品に組みこんでいる電子回路のこと。この回路の働きにより、同社製品は常に保証期間内であることが約束される。

概要[編集]

この電子回路は微細で、非常にデリケートな構造をしており、外気に触れたり直射日光を当てられただけで気化してしまう。このため同社製品を不当に改造しようとしたり、あるいはリバースエンジニアリングコピー商品を作ろうとする行為を阻んでいる。

この回路により、同社製品は常に保証期間内の動作が保証され、耐用年数の過ぎた機材の買い替えを促しており、消費者にとっては常に最新の機能を持つ製品を安価に提供することができ、またこのサイクルの維持が同社の経営を支えている。

安全装置としてのソニータイマー[編集]

この回路には、予め設定された日時を過ぎると、機械的な不調を発生させるという機能があるという消費者もいるが、このような意見は正しくない。この回路は所定稼動日数が過ぎた時点でそれら機器の買い替えや定期的な点検を促すため、一時的に機能低下することでユーザーに注意を促すためのものである。

他社製品では同機能が組みこまれていないため、安全な機器の利用に欠かせない絶縁被覆などが劣化したまま利用されるケースも少なく無いが、このような状態は感電しやすいなど、非常に危険な状態と言える。そうした問題を回避するための、消費者優先の設計なのである。

近年、同機能を搭載していない他社製品において、経年劣化による爆破炎上等が原因の死亡事件が相次いでいる。本機能により、ソニー製品が十数年以上機能し続けることは極めて稀(色違いポケモンより確率が低いことが確認されている)であり、その安全性の高さは世界中から賞賛を浴びることとなった。

このような安全優先の思想は、例えば同社製品の初期ロットは同タイマーが短く設定されているという部分に現れている。製造物責任法(PL法)では、いわゆるフールプルーフと呼ばれる安全機構を製品に組み込むことを求めており、例え消費者がどんなに馬鹿であろうとも、製品使用中の事故がおきないよう設計する事を求めている。

しかし往々にして、馬鹿は技術者の予測もつかない方法で事故を起こすものであるため、先行製品である初期ロットは、安全措置がやや緩い傾向がある。このため初期ロットの製品は比較的早い期間内に利用不能となって、消費者が無理な使い方で事故を起こす前に市場から淘汰されねばならない。このためタイマーが短めに設定されているのである。

中古市場阻止のためのソニータイマー[編集]

これとは別に、日本ではリサイクルショップと呼ばれる再使用の業態が存在している。これが単純な構造で丈夫な製品だけを扱っているうちは、非常に環境保全に有効で、また消費者にとっても安価な製品が利用できるために望ましいことである。

しかし往々にしてこれらリサイクルショップには、適切な整備も行わないまま、そこらの埋めたてゴミから引っ張り出してきたような家電製品を販売するような、とんでもない業者が含まれており、これにまつわる事故も多い。ひどいケースではリサイクルショップから買ってきたテレビコンセントに繋いだ途端に出火したケースも報じられている。

このような事故は勿論メーカーとしても望ましくなく、またリサイクルショップの多くでは取扱説明書が欠品しているなど、消費者が安全に製品を使う場合に必要な情報が不足している場合もあり、もし不具合が出ても何処に連絡すれば良いのか判らなかったり、あるいは異常動作を起こしていても気付かれない場合もある。とある消費者の証言では、冷蔵庫パッキングが壊れていて、結露で冷蔵庫の下が水浸しになっている状態を指してリサイクルショップ自ら「仕様です」と公言したとする事件も存在する。

このような不当なリサイクル業者を野放しにすることはモノを作っているメーカーの責任問題ともいえるとして、このソニータイマー組み込みが必然となっているのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソニータイマー」の項目を執筆しています。
  • SONYタイマー - よく似た名前の会社の製品に入っているかも知れない、よく似た機能を持つとされる、よく似ている可能性のある部品。
  • LGタイマー - 某国によるコピーであるが、近年着実に精度が上がってきている。