タイピングソフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

タイピングソフトとは、キーボードを素早くかつ正確に叩くことを習得するために供されるソフトウエアである。

つまり、キーボードクラッシャーを育成するためのソフトである。

ソフト誕生の背景[編集]

コンピュータが一般家庭にも普及した現代、コンピュータ関連商品が圧倒的に家庭に普及したにもかかわらず、キーボード業界は不況にあえいでいた。なぜなら、他の商品と違い、キーボードはちょっとやそっとでは壊れないからである。つまり、一度コンピュータを買ったら、コンピュータ自体を買い換えるまでずっと使い続けることになる。単価が低いキーボードはそれでは儲けが出ないため、昔から不況状態だった。

そんなキーボード業界にドイツから救世主が現れた。それが、キーボードクラッシャーである。何かあるたびにキーボードを壊しまくる彼の姿に業界は沸いた。そこで、「日本でもキーボードクラッシャーを養成して、壊しまくってもらおう!」となり、開発されたのがタイピングソフトである。

内容[編集]

内容としては以下のものが盛り込まれている。

基本レッスン[編集]

キーボードを叩く際の正しい姿勢、正しい手や指の位置を教える。あまりに基本的なことで言われなくてもわかっていると言う人もいるが、意外と基本ができていないことが多い。ここでは、どこをどうキーボードを叩けば良いのかの基礎を学ぶことがその後の上達に繋がるのである。

練習[編集]

ほとんどのソフトはここがメインとなっている。画面に表示された文字や文章をみて、キーボードを正確かつ素早く叩くことが求められている。間違えたり遅かったりするとペナルティが課せられるため、ただ闇雲に叩くことができなくなっている。点数を競うものであったり、ステージクリアを目標にするものであったりする。下記のタイアップソフトでは最後までクリアすると特典がもらえる事もあり、これが目標になったりする。

一般への普及[編集]

誰でも簡単に「早く、正確に」キーボードを叩けるように指導をするために、下記のような工夫を凝らしている。

  • 理論的に効率的なキーボードの叩き方を教えることにより効率よい壊し方を指導する
  • 練習は初心者から上級者まで、レベルに応じたキーボードの叩き方が習得できるよう、練習には複数の難易度をもうける
  • 漫画アニメ、そして芸能人や歴史上の人物などを題材にすることにより、一般人でもキーボード叩きに興味を持ってもらえるようにする

これらの工夫から、タイピングソフトは一般人から注目を浴びるようになった。また上記のタイアップソフトの充実により、タイピングソフト自体が、ソフトウェアでは主要なジャンルに位置づけられるようになった。これらのことにより、タイピングソフトは初心者に必須のソフトとなった。

影響[編集]

タイピング技術の向上により、一般家庭でもキーボードを叩くことが常識となり、タイピングソフトのシェア拡大と比例するように大量のキーボードが破壊されるようになった。一般家庭でもことあるごとにキーボードを叩きまくることが常識となった今、キーボードは備品というより消耗品へと化している。

このことによりキーボード業界は空前の好景気へと突入、今後その勢いは続くものと見られている。また、この減少に他の不景気な業界も注目しているが、なかなかこの真似はできないでいる。

有名なタイピングソフト[編集]

ここでは人気があるタイピングソフトを紹介する。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイピングソフト」の項目を執筆しています。
この項目「タイピングソフト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)