ソフトクリーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソフトクリーム」の項目を執筆しています。

ソフトクリームとは、アイスクリームの一種であり、観光地に客を呼び寄せ、その地域の特産品を無理に消費させるためののこと。

概略[編集]

ウィキペディアによると、英語では"soft serve ice cream"と言うらしいが難しい話はどうでもよい。基本的にはアイスクリームと同様の作り方で、専用のサーバーを使って柔らかく作ることが重要であるがそれもどうでもよい。

この商品の最大の特徴は、家庭で作ることが難しいほか、持ち帰りも(短時間の持ち帰りは別として)不可能という点である。このため、実際にその場に行かないと食べられない、まさに観光客を呼び寄せる最強の武器となり得る。

さらに、ソフトクリームのもと(ソフトクリームミックス)は保存が利き、売れ残りのリスクが少ない商品であり、また販売も軽食と一緒に(片手間で)行うのが普通で、人件費の面でも融通が利く。このため、マネージメントとしてもかなり容易な部類に入ると言える(特にソフトクリームやアイスクリーム専用の屋台や販売コーナーを設置する場合は別であるが)。

こうして、様々な観光地には、さまざまな味付けのソフトクリームが売られ、地域活性化と消費の刺激に一役買っている。実際に食べた客の多くからは「だまされた」「不味い、こんなもの売るんじゃねーよ」「誰だこんな企画を通したのは」「むしろ体に悪いと思う」「珍しければ何でも良いのか」「政権交代が必要です」「東京にオリンピックを」など、好意的な反応が多く見られている。

しばしばドライブやツーリングの途中に、ルートやスケジュールを変更させてまで客を立ち寄らせる効果もあり、それでいて話題作りとしてはお手軽という、コストパフォーマンス最強なソフトクリーム商法は、今日も日々、各地で罠を仕掛けて旅行好きたちの舌を麻痺させ続けている。

味付け例[編集]

派生品[編集]

このように、地域特産品の紹介と浪費に一役かっているソフトクリームであるが、類似品として、アイスクリームに特産品を入れた「ご当地アイス」なるものも販売されている。

アイスクリームは短距離(数時間程度)であれば持ち帰り可能であるため、その地域に観光客を呼び寄せる力としてはソフトクリームに若干劣るが、敢えて持ち帰らせて離れた地域の人にもアピールすることが可能である。さらに、店頭で保存可能な期間がソフトクリームミックスより長いことも利点の一つである。ただし、保管用の冷蔵庫にかなりの電気を必要とする。

ご当地アイスの例

さらに「ご当地ドリンク」のようなものも加わって、この業界はしっちゃかめっちゃかである。

関連項目[編集]