タイトルとは、このように上に表示される記事の題名である。

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

タイトルとは、楽曲映画小説論文その他もろもろに対して、それを識別し呼称するために付けられる端的な言葉である。

アンサイクロペディアの記事名にもひとつひとつタイトルが付けられている。あああああああああ!風が吹けば桶屋が儲かるも、もしもタイトルがなければただのニヒリズムになってしまう。タイトル検索が出来ないばかりか、DEFAULTSORTも付けられなくなってしまい、雑草取りの暇つぶしを奪うことにもなりかねないので、やはりタイトルは必要と言える。

色々なタイトル[編集]

タイトルが取られてしまって意味がわからなくなった

タイトルはアンサイクロぺディア以外にも本や、テレビ番組名に使われている。ウルトラマン仮面ライダー1Q84も、全てタイトルである。もしもタイトルが無ければ、レンタルビデオショップでお目当てのビデオを探したり、新聞テレビ欄で放送時間を調べたり、OPACで蔵書検索をしたりできなくなってしまう。アンサイクロペディアでなくともタイトルは必要と言える。

用途[編集]

まず第一の用途は、内容を把握しやすくする効果がある。たとえば「スーパーマン」、「ウルトラマン」というタイトルを目にすれば、とりあえず超人が出てきそうだと想像がつくし、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」というタイトルを目にすれば、理由はともかくとして長い間チベットにいる話なんだと分かる。

同様に、「夏の花」というタイトルの小説であれば、八割がたアサガオヒマワリの話だと予想できるし、「球根栽培法」というタイトルの雑誌を見れば、チューリップヒヤシンスの話になろうと想像できる。

また、他者との意思疎通を図る上でもタイトルは欠かせない。おとぎ話の桃太郎にタイトルがなければ、人に伝える際に「お爺さんとお婆さんのもとで育った逞しい青年が旅に出て鬼退治する話」などといちいち粗筋を話さなければならない上に、「ああ、お椀を船にして旅するやつね」と間違って伝わってしまう危険もある。しかし「桃太郎」というタイトルがあれば、誤解を生じることなく簡単に伝えることが出来る。

同様に、ある曲について伝えたいときに、いちいち人様の前で歌ってみせなくとも、「」とか「卒業」などとタイトルを言えば相手に誤解なく伝わる。

そして近年重要度を増しているのが、物忘れの程度を確認するという使い道である。昔ふたりで見た「カサブランカ」という映画のタイトルが思い出されないとき、老夫婦ではこんなやりとりがある。

「ばあさんや、昔なんとかっていう映画をふたりで見たろ」
「なんとかじゃあ分かりませんよ」
「ほれ、なんとかっていう渋い俳優が出とった」
「誰ですか?」
「ここまで出掛かっとるんだが、あの、なんだったかな」
「なんとかペックのことですか?」
「それはなんとかリー・ペックだろ、ローマがどうしたっていうやつじゃないか」
「ローマの祝日でしたっけ?」

ここまで来ればかなり物忘れが激しい状態であるが、過去の作品のタイトルなどをどの程度思い出せるかというのは、自己診断としてある程度有効だと考えられている。

タイトルマッチ[編集]

このようにタイトルというのは非常に重要なのである。そのため、しばしばタイトルを賭けた勝負(マッチ)が行われることになる。

中でも、フォアマン vs アリのタイトルマッチは世界的に知られている。このマッチでは、マイケル・マンの映画作品のタイトルを巡って争われたが、最終的にアリが勝利し、映画のタイトルが「ALI アリ」に決まったと言われている。

鯛捕る?[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイトル」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]